トリスウイスキー(Torys Whisky)は、サントリースピリッツが製造し、サントリー酒類(二代目)が販売するブレンデッド・ウイスキーのブランド一つである。サントリーホールディングスの登録商標(第667200号他)。 本項ではトリスの基本形となるウイスキーを中心に、同シリーズに属するリキュール、およびハイボール等のRTD系缶入り・瓶入りアルコール飲料についても便宜上、記述する。 発売以来中身は改良を重ねており、1989年(平成元年)3月以前の酒税法改正(ウイスキーの等級廃止)前まではモルト・ウイスキーとグレーン・ウイスキー、スピリッツ(ブレンド用アルコール)のブレンドであり、モルト使用率も極めて低かったが、1989年4月以降の酒税法改正後の製品よりモルト・ウイスキーとグレーン・ウイスキーをブレンドしたブレンデッド・ウイスキーに変更された。戦後の洋酒ブームの火付け役となった廉価系ジャパニーズ・ウイスキーの代表的存在としてその名を知られている。なお、2019年(令和元年)5月現在は『トリス〈クラシック〉』と『トリスハイボール缶』を主軸にラインアップを展開している。

Property Value
dbo:abstract
  • トリスウイスキー(Torys Whisky)は、サントリースピリッツが製造し、サントリー酒類(二代目)が販売するブレンデッド・ウイスキーのブランド一つである。サントリーホールディングスの登録商標(第667200号他)。 本項ではトリスの基本形となるウイスキーを中心に、同シリーズに属するリキュール、およびハイボール等のRTD系缶入り・瓶入りアルコール飲料についても便宜上、記述する。 発売以来中身は改良を重ねており、1989年(平成元年)3月以前の酒税法改正(ウイスキーの等級廃止)前まではモルト・ウイスキーとグレーン・ウイスキー、スピリッツ(ブレンド用アルコール)のブレンドであり、モルト使用率も極めて低かったが、1989年4月以降の酒税法改正後の製品よりモルト・ウイスキーとグレーン・ウイスキーをブレンドしたブレンデッド・ウイスキーに変更された。戦後の洋酒ブームの火付け役となった廉価系ジャパニーズ・ウイスキーの代表的存在としてその名を知られている。なお、2019年(令和元年)5月現在は『トリス〈クラシック〉』と『トリスハイボール缶』を主軸にラインアップを展開している。 (ja)
  • トリスウイスキー(Torys Whisky)は、サントリースピリッツが製造し、サントリー酒類(二代目)が販売するブレンデッド・ウイスキーのブランド一つである。サントリーホールディングスの登録商標(第667200号他)。 本項ではトリスの基本形となるウイスキーを中心に、同シリーズに属するリキュール、およびハイボール等のRTD系缶入り・瓶入りアルコール飲料についても便宜上、記述する。 発売以来中身は改良を重ねており、1989年(平成元年)3月以前の酒税法改正(ウイスキーの等級廃止)前まではモルト・ウイスキーとグレーン・ウイスキー、スピリッツ(ブレンド用アルコール)のブレンドであり、モルト使用率も極めて低かったが、1989年4月以降の酒税法改正後の製品よりモルト・ウイスキーとグレーン・ウイスキーをブレンドしたブレンデッド・ウイスキーに変更された。戦後の洋酒ブームの火付け役となった廉価系ジャパニーズ・ウイスキーの代表的存在としてその名を知られている。なお、2019年(令和元年)5月現在は『トリス〈クラシック〉』と『トリスハイボール缶』を主軸にラインアップを展開している。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 83835 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 23448 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80727927 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アルコール度数
  • 37 (xsd:integer)
  • 40 (xsd:integer)
prop-ja:主原料
prop-ja:分類
prop-ja:名前
  • サントリートリス (ja)
  • サントリートリス (ja)
prop-ja:画像
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 2011 (xsd:integer)
  • ラベル右下のイラストは「アンクルトリス」。 (ja)
prop-ja:製造元
prop-ja:販売元
dct:subject
rdfs:comment
  • トリスウイスキー(Torys Whisky)は、サントリースピリッツが製造し、サントリー酒類(二代目)が販売するブレンデッド・ウイスキーのブランド一つである。サントリーホールディングスの登録商標(第667200号他)。 本項ではトリスの基本形となるウイスキーを中心に、同シリーズに属するリキュール、およびハイボール等のRTD系缶入り・瓶入りアルコール飲料についても便宜上、記述する。 発売以来中身は改良を重ねており、1989年(平成元年)3月以前の酒税法改正(ウイスキーの等級廃止)前まではモルト・ウイスキーとグレーン・ウイスキー、スピリッツ(ブレンド用アルコール)のブレンドであり、モルト使用率も極めて低かったが、1989年4月以降の酒税法改正後の製品よりモルト・ウイスキーとグレーン・ウイスキーをブレンドしたブレンデッド・ウイスキーに変更された。戦後の洋酒ブームの火付け役となった廉価系ジャパニーズ・ウイスキーの代表的存在としてその名を知られている。なお、2019年(令和元年)5月現在は『トリス〈クラシック〉』と『トリスハイボール缶』を主軸にラインアップを展開している。 (ja)
  • トリスウイスキー(Torys Whisky)は、サントリースピリッツが製造し、サントリー酒類(二代目)が販売するブレンデッド・ウイスキーのブランド一つである。サントリーホールディングスの登録商標(第667200号他)。 本項ではトリスの基本形となるウイスキーを中心に、同シリーズに属するリキュール、およびハイボール等のRTD系缶入り・瓶入りアルコール飲料についても便宜上、記述する。 発売以来中身は改良を重ねており、1989年(平成元年)3月以前の酒税法改正(ウイスキーの等級廃止)前まではモルト・ウイスキーとグレーン・ウイスキー、スピリッツ(ブレンド用アルコール)のブレンドであり、モルト使用率も極めて低かったが、1989年4月以降の酒税法改正後の製品よりモルト・ウイスキーとグレーン・ウイスキーをブレンドしたブレンデッド・ウイスキーに変更された。戦後の洋酒ブームの火付け役となった廉価系ジャパニーズ・ウイスキーの代表的存在としてその名を知られている。なお、2019年(令和元年)5月現在は『トリス〈クラシック〉』と『トリスハイボール缶』を主軸にラインアップを展開している。 (ja)
rdfs:label
  • トリスウイスキー (ja)
  • トリスウイスキー (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of