ステンレス鋼(ステンレスこう、英: stainless steel)とは、鉄に一定量以上のクロムを含ませた、腐食に対する耐性を持つ合金鋼である。規格などでは、クロム含有量が 10.5 %(質量パーセント濃度)以上、炭素含有量が 1.2 % 以下の鋼と定義される。単にステンレスとも呼ばれ、かつては不銹鋼(ふしゅうこう)と呼ばれていた。1910年代前半ごろに発明・実用化された。 ステンレス鋼の腐食に対する耐性(耐食性)の源は含有されているクロムで、このクロムによって不働態皮膜と呼ばれる数ナノメートルの極めて薄い皮膜が表面に形成されて、金属素地が腐食から保護されている。不働態皮膜は傷ついても一般的な環境であればすぐに回復し、一般的な普通鋼であれば錆びるような環境でもステンレス鋼が錆びることはない。ただし、万能な耐食性を持つわけではなく、特に孔食、、応力腐食割れといった局部的な腐食は問題となり得る。特に塩化物イオン環境には注意を要する。また、ステンレス鋼はに対しても耐性が高く、耐熱鋼としても位置づけられる。 ステンレス鋼の製造上は、炭素の効率的な除去が特に重要なポイントとなる。成形、溶接、切削といった加工上も、普通鋼とはいくらか異なる面がある。日用品から産業用に至る幅広い分野でステンレス鋼が使われており、耐食性により金属素地を露出して利用可能なため、意匠的な利用も多い。

Property Value
dbo:abstract
  • ステンレス鋼(ステンレスこう、英: stainless steel)とは、鉄に一定量以上のクロムを含ませた、腐食に対する耐性を持つ合金鋼である。規格などでは、クロム含有量が 10.5 %(質量パーセント濃度)以上、炭素含有量が 1.2 % 以下の鋼と定義される。単にステンレスとも呼ばれ、かつては不銹鋼(ふしゅうこう)と呼ばれていた。1910年代前半ごろに発明・実用化された。 ステンレス鋼の腐食に対する耐性(耐食性)の源は含有されているクロムで、このクロムによって不働態皮膜と呼ばれる数ナノメートルの極めて薄い皮膜が表面に形成されて、金属素地が腐食から保護されている。不働態皮膜は傷ついても一般的な環境であればすぐに回復し、一般的な普通鋼であれば錆びるような環境でもステンレス鋼が錆びることはない。ただし、万能な耐食性を持つわけではなく、特に孔食、、応力腐食割れといった局部的な腐食は問題となり得る。特に塩化物イオン環境には注意を要する。また、ステンレス鋼はに対しても耐性が高く、耐熱鋼としても位置づけられる。 一口にステンレス鋼と言っても、実際には多様なステンレス鋼の種類が存在しており、耐食性がより高い鋼種、高強度な鋼種、磁性を持つ鋼種、非磁性(常磁性)の鋼種、極低温でも脆化しない鋼種などがある。特に主要金属組織をもとにして「オーステナイト系ステンレス鋼」「フェライト系ステンレス鋼」「マルテンサイト系ステンレス鋼」「オーステナイト・フェライト系ステンレス鋼」「析出硬化系ステンレス鋼」の5つで大別されている。クロム以外にも、ニッケルを筆頭に、特性向上のために様々な元素が添加される。 ステンレス鋼の製造上は、炭素の効率的な除去が特に重要なポイントとなる。成形、溶接、切削といった加工上も、普通鋼とはいくらか異なる面がある。日用品から産業用に至る幅広い分野でステンレス鋼が使われており、耐食性により金属素地を露出して利用可能なため、意匠的な利用も多い。 (ja)
  • ステンレス鋼(ステンレスこう、英: stainless steel)とは、鉄に一定量以上のクロムを含ませた、腐食に対する耐性を持つ合金鋼である。規格などでは、クロム含有量が 10.5 %(質量パーセント濃度)以上、炭素含有量が 1.2 % 以下の鋼と定義される。単にステンレスとも呼ばれ、かつては不銹鋼(ふしゅうこう)と呼ばれていた。1910年代前半ごろに発明・実用化された。 ステンレス鋼の腐食に対する耐性(耐食性)の源は含有されているクロムで、このクロムによって不働態皮膜と呼ばれる数ナノメートルの極めて薄い皮膜が表面に形成されて、金属素地が腐食から保護されている。不働態皮膜は傷ついても一般的な環境であればすぐに回復し、一般的な普通鋼であれば錆びるような環境でもステンレス鋼が錆びることはない。ただし、万能な耐食性を持つわけではなく、特に孔食、、応力腐食割れといった局部的な腐食は問題となり得る。特に塩化物イオン環境には注意を要する。また、ステンレス鋼はに対しても耐性が高く、耐熱鋼としても位置づけられる。 一口にステンレス鋼と言っても、実際には多様なステンレス鋼の種類が存在しており、耐食性がより高い鋼種、高強度な鋼種、磁性を持つ鋼種、非磁性(常磁性)の鋼種、極低温でも脆化しない鋼種などがある。