ジャン・ガスパール・フェリックス・ラヴェッソン=モリアン(Jean Gaspard Félix Ravaisson-Mollien, 1813年10月23日 - 1900年5月18日)は、フランスの哲学者、考古学者。フランス・スピリチュアリスム哲学の主要思想家の一人と目される。 ラヴェッソンはフランスのナミュールに生まれた。コレージュ・ロランをよい成績で卒業した後、ミュンヘンに留学してシェリングの講義を受講し、1836年に哲学の学位を取得した。翌年、『アリストテレス形而上学に関する試論(Essai sur la métaphysique d'Aristote)』を発表し、1846年には同書の増補版を出版した。この書はアリストテレスの理論や逍遥学派の注釈に留まらず、それを発展させて近代哲学的な体系を打ち立てようとしたものである。

Property Value
dbo:abstract
  • ジャン・ガスパール・フェリックス・ラヴェッソン=モリアン(Jean Gaspard Félix Ravaisson-Mollien, 1813年10月23日 - 1900年5月18日)は、フランスの哲学者、考古学者。フランス・スピリチュアリスム哲学の主要思想家の一人と目される。 ラヴェッソンはフランスのナミュールに生まれた。コレージュ・ロランをよい成績で卒業した後、ミュンヘンに留学してシェリングの講義を受講し、1836年に哲学の学位を取得した。翌年、『アリストテレス形而上学に関する試論(Essai sur la métaphysique d'Aristote)』を発表し、1846年には同書の増補版を出版した。この書はアリストテレスの理論や逍遥学派の注釈に留まらず、それを発展させて近代哲学的な体系を打ち立てようとしたものである。 (ja)
  • ジャン・ガスパール・フェリックス・ラヴェッソン=モリアン(Jean Gaspard Félix Ravaisson-Mollien, 1813年10月23日 - 1900年5月18日)は、フランスの哲学者、考古学者。フランス・スピリチュアリスム哲学の主要思想家の一人と目される。 ラヴェッソンはフランスのナミュールに生まれた。コレージュ・ロランをよい成績で卒業した後、ミュンヘンに留学してシェリングの講義を受講し、1836年に哲学の学位を取得した。翌年、『アリストテレス形而上学に関する試論(Essai sur la métaphysique d'Aristote)』を発表し、1846年には同書の増補版を出版した。この書はアリストテレスの理論や逍遥学派の注釈に留まらず、それを発展させて近代哲学的な体系を打ち立てようとしたものである。 (ja)
dbo:birthPlace
dbo:birthYear
  • 0023-01-01 (xsd:gYear)
dbo:deathPlace
dbo:deathYear
  • 0018-01-01 (xsd:gYear)
dbo:era
dbo:influenced
dbo:influencedBy
dbo:philosophicalSchool
dbo:region
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3338600 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7923 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80130529 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthDate
  • --10-23
prop-ja:birthPlace
prop-ja:deathDate
  • --05-18
prop-ja:deathPlace
prop-ja:era
  • 19 (xsd:integer)
prop-ja:influenced
prop-ja:influences
prop-ja:name
  • フェリックス・ラヴェッソン (ja)
  • フェリックス・ラヴェッソン (ja)
prop-ja:region
prop-ja:schoolTradition
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ジャン・ガスパール・フェリックス・ラヴェッソン=モリアン(Jean Gaspard Félix Ravaisson-Mollien, 1813年10月23日 - 1900年5月18日)は、フランスの哲学者、考古学者。フランス・スピリチュアリスム哲学の主要思想家の一人と目される。 ラヴェッソンはフランスのナミュールに生まれた。コレージュ・ロランをよい成績で卒業した後、ミュンヘンに留学してシェリングの講義を受講し、1836年に哲学の学位を取得した。翌年、『アリストテレス形而上学に関する試論(Essai sur la métaphysique d'Aristote)』を発表し、1846年には同書の増補版を出版した。この書はアリストテレスの理論や逍遥学派の注釈に留まらず、それを発展させて近代哲学的な体系を打ち立てようとしたものである。 (ja)
  • ジャン・ガスパール・フェリックス・ラヴェッソン=モリアン(Jean Gaspard Félix Ravaisson-Mollien, 1813年10月23日 - 1900年5月18日)は、フランスの哲学者、考古学者。フランス・スピリチュアリスム哲学の主要思想家の一人と目される。 ラヴェッソンはフランスのナミュールに生まれた。コレージュ・ロランをよい成績で卒業した後、ミュンヘンに留学してシェリングの講義を受講し、1836年に哲学の学位を取得した。翌年、『アリストテレス形而上学に関する試論(Essai sur la métaphysique d'Aristote)』を発表し、1846年には同書の増補版を出版した。この書はアリストテレスの理論や逍遥学派の注釈に留まらず、それを発展させて近代哲学的な体系を打ち立てようとしたものである。 (ja)
rdfs:label
  • フェリックス・ラヴェッソン (ja)
  • フェリックス・ラヴェッソン (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • フェリックス・ラヴェッソン (ja)
  • フェリックス・ラヴェッソン (ja)
is dbo:influenced of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is foaf:primaryTopic of