ハイザック(HIZACK / HI-ZACK)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。架空の有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)のひとつ。初出は、1985年に放送されたテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』。 作中の軍事勢力のひとつである「地球連邦軍」の量産機。『機動戦士ガンダム』で連邦軍と敵対した「ジオン公国軍」の主力量産機「ザクII」を参考に、連邦由来の技術を投じて開発された。構造上の欠陥もあるが、生産性や汎用性、操縦性の高さから大量生産されている。 劇中では、おもに緑色と青色の2種類のカラーリングが登場し、基本的には緑色は連邦軍の特殊部隊「ティターンズ」、青色はそれ以外の連邦軍部隊に多く配備されているが、青色がティターンズ(ドゴス・ギア)に配属されるなど運用は様々であった。当記事では、アニメ本編や各外伝作品などに登場するバリエーション機の解説もおこなう。

Property Value
dbo:abstract
  • ハイザック(HIZACK / HI-ZACK)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。架空の有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)のひとつ。初出は、1985年に放送されたテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』。 作中の軍事勢力のひとつである「地球連邦軍」の量産機。『機動戦士ガンダム』で連邦軍と敵対した「ジオン公国軍」の主力量産機「ザクII」を参考に、連邦由来の技術を投じて開発された。構造上の欠陥もあるが、生産性や汎用性、操縦性の高さから大量生産されている。 劇中では、おもに緑色と青色の2種類のカラーリングが登場し、基本的には緑色は連邦軍の特殊部隊「ティターンズ」、青色はそれ以外の連邦軍部隊に多く配備されているが、青色がティターンズ(ドゴス・ギア)に配属されるなど運用は様々であった。当記事では、アニメ本編や各外伝作品などに登場するバリエーション機の解説もおこなう。 (ja)
  • ハイザック(HIZACK / HI-ZACK)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。架空の有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)のひとつ。初出は、1985年に放送されたテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』。 作中の軍事勢力のひとつである「地球連邦軍」の量産機。『機動戦士ガンダム』で連邦軍と敵対した「ジオン公国軍」の主力量産機「ザクII」を参考に、連邦由来の技術を投じて開発された。構造上の欠陥もあるが、生産性や汎用性、操縦性の高さから大量生産されている。 劇中では、おもに緑色と青色の2種類のカラーリングが登場し、基本的には緑色は連邦軍の特殊部隊「ティターンズ」、青色はそれ以外の連邦軍部隊に多く配備されているが、青色がティターンズ(ドゴス・ギア)に配属されるなど運用は様々であった。当記事では、アニメ本編や各外伝作品などに登場するバリエーション機の解説もおこなう。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 115625 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 23895 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80332182 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他
  • --01-01
  • 姿勢制御用バーニア×10 (ja)
  • 姿勢制御バーニア×10 (ja)
prop-ja:センサー
  • 8,900m (ja)
  • 26,000m (ja)
  • 8,900m (ja)
  • 26,000m (ja)
prop-ja:全備重量
  • 59.6
  • 60.7
  • 73.5
prop-ja:全高
  • 1080.0
  • 19.2m (ja)
prop-ja:出力
  • 1480.0
  • 1428.0
  • 1430.0
prop-ja:名称
  • アイザック (ja)
  • EWAC-ZACK (ja)
  • G・ZAKU (ja)
  • G・ザック (ja)
  • HIZACK / HI-ZACK (ja)
  • HIZACK CUSTOM / HI-ZACK CUSTOM (ja)
  • HOBBY HIZACK / HOBBY HI-ZACK (ja)
  • ハイザック (ja)
  • ハイザック・カスタム (ja)
  • ホビー・ハイザック (ja)
  • アイザック (ja)
  • EWAC-ZACK (ja)
  • G・ZAKU (ja)
  • G・ザック (ja)
  • HIZACK / HI-ZACK (ja)
  • HIZACK CUSTOM / HI-ZACK CUSTOM (ja)
  • HOBBY HIZACK / HOBBY HI-ZACK (ja)
  • ハイザック (ja)
  • ハイザック・カスタム (ja)
  • ホビー・ハイザック (ja)
prop-ja:型式番号
  • ARZ-106HZ(レジオン鹵獲仕様) (ja)
  • MS-20 (ja)
  • PCX-005 (ja)
  • RMS-106 (ja)
  • RMS-106CS (ja)
  • RMS-116H (ja)
  • RMS-119 (ja)
  • ARZ-106HZ(レジオン鹵獲仕様) (ja)
  • MS-20 (ja)
  • PCX-005 (ja)
  • RMS-106 (ja)
  • RMS-106CS (ja)
  • RMS-116H (ja)
  • RMS-119 (ja)
prop-ja:建造
  • 地球連邦軍ルナツー基地 (ja)
  • 地球連邦軍ルナツー基地 (ja)
prop-ja:所属
prop-ja:推力
  • 16200 (xsd:integer)
  • 74000.0
  • 総推力:64,800kg (ja)
prop-ja:搭乗者
prop-ja:本体重量
  • 30.5
prop-ja:武装
prop-ja:装甲
prop-ja:重量
  • 35.4
  • 38.7
  • 41.6
  • 35.6
prop-ja:開発
  • 地球連邦軍グラナダ基地 (ja)
  • 地球連邦軍グラナダ基地 (ja)
prop-ja:頭頂高
  • 18.0m (ja)
  • 18m (ja)
  • 1098.0
  • 18.5 m (ja)
  • 18.65m (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • ハイザック(HIZACK / HI-ZACK)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。架空の有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)のひとつ。初出は、1985年に放送されたテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』。 作中の軍事勢力のひとつである「地球連邦軍」の量産機。『機動戦士ガンダム』で連邦軍と敵対した「ジオン公国軍」の主力量産機「ザクII」を参考に、連邦由来の技術を投じて開発された。構造上の欠陥もあるが、生産性や汎用性、操縦性の高さから大量生産されている。 劇中では、おもに緑色と青色の2種類のカラーリングが登場し、基本的には緑色は連邦軍の特殊部隊「ティターンズ」、青色はそれ以外の連邦軍部隊に多く配備されているが、青色がティターンズ(ドゴス・ギア)に配属されるなど運用は様々であった。当記事では、アニメ本編や各外伝作品などに登場するバリエーション機の解説もおこなう。 (ja)
  • ハイザック(HIZACK / HI-ZACK)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。架空の有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)のひとつ。初出は、1985年に放送されたテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』。 作中の軍事勢力のひとつである「地球連邦軍」の量産機。『機動戦士ガンダム』で連邦軍と敵対した「ジオン公国軍」の主力量産機「ザクII」を参考に、連邦由来の技術を投じて開発された。構造上の欠陥もあるが、生産性や汎用性、操縦性の高さから大量生産されている。 劇中では、おもに緑色と青色の2種類のカラーリングが登場し、基本的には緑色は連邦軍の特殊部隊「ティターンズ」、青色はそれ以外の連邦軍部隊に多く配備されているが、青色がティターンズ(ドゴス・ギア)に配属されるなど運用は様々であった。当記事では、アニメ本編や各外伝作品などに登場するバリエーション機の解説もおこなう。 (ja)
rdfs:label
  • ハイザック (ja)
  • ハイザック (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of