トラック島空襲(トラックとうくうしゅう)は、太平洋戦争中の1944年2月17日-18日にかけて、アメリカ軍機動部隊が実施した日本軍の拠点トラック島への攻撃である。アメリカ軍の作戦名はヘイルストーン作戦(Operation Hailstone)で、エニウェトク環礁攻略を目的としたキャッチポール作戦(Operation Catchpole)の支作戦であった。日本海軍はトラック泊地を絶対国防圏の拠点として重視していたが、空襲で大打撃を受けることになった。一連の空襲の被害を海軍丁事件(かいぐんていじけん)と呼称する。2月17日から18日のトラック島空襲と、同月23日のマリアナ諸島空襲により日本軍は多数の艦船と航空機を失い、大本営をはじめ各方面に大きな衝撃を与えた。トラック島は無力化されたが、アメリカ軍は攻略にかかる手間を避けて進攻を行ったため、敵中で孤立したまま終戦まで日本軍の拠点として残った。

Property Value
dbo:abstract
  • トラック島空襲(トラックとうくうしゅう)は、太平洋戦争中の1944年2月17日-18日にかけて、アメリカ軍機動部隊が実施した日本軍の拠点トラック島への攻撃である。アメリカ軍の作戦名はヘイルストーン作戦(Operation Hailstone)で、エニウェトク環礁攻略を目的としたキャッチポール作戦(Operation Catchpole)の支作戦であった。日本海軍はトラック泊地を絶対国防圏の拠点として重視していたが、空襲で大打撃を受けることになった。一連の空襲の被害を海軍丁事件(かいぐんていじけん)と呼称する。2月17日から18日のトラック島空襲と、同月23日のマリアナ諸島空襲により日本軍は多数の艦船と航空機を失い、大本営をはじめ各方面に大きな衝撃を与えた。トラック島は無力化されたが、アメリカ軍は攻略にかかる手間を避けて進攻を行ったため、敵中で孤立したまま終戦まで日本軍の拠点として残った。 (ja)
  • トラック島空襲(トラックとうくうしゅう)は、太平洋戦争中の1944年2月17日-18日にかけて、アメリカ軍機動部隊が実施した日本軍の拠点トラック島への攻撃である。アメリカ軍の作戦名はヘイルストーン作戦(Operation Hailstone)で、エニウェトク環礁攻略を目的としたキャッチポール作戦(Operation Catchpole)の支作戦であった。日本海軍はトラック泊地を絶対国防圏の拠点として重視していたが、空襲で大打撃を受けることになった。一連の空襲の被害を海軍丁事件(かいぐんていじけん)と呼称する。2月17日から18日のトラック島空襲と、同月23日のマリアナ諸島空襲により日本軍は多数の艦船と航空機を失い、大本営をはじめ各方面に大きな衝撃を与えた。トラック島は無力化されたが、アメリカ軍は攻略にかかる手間を避けて進攻を行ったため、敵中で孤立したまま終戦まで日本軍の拠点として残った。 (ja)
dbo:casualties
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 25 (xsd:integer)
  • 32 (xsd:integer)
  • 40 (xsd:integer)
  • 270 (xsd:integer)
  • 600 (xsd:integer)
  • 7000 (xsd:integer)
dbo:description
  • トラック環礁で米空母エンタープライズ第10雷撃隊(VT-10)のTBF アベンジャーに攻撃される天城山丸 (ja)
  • トラック環礁で米空母エンタープライズ第10雷撃隊(VT-10)のTBF アベンジャーに攻撃される天城山丸 (ja)
dbo:isPartOfMilitaryConflict
dbo:opponents
dbo:place
dbo:result
  • 連合軍の勝利
dbo:strength
  • 航空機約170Ref|『戦史叢書6巻、中部太平洋方面陸軍作戦』168頁の航空兵力表では、トラック泊地所在の航空機は戦闘機69、夜間戦闘機9、艦攻33、艦爆2、陸攻10、水上戦闘機9、水上偵察機21、水上観測機13、飛行艇2、計168機。|group="注"(練成隊含)、保管機約200
  • 巡洋艦3
  • 戦艦,巡洋艦など45
  • 空母9
  • 航空機589
  • 駆逐艦8
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 219358 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 59145 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80858331 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • トラック島空襲 (ja)
  • トラック島空襲 (ja)
prop-ja:campaign
  • ギルバート・マーシャル諸島の戦い (ja)
  • ギルバート・マーシャル諸島の戦い (ja)
prop-ja:caption
  • トラック環礁で米空母エンタープライズ第10雷撃隊(VT-10)のTBF アベンジャーに攻撃される天城山丸 (ja)