特に主要金属組織をもとにして「オーステナイト系ステンレス鋼」「フェライト系ステンレス鋼」「マルテンサイト系ステンレス鋼」「オーステナイト・フェライト系ステンレス鋼」「析出硬化系ステンレス鋼」の5つで大別されている。クロム以外にも、ニッケルを筆頭に、特性向上のために様々な元素が添加される。 ステンレス鋼の製造上は、炭素の効率的な除去が特に重要なポイントとなる。成形、溶接、切削といった加工上も、普通鋼とはいくらか異なる面がある。日用品から産業用に至る幅広い分野でステンレス鋼が使われており、耐食性により金属素地を露出して利用可能なため、意匠的な利用も多い。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 5850 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 122207 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 122304 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81222223 (xsd:integer)
  • 86648746 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • center (ja)
  • center (ja)
prop-ja:caption
  • 2001 (xsd:integer)
prop-ja:content
  • Chart |width= 500 |height= 250 |type= line |yAxisMin= 0 |xAxisTitle= 年 |yAxisTitle= 生産量(1000トン) |x = 2001, 2002, 2003, 2004, 2005, 2006, 2007, 2008, 2009, 2010, 2011, 2012, 2013, 2014, 2015, 2016, 2017, 2018, 2019 |y = 19187, 20690, 22840, 24570, 24546, 28706, 28146, 26218, 24904, 31094, 33621, 35917, 38506, 41686, 41548, 45778, 48081, 50730, 52218 (ja)
  • Chart |width= 500 |height= 250 |type= line |yAxisMin= 0 |xAxisTitle= 年 |yAxisTitle= 生産量(1000トン) |x = 2001, 2002, 2003, 2004, 2005, 2006, 2007, 2008, 2009, 2010, 2011, 2012, 2013, 2014, 2015, 2016, 2017, 2018, 2019 |y = 19187, 20690, 22840, 24570, 24546, 28706, 28146, 26218, 24904, 31094, 33621, 35917, 38506, 41686, 41548, 45778, 48081, 50730, 52218 (ja)
prop-ja:data
  • 96 (xsd:integer)
  • 151 (xsd:integer)
  • 310 (xsd:integer)
  • 386 (xsd:integer)
  • 433 (xsd:integer)
  • 550 (xsd:integer)
  • 969 (xsd:integer)
  • 1172 (xsd:integer)
  • 1484 (xsd:integer)
  • 1754 (xsd:integer)
  • 2285 (xsd:integer)
  • 2407 (xsd:integer)
  • 2808 (xsd:integer)
  • 3283 (xsd:integer)
  • 3740 (xsd:integer)
  • 26706 (xsd:integer)
prop-ja:dataMax
  • 27000 (xsd:integer)
prop-ja:dataType
  • 生産量(1,000トン) (ja)
  • 生産量(1,000トン) (ja)
prop-ja:float
  • center (ja)
  • center (ja)
prop-ja:label
  • アメリカ合衆国 (ja)
  • イタリア (ja)
  • インド (ja)
  • スペイン (ja)
  • ドイツ (ja)
  • フランス (ja)
  • ブラジル (ja)
