ピョートル・クズミッチ・コズロフ(Пётр Кузьмич Козлов、1863年10月15日(ユリウス暦10月3日)- 1935年9月26日)は、ロシアの探検家。ロシア帝国地理学会のために中央アジアを6回にわたって探検し、そのうち3回は隊長だった。西夏の都市であったカラ・ホト(黒水城)遺跡の発掘で特によく知られる。

Property Value
dbo:abstract
  • ピョートル・クズミッチ・コズロフ(Пётр Кузьмич Козлов、1863年10月15日(ユリウス暦10月3日)- 1935年9月26日)は、ロシアの探検家。ロシア帝国地理学会のために中央アジアを6回にわたって探検し、そのうち3回は隊長だった。西夏の都市であったカラ・ホト(黒水城)遺跡の発掘で特によく知られる。 (ja)
  • ピョートル・クズミッチ・コズロフ(Пётр Кузьмич Козлов、1863年10月15日(ユリウス暦10月3日)- 1935年9月26日)は、ロシアの探検家。ロシア帝国地理学会のために中央アジアを6回にわたって探検し、そのうち3回は隊長だった。西夏の都市であったカラ・ホト(黒水城)遺跡の発掘で特によく知られる。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3528806 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3221 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 69939956 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ピョートル・クズミッチ・コズロフ(Пётр Кузьмич Козлов、1863年10月15日(ユリウス暦10月3日)- 1935年9月26日)は、ロシアの探検家。ロシア帝国地理学会のために中央アジアを6回にわたって探検し、そのうち3回は隊長だった。西夏の都市であったカラ・ホト(黒水城)遺跡の発掘で特によく知られる。 (ja)
  • ピョートル・クズミッチ・コズロフ(Пётр Кузьмич Козлов、1863年10月15日(ユリウス暦10月3日)- 1935年9月26日)は、ロシアの探検家。ロシア帝国地理学会のために中央アジアを6回にわたって探検し、そのうち3回は隊長だった。西夏の都市であったカラ・ホト(黒水城)遺跡の発掘で特によく知られる。 (ja)
rdfs:label
  • ピョートル・コズロフ (ja)
  • ピョートル・コズロフ (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of