  • トラック環礁で米空母エンタープライズ第10雷撃隊(VT-10)のTBF アベンジャーに攻撃される天城山丸 (ja)
prop-ja:casualties
  • 駆逐艦4 (ja)
  • トラック島全施設に大損害 (ja)
  • 商船32 (ja)
  • 地上での死傷者約600名 (ja)
  • 小型艇3 (ja)
  • 巡洋艦3 (ja)
  • 戦死40 (ja)
  • 洋上艦船・船舶戦死7,000名他 (ja)
  • 空母イントレピッド小破 (ja)
  • 航空機25 (ja)
  • 航空機約270~300 (ja)
  • 輸送船5 (ja)
  • 駆逐艦4 (ja)
  • トラック島全施設に大損害 (ja)
  • 商船32 (ja)
  • 地上での死傷者約600名 (ja)
  • 小型艇3 (ja)
  • 巡洋艦3 (ja)
  • 戦死40 (ja)
  • 洋上艦船・船舶戦死7,000名他 (ja)
  • 空母イントレピッド小破 (ja)
  • 航空機25 (ja)
  • 航空機約270~300 (ja)
  • 輸送船5 (ja)
prop-ja:colourScheme
  • background:#ffff99;color:#2222cc (ja)
  • background:#ffff99;color:#2222cc (ja)
prop-ja:commander
prop-ja:conflict
prop-ja:date
  • --02-17
prop-ja:place
prop-ja:result
  • 連合軍の勝利 (ja)
  • 連合軍の勝利 (ja)
prop-ja:strength
  • 航空機約170Ref|『戦史叢書6巻、中部太平洋方面陸軍作戦』168頁の航空兵力表では、トラック泊地所在の航空機は戦闘機69、夜間戦闘機9、艦攻33、艦爆2、陸攻10、水上戦闘機9、水上偵察機21、水上観測機13、飛行艇2、計168機。|group="注"(練成隊含)、保管機約200 (ja)
  • 巡洋艦3 (ja)
  • 戦艦,巡洋艦など45 (ja)
  • 空母9 (ja)
  • 航空機589 (ja)
  • 駆逐艦8 (ja)
  • 航空機約170Ref|『戦史叢書6巻、中部太平洋方面陸軍作戦』168頁の航空兵力表では、トラック泊地所在の航空機は戦闘機69、夜間戦闘機9、艦攻33、艦爆2、陸攻10、水上戦闘機9、水上偵察機21、水上観測機13、飛行艇2、計168機。|group="注"(練成隊含)、保管機約200 (ja)
  • 巡洋艦3 (ja)
  • 戦艦,巡洋艦など45 (ja)
  • 空母9 (ja)
  • 航空機589 (ja)
  • 駆逐艦8 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • トラック島空襲(トラックとうくうしゅう)は、太平洋戦争中の1944年2月17日-18日にかけて、アメリカ軍機動部隊が実施した日本軍の拠点トラック島への攻撃である。アメリカ軍の作戦名はヘイルストーン作戦(Operation Hailstone)で、エニウェトク環礁攻略を目的としたキャッチポール作戦(Operation Catchpole)の支作戦であった。日本海軍はトラック泊地を絶対国防圏の拠点として重視していたが、空襲で大打撃を受けることになった。一連の空襲の被害を海軍丁事件(かいぐんていじけん)と呼称する。2月17日から18日のトラック島空襲と、同月23日のマリアナ諸島空襲により日本軍は多数の艦船と航空機を失い、大本営をはじめ各方面に大きな衝撃を与えた。トラック島は無力化されたが、アメリカ軍は攻略にかかる手間を避けて進攻を行ったため、敵中で孤立したまま終戦まで日本軍の拠点として残った。 (ja)
  • トラック島空襲(トラックとうくうしゅう)は、太平洋戦争中の1944年2月17日-18日にかけて、アメリカ軍機動部隊が実施した日本軍の拠点トラック島への攻撃である。アメリカ軍の作戦名はヘイルストーン作戦(Operation Hailstone)で、エニウェトク環礁攻略を目的としたキャッチポール作戦(Operation Catchpole)の支作戦であった。日本海軍はトラック泊地を絶対国防圏の拠点として重視していたが、空襲で大打撃を受けることになった。一連の空襲の被害を海軍丁事件(かいぐんていじけん)と呼称する。2月17日から18日のトラック島空襲と、同月23日のマリアナ諸島空襲により日本軍は多数の艦船と航空機を失い、大本営をはじめ各方面に大きな衝撃を与えた。トラック島は無力化されたが、アメリカ軍は攻略にかかる手間を避けて進攻を行ったため、敵中で孤立したまま終戦まで日本軍の拠点として残った。 (ja)
rdfs:label
  • トラック島空襲 (ja)
  • トラック島空襲 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • トラック島空襲 (ja)
  • トラック島空襲 (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:戦闘 of
is prop-ja:軍歴 of
is foaf:primaryTopic of