ツチクジラ属(槌鯨属、Berardius)は、鯨偶蹄目ハクジラ亜目アカボウクジラ科に属する属の一つ。ミナミツチクジラとツチクジラの2種が属する。 ミナミツチクジラ(南槌鯨、Berardius arnuxii、フランス語: Bérardie d'Arnoux、英語: Arnoux's Beaked Whale)はツチクジラ属に属し、南半球に棲息する大型のクジラである。 ツチクジラ(槌鯨、Berardius bairdii、Baird's Beaked Whale)はツチクジラ属に属し、北半球に棲息する大型のクジラである。 ミナミツチクジラとツチクジラはアカボウクジラ科の中では一番大きいクジラであり、ハクジラ全体ではマッコウクジラに次ぐ大きさとなり、大きさもほぼ同じで、外観も非常に似通っている。 そのため、一部の動物学者は同一の種が変異して別々の種に分かれたという説を唱えている[McCann(1975)]。 ミナミツチクジラは、ニュージーランドで発見された頭蓋骨に基づき、1851年、Duvernoyによって新種として報告された。属名の Berardius は、この頭蓋骨をニュージーランドからフランスに運んだ船の船長であるBerardに由来する。種小名の arnuxii および英名のArnoux'sは同船の船医Arnouxに由来する[www.cetacea.org]。

Property Value
dbo:abstract
  • ツチクジラ属(槌鯨属、Berardius)は、鯨偶蹄目ハクジラ亜目アカボウクジラ科に属する属の一つ。ミナミツチクジラとツチクジラの2種が属する。 ミナミツチクジラ(南槌鯨、Berardius arnuxii、フランス語: Bérardie d'Arnoux、英語: Arnoux's Beaked Whale)はツチクジラ属に属し、南半球に棲息する大型のクジラである。 ツチクジラ(槌鯨、Berardius bairdii、Baird's Beaked Whale)はツチクジラ属に属し、北半球に棲息する大型のクジラである。 ミナミツチクジラとツチクジラはアカボウクジラ科の中では一番大きいクジラであり、ハクジラ全体ではマッコウクジラに次ぐ大きさとなり、大きさもほぼ同じで、外観も非常に似通っている。 そのため、一部の動物学者は同一の種が変異して別々の種に分かれたという説を唱えている[McCann(1975)]。 ミナミツチクジラは、ニュージーランドで発見された頭蓋骨に基づき、1851年、Duvernoyによって新種として報告された。属名の Berardius は、この頭蓋骨をニュージーランドからフランスに運んだ船の船長であるBerardに由来する。種小名の arnuxii および英名のArnoux'sは同船の船医Arnouxに由来する[www.cetacea.org]。 ツチクジラは、ベーリング海で発見された試料に基づき、1883年、Stejnegerによって新種として報告された。種小名の bairdii および英名のBaird'sは鳥類学者・魚類学者でありスミソニアン博物館の副館長も務めたBairdに由来する。 和名のツチ(槌)は、頭部の形状が稲藁を叩く槌に似ているからとされる。 (ja)
  • ツチクジラ属(槌鯨属、Berardius)は、鯨偶蹄目ハクジラ亜目アカボウクジラ科に属する属の一つ。ミナミツチクジラとツチクジラの2種が属する。 ミナミツチクジラ(南槌鯨、Berardius arnuxii、フランス語: Bérardie d'Arnoux、英語: Arnoux's Beaked Whale)はツチクジラ属に属し、南半球に棲息する大型のクジラである。 ツチクジラ(槌鯨、Berardius bairdii、Baird's Beaked Whale)はツチクジラ属に属し、北半球に棲息する大型のクジラである。 ミナミツチクジラとツチクジラはアカボウクジラ科の中では一番大きいクジラであり、ハクジラ全体ではマッコウクジラに次ぐ大きさとなり、大きさもほぼ同じで、外観も非常に似通っている。 そのため、一部の動物学者は同一の種が変異して別々の種に分かれたという説を唱えている[McCann(1975)]。 ミナミツチクジラは、ニュージーランドで発見された頭蓋骨に基づき、1851年、Duvernoyによって新種として報告された。属名の Berardius は、この頭蓋骨をニュージーランドからフランスに運んだ船の船長であるBerardに由来する。種小名の arnuxii および英名のArnoux'sは同船の船医Arnouxに由来する[www.cetacea.org]。 ツチクジラは、ベーリング海で発見された試料に基づき、1883年、Stejnegerによって新種として報告された。種小名の bairdii および英名のBaird'sは鳥類学者・魚類学者でありスミソニアン博物館の副館長も務めたBairdに由来する。 和名のツチ(槌)は、頭部の形状が稲藁を叩く槌に似ているからとされる。 (ja)
dbo:class
dbo:family
dbo:order
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 529746 (xsd:integer)
dbo:wikiPageInterLanguageLink
dbo:wikiPageLength