  • ロシア (ja)
  • 中華人民共和国 (ja)
  • 台湾 (ja)
  • 日本 (ja)
  • 南アフリカ (ja)
  • 韓国 (ja)
  • その他ヨーロッパ (ja)
  • フィンランド/スウェーデン/イギリス (ja)
  • ベルギー/オーストリア (ja)
  • アメリカ合衆国 (ja)
  • イタリア (ja)
  • インド (ja)
  • スペイン (ja)
  • ドイツ (ja)
  • フランス (ja)
  • ブラジル (ja)
  • ロシア (ja)
  • 中華人民共和国 (ja)
  • 台湾 (ja)
  • 日本 (ja)
  • 南アフリカ (ja)
  • 韓国 (ja)
  • その他ヨーロッパ (ja)
  • フィンランド/スウェーデン/イギリス (ja)
  • ベルギー/オーストリア (ja)
prop-ja:labelType
  • 国・地域 (ja)
  • 国・地域 (ja)
prop-ja:title
  • 2018 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ステンレス鋼(ステンレスこう、英: stainless steel)とは、鉄に一定量以上のクロムを含ませた、腐食に対する耐性を持つ合金鋼である。規格などでは、クロム含有量が 10.5 %(質量パーセント濃度)以上、炭素含有量が 1.2 % 以下の鋼と定義される。単にステンレスとも呼ばれ、かつては不銹鋼(ふしゅうこう)と呼ばれていた。1910年代前半ごろに発明・実用化された。 ステンレス鋼の腐食に対する耐性(耐食性)の源は含有されているクロムで、このクロムによって不働態皮膜と呼ばれる数ナノメートルの極めて薄い皮膜が表面に形成されて、金属素地が腐食から保護されている。不働態皮膜は傷ついても一般的な環境であればすぐに回復し、一般的な普通鋼であれば錆びるような環境でもステンレス鋼が錆びることはない。ただし、万能な耐食性を持つわけではなく、特に孔食、、応力腐食割れといった局部的な腐食は問題となり得る。特に塩化物イオン環境には注意を要する。また、ステンレス鋼はに対しても耐性が高く、耐熱鋼としても位置づけられる。 ステンレス鋼の製造上は、炭素の効率的な除去が特に重要なポイントとなる。成形、溶接、切削といった加工上も、普通鋼とはいくらか異なる面がある。日用品から産業用に至る幅広い分野でステンレス鋼が使われており、耐食性により金属素地を露出して利用可能なため、意匠的な利用も多い。 (ja)
  • ステンレス鋼(ステンレスこう、英: stainless steel)とは、鉄に一定量以上のクロムを含ませた、腐食に対する耐性を持つ合金鋼である。規格などでは、クロム含有量が 10.5 %(質量パーセント濃度)以上、炭素含有量が 1.2 % 以下の鋼と定義される。単にステンレスとも呼ばれ、かつては不銹鋼(ふしゅうこう)と呼ばれていた。1910年代前半ごろに発明・実用化された。 ステンレス鋼の腐食に対する耐性(耐食性)の源は含有されているクロムで、このクロムによって不働態皮膜と呼ばれる数ナノメートルの極めて薄い皮膜が表面に形成されて、金属素地が腐食から保護されている。不働態皮膜は傷ついても一般的な環境であればすぐに回復し、一般的な普通鋼であれば錆びるような環境でもステンレス鋼が錆びることはない。ただし、万能な耐食性を持つわけではなく、特に孔食、、応力腐食割れといった局部的な腐食は問題となり得る。特に塩化物イオン環境には注意を要する。また、ステンレス鋼はに対しても耐性が高く、耐熱鋼としても位置づけられる。 ステンレス鋼の製造上は、炭素の効率的な除去が特に重要なポイントとなる。成形、溶接、切削といった加工上も、普通鋼とはいくらか異なる面がある。日用品から産業用に至る幅広い分野でステンレス鋼が使われており、耐食性により金属素地を露出して利用可能なため、意匠的な利用も多い。 (ja)
rdfs:label
  • ステンレス鋼 (ja)
  • ステンレス鋼 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:carbody of
is prop-ja:material of
is prop-ja:products of
is prop-ja:タンク材質 of
is prop-ja:ホッパ材質 of
is prop-ja:事業内容 of
is prop-ja:材料 of
is prop-ja:車体 of
is prop-ja:車体材質 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of