チベット語(チベットご)は、ユーラシア大陸の中央、およそ東経77-105度・北緯27-40度付近で使用されているシナ・チベット語族(漢-蔵系)のチベット・ビルマ語派チベット諸語に属する言語。 形態論において孤立語に分類されるが膠着語的な性質ももつ。方言による差はあるが、2種ないし4種の声調をもつが、声調が存在しない方言もある。なおには声調は存在しなかったとされる。チベット高原における約600万人、国外に移住した約15万人のチベット人が母語として使用している。 ラサ方言を含む中央チベット方言、カム・チベット方言、アムド・チベット方言は通常は同一の言語の方言とみなされ、この3方言を総称してチベット語といわれる。特にラサ方言は標準チベット語と呼ばれる。本記事は標準チベット語を中心に記述するが、他方言についても言及する。 チベット語に含まれない周辺のチベット系言語についてはチベット諸語を参照。

Property Value
dbo:abstract
  • チベット語(チベットご)は、ユーラシア大陸の中央、およそ東経77-105度・北緯27-40度付近で使用されているシナ・チベット語族(漢-蔵系)のチベット・ビルマ語派チベット諸語に属する言語。 形態論において孤立語に分類されるが膠着語的な性質ももつ。方言による差はあるが、2種ないし4種の声調をもつが、声調が存在しない方言もある。なおには声調は存在しなかったとされる。チベット高原における約600万人、国外に移住した約15万人のチベット人が母語として使用している。 ラサ方言を含む中央チベット方言、カム・チベット方言、アムド・チベット方言は通常は同一の言語の方言とみなされ、この3方言を総称してチベット語といわれる。特にラサ方言は標準チベット語と呼ばれる。本記事は標準チベット語を中心に記述するが、他方言についても言及する。 チベット語に含まれない周辺のチベット系言語についてはチベット諸語を参照。 (ja)
  • チベット語(チベットご)は、ユーラシア大陸の中央、およそ東経77-105度・北緯27-40度付近で使用されているシナ・チベット語族(漢-蔵系)のチベット・ビルマ語派チベット諸語に属する言語。 形態論において孤立語に分類されるが膠着語的な性質ももつ。方言による差はあるが、2種ないし4種の声調をもつが、声調が存在しない方言もある。なおには声調は存在しなかったとされる。チベット高原における約600万人、国外に移住した約15万人のチベット人が母語として使用している。 ラサ方言を含む中央チベット方言、カム・チベット方言、アムド・チベット方言は通常は同一の言語の方言とみなされ、この3方言を総称してチベット語といわれる。特にラサ方言は標準チベット語と呼ばれる。本記事は標準チベット語を中心に記述するが、他方言についても言及する。 チベット語に含まれない周辺のチベット系言語についてはチベット諸語を参照。 (ja)
dbo:iso6391Code
  • bo
dbo:languageFamily
dbo:spokenIn
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 13172 (xsd:integer)
dbo:wikiPageInterLanguageLink
dbo:wikiPageLength
  • 9992 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 76462232 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:agency
  • なし (ja)
  • なし (ja)
prop-ja:dia
prop-ja:fam
prop-ja:familycolor
  • シナ・チベット語族 (ja)
  • シナ・チベット語族 (ja)
prop-ja:iso
  • bo (ja)
  • bo (ja)
prop-ja:iso2b
  • tib (ja)
  • tib (ja)
prop-ja:iso2t
  • bod (ja)
  • bod (ja)
prop-ja:lc
  • adx (ja)
  • bod (ja)
  • khg (ja)
  • adx (ja)
  • bod (ja)
  • khg (ja)
prop-ja:ld
  • アムド・チベット語 (ja)
  • ウ・ツァンチベット語(中央チベット語) (ja)
  • カム・チベット語 (ja)
  • アムド・チベット語 (ja)
  • ウ・ツァンチベット語(中央チベット語) (ja)
  • カム・チベット語 (ja)
prop-ja:ll
  • ウ・ツァンチベット語 (ja)
  • ウ・ツァンチベット語 (ja)
prop-ja:name
  • チベット語 (ja)
  • チベット語 (ja)
prop-ja:nation
prop-ja:nativename
  • (ja)
  • (ja)
prop-ja:region
prop-ja:speakers
  • 約615万人 (ja)
  • 約615万人 (ja)
prop-ja:states
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • チベット語(チベットご)は、ユーラシア大陸の中央、およそ東経77-105度・北緯27-40度付近で使用されているシナ・チベット語族(漢-蔵系)のチベット・ビルマ語派チベット諸語に属する言語。 形態論において孤立語に分類されるが膠着語的な性質ももつ。方言による差はあるが、2種ないし4種の声調をもつが、声調が存在しない方言もある。なおには声調は存在しなかったとされる。チベット高原における約600万人、国外に移住した約15万人のチベット人が母語として使用している。 ラサ方言を含む中央チベット方言、カム・チベット方言、アムド・チベット方言は通常は同一の言語の方言とみなされ、この3方言を総称してチベット語といわれる。特にラサ方言は標準チベット語と呼ばれる。本記事は標準チベット語を中心に記述するが、他方言についても言及する。 チベット語に含まれない周辺のチベット系言語についてはチベット諸語を参照。 (ja)
  • チベット語(チベットご)は、ユーラシア大陸の中央、およそ東経77-105度・北緯27-40度付近で使用されているシナ・チベット語族(漢-蔵系)のチベット・ビルマ語派チベット諸語に属する言語。 形態論において孤立語に分類されるが膠着語的な性質ももつ。方言による差はあるが、2種ないし4種の声調をもつが、声調が存在しない方言もある。なおには声調は存在しなかったとされる。チベット高原における約600万人、国外に移住した約15万人のチベット人が母語として使用している。 ラサ方言を含む中央チベット方言、カム・チベット方言、アムド・チベット方言は通常は同一の言語の方言とみなされ、この3方言を総称してチベット語といわれる。特にラサ方言は標準チベット語と呼ばれる。本記事は標準チベット語を中心に記述するが、他方言についても言及する。 チベット語に含まれない周辺のチベット系言語についてはチベット諸語を参照。 (ja)
rdfs:label
  • チベット語 (ja)
  • チベット語 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • チベット語 (ja)
  • (^phöökää) (ja)
  • チベット語 (ja)
  • (^phöökää) (ja)
is dbo:language of
is dbo:languageFamily of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:child of
is prop-ja:demographics1Info of
is prop-ja:fam of
is prop-ja:family of
is prop-ja:languages of
is prop-ja:公用語 of
is prop-ja:言語 of
is foaf:primaryTopic of