  • 7536 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81466610 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上目
  • ローラシア獣上目 (ja)
  • ローラシア獣上目 (ja)
prop-ja:下位分類
  • *ミナミツチクジラ Berardius arnuxii (ja)
  • Duvernoy, 1851 *ツチクジラ Berardius bairdii (ja)
  • Stejneger, 1883 (ja)
  • *ミナミツチクジラ Berardius arnuxii (ja)
  • Duvernoy, 1851 *ツチクジラ Berardius bairdii (ja)
  • Stejneger, 1883 (ja)
prop-ja:下位分類名
prop-ja:下綱
  • 真獣下綱 (ja)
  • 真獣下綱 (ja)
prop-ja:亜目
  • ハクジラ亜目 (ja)
  • ハクジラ亜目 (ja)
prop-ja:亜綱
  • 獣亜綱 (ja)
  • 獣亜綱 (ja)
prop-ja:名称
  • ツチクジラ属 (ja)
  • ツチクジラ属 (ja)
prop-ja:
  • ツチクジラ属 (ja)
  • ツチクジラ属 (ja)
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
prop-ja:
  • 鯨偶蹄目 (ja)
  • 鯨偶蹄目 (ja)
prop-ja:省略
  • 哺乳綱 (ja)
  • 哺乳綱 (ja)
prop-ja:
  • アカボウクジラ科 (ja)
  • アカボウクジラ科 (ja)
dc:description
  • ミナミツチクジラとヒトとの大きさ比較
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ツチクジラ属(槌鯨属、Berardius)は、鯨偶蹄目ハクジラ亜目アカボウクジラ科に属する属の一つ。ミナミツチクジラとツチクジラの2種が属する。 ミナミツチクジラ(南槌鯨、Berardius arnuxii、フランス語: Bérardie d'Arnoux、英語: Arnoux's Beaked Whale)はツチクジラ属に属し、南半球に棲息する大型のクジラである。 ツチクジラ(槌鯨、Berardius bairdii、Baird's Beaked Whale)はツチクジラ属に属し、北半球に棲息する大型のクジラである。 ミナミツチクジラとツチクジラはアカボウクジラ科の中では一番大きいクジラであり、ハクジラ全体ではマッコウクジラに次ぐ大きさとなり、大きさもほぼ同じで、外観も非常に似通っている。 そのため、一部の動物学者は同一の種が変異して別々の種に分かれたという説を唱えている[McCann(1975)]。 ミナミツチクジラは、ニュージーランドで発見された頭蓋骨に基づき、1851年、Duvernoyによって新種として報告された。属名の Berardius は、この頭蓋骨をニュージーランドからフランスに運んだ船の船長であるBerardに由来する。種小名の arnuxii および英名のArnoux'sは同船の船医Arnouxに由来する[www.cetacea.org]。 (ja)
  • ツチクジラ属(槌鯨属、Berardius)は、鯨偶蹄目ハクジラ亜目アカボウクジラ科に属する属の一つ。ミナミツチクジラとツチクジラの2種が属する。 ミナミツチクジラ(南槌鯨、Berardius arnuxii、フランス語: Bérardie d'Arnoux、英語: Arnoux's Beaked Whale)はツチクジラ属に属し、南半球に棲息する大型のクジラである。 ツチクジラ(槌鯨、Berardius bairdii、Baird's Beaked Whale)はツチクジラ属に属し、北半球に棲息する大型のクジラである。 ミナミツチクジラとツチクジラはアカボウクジラ科の中では一番大きいクジラであり、ハクジラ全体ではマッコウクジラに次ぐ大きさとなり、大きさもほぼ同じで、外観も非常に似通っている。 そのため、一部の動物学者は同一の種が変異して別々の種に分かれたという説を唱えている[McCann(1975)]。 ミナミツチクジラは、ニュージーランドで発見された頭蓋骨に基づき、1851年、Duvernoyによって新種として報告された。属名の Berardius は、この頭蓋骨をニュージーランドからフランスに運んだ船の船長であるBerardに由来する。種小名の arnuxii および英名のArnoux'sは同船の船医Arnouxに由来する[www.cetacea.org]。 (ja)
rdfs:label
  • ツチクジラ属 (ja)
  • ツチクジラ属 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 哺乳綱 (ja)
  • ツチクジラ属 (ja)
  • 哺乳綱 (ja)
  • ツチクジラ属 (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:画像キャプション of
is foaf:primaryTopic of