チャペル (chapel) は、本来クリスチャンが礼拝する場所であるが、私邸、ホテル、学校、兵舎、客船、空港、病院などに設けられる、教会の所有ではない礼拝堂を指すこともある。 日本語の慣行としてはもっぱら世俗の用途で用いられる。日本では、キリスト教主義学校(ミッション・スクール)の学校礼拝施設として、あるいはホテル併設の結婚式用会堂として建てられる例が多い。世俗の施設の場合は教会に属さない。 イングランドとウェールズでチャペルは国教会に属さないプロテスタント教会を指す語である。またスコットランドとアイルランドではローマ・カトリック教会がチャペルと呼ばれる。 なお上記は西方教会および結婚式用会堂に当てはまる語義説明であり、東方教会(正教会・東方諸教会)においては聖堂(ギリシア語: Ναός、ロシア語: храм)に対して「チャペル」の呼称はあまり用いられない(日本正教会におけるの片仮名表記としては皆無、海外正教会では若干例があるがそれほど通用性は高くない)。

Property Value
dbo:abstract
  • チャペル (chapel) は、本来クリスチャンが礼拝する場所であるが、私邸、ホテル、学校、兵舎、客船、空港、病院などに設けられる、教会の所有ではない礼拝堂を指すこともある。 日本語の慣行としてはもっぱら世俗の用途で用いられる。日本では、キリスト教主義学校(ミッション・スクール)の学校礼拝施設として、あるいはホテル併設の結婚式用会堂として建てられる例が多い。世俗の施設の場合は教会に属さない。 イングランドとウェールズでチャペルは国教会に属さないプロテスタント教会を指す語である。またスコットランドとアイルランドではローマ・カトリック教会がチャペルと呼ばれる。 なお上記は西方教会および結婚式用会堂に当てはまる語義説明であり、東方教会(正教会・東方諸教会)においては聖堂(ギリシア語: Ναός、ロシア語: храм)に対して「チャペル」の呼称はあまり用いられない(日本正教会におけるの片仮名表記としては皆無、海外正教会では若干例があるがそれほど通用性は高くない)。 (ja)
  • チャペル (chapel) は、本来クリスチャンが礼拝する場所であるが、私邸、ホテル、学校、兵舎、客船、空港、病院などに設けられる、教会の所有ではない礼拝堂を指すこともある。 日本語の慣行としてはもっぱら世俗の用途で用いられる。日本では、キリスト教主義学校(ミッション・スクール)の学校礼拝施設として、あるいはホテル併設の結婚式用会堂として建てられる例が多い。世俗の施設の場合は教会に属さない。 イングランドとウェールズでチャペルは国教会に属さないプロテスタント教会を指す語である。またスコットランドとアイルランドではローマ・カトリック教会がチャペルと呼ばれる。 なお上記は西方教会および結婚式用会堂に当てはまる語義説明であり、東方教会(正教会・東方諸教会)においては聖堂(ギリシア語: Ναός、ロシア語: храм)に対して「チャペル」の呼称はあまり用いられない(日本正教会におけるの片仮名表記としては皆無、海外正教会では若干例があるがそれほど通用性は高くない)。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 319051 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2775 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 65546720 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • チャペル (chapel) は、本来クリスチャンが礼拝する場所であるが、私邸、ホテル、学校、兵舎、客船、空港、病院などに設けられる、教会の所有ではない礼拝堂を指すこともある。 日本語の慣行としてはもっぱら世俗の用途で用いられる。日本では、キリスト教主義学校(ミッション・スクール)の学校礼拝施設として、あるいはホテル併設の結婚式用会堂として建てられる例が多い。世俗の施設の場合は教会に属さない。 イングランドとウェールズでチャペルは国教会に属さないプロテスタント教会を指す語である。またスコットランドとアイルランドではローマ・カトリック教会がチャペルと呼ばれる。 なお上記は西方教会および結婚式用会堂に当てはまる語義説明であり、東方教会(正教会・東方諸教会)においては聖堂(ギリシア語: Ναός、ロシア語: храм)に対して「チャペル」の呼称はあまり用いられない(日本正教会におけるの片仮名表記としては皆無、海外正教会では若干例があるがそれほど通用性は高くない)。 (ja)
  • チャペル (chapel) は、本来クリスチャンが礼拝する場所であるが、私邸、ホテル、学校、兵舎、客船、空港、病院などに設けられる、教会の所有ではない礼拝堂を指すこともある。 日本語の慣行としてはもっぱら世俗の用途で用いられる。日本では、キリスト教主義学校(ミッション・スクール)の学校礼拝施設として、あるいはホテル併設の結婚式用会堂として建てられる例が多い。世俗の施設の場合は教会に属さない。 イングランドとウェールズでチャペルは国教会に属さないプロテスタント教会を指す語である。またスコットランドとアイルランドではローマ・カトリック教会がチャペルと呼ばれる。 なお上記は西方教会および結婚式用会堂に当てはまる語義説明であり、東方教会(正教会・東方諸教会)においては聖堂(ギリシア語: Ναός、ロシア語: храм)に対して「チャペル」の呼称はあまり用いられない(日本正教会におけるの片仮名表記としては皆無、海外正教会では若干例があるがそれほど通用性は高くない)。 (ja)
rdfs:label
  • チャペル (ja)
  • チャペル (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:functionalStatus of
is foaf:primaryTopic of