シャンティイ城(フランス語名:Château de Chantilly)はフランス、シャンティイ市にあるルネサンス時代の建造物である。 構造は大きく分けて「グラン・シャトー」と「プチ・シャトー」の2つから成っている。「グラン・シャトー」はフランス革命期に最初の建物が破壊された後、1870年代に七月王政期の国王ルイ・フィリップ5男で同城相続人だったオマール公アンリ・ドルレアンによって再建されたものである。「プチ・シャトー」は1560年頃、アンヌ・ド・モンモランシーのために建てられたものである。 1772年から1774年にかけて、コンデ公ルイ5世ジョゼフが城内に造らせた「ル・アモー・ドゥ・シャンティイ」(Le hameau de Chantilly) は、シノワズリ様式に触発されたイギリス式庭園で、今日では"アングロ=シノワ庭園"と呼ばれている。王妃マリー・アントワネットが「ル・アモー・ドゥ・ラ・レーヌ」(王妃の村里)を造成する際のモデルとなったことで知られている。 現在、内部に結婚式場があり現在も使用されている。なお、この城は姫路城と姉妹協定を結んでいる。2006年度の年間入場者数は国内および国外から合計約60万人で姫路城(約75万人)と比べてやや少なくなっている。

Property Value
dbo:abstract
  • シャンティイ城(フランス語名:Château de Chantilly)はフランス、シャンティイ市にあるルネサンス時代の建造物である。 構造は大きく分けて「グラン・シャトー」と「プチ・シャトー」の2つから成っている。「グラン・シャトー」はフランス革命期に最初の建物が破壊された後、1870年代に七月王政期の国王ルイ・フィリップ5男で同城相続人だったオマール公アンリ・ドルレアンによって再建されたものである。「プチ・シャトー」は1560年頃、アンヌ・ド・モンモランシーのために建てられたものである。 1772年から1774年にかけて、コンデ公ルイ5世ジョゼフが城内に造らせた「ル・アモー・ドゥ・シャンティイ」(Le hameau de Chantilly) は、シノワズリ様式に触発されたイギリス式庭園で、今日では"アングロ=シノワ庭園"と呼ばれている。王妃マリー・アントワネットが「ル・アモー・ドゥ・ラ・レーヌ」(王妃の村里)を造成する際のモデルとなったことで知られている。 現在、内部に結婚式場があり現在も使用されている。なお、この城は姫路城と姉妹協定を結んでいる。2006年度の年間入場者数は国内および国外から合計約60万人で姫路城(約75万人)と比べてやや少なくなっている。 (ja)
  • シャンティイ城(フランス語名:Château de Chantilly)はフランス、シャンティイ市にあるルネサンス時代の建造物である。 構造は大きく分けて「グラン・シャトー」と「プチ・シャトー」の2つから成っている。「グラン・シャトー」はフランス革命期に最初の建物が破壊された後、1870年代に七月王政期の国王ルイ・フィリップ5男で同城相続人だったオマール公アンリ・ドルレアンによって再建されたものである。「プチ・シャトー」は1560年頃、アンヌ・ド・モンモランシーのために建てられたものである。 1772年から1774年にかけて、コンデ公ルイ5世ジョゼフが城内に造らせた「ル・アモー・ドゥ・シャンティイ」(Le hameau de Chantilly) は、シノワズリ様式に触発されたイギリス式庭園で、今日では"アングロ=シノワ庭園"と呼ばれている。王妃マリー・アントワネットが「ル・アモー・ドゥ・ラ・レーヌ」(王妃の村里)を造成する際のモデルとなったことで知られている。 現在、内部に結婚式場があり現在も使用されている。なお、この城は姫路城と姉妹協定を結んでいる。2006年度の年間入場者数は国内および国外から合計約60万人で姫路城(約75万人)と比べてやや少なくなっている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1000713 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1332 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80622860 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • シャンティイ城(フランス語名:Château de Chantilly)はフランス、シャンティイ市にあるルネサンス時代の建造物である。 構造は大きく分けて「グラン・シャトー」と「プチ・シャトー」の2つから成っている。「グラン・シャトー」はフランス革命期に最初の建物が破壊された後、1870年代に七月王政期の国王ルイ・フィリップ5男で同城相続人だったオマール公アンリ・ドルレアンによって再建されたものである。「プチ・シャトー」は1560年頃、アンヌ・ド・モンモランシーのために建てられたものである。 1772年から1774年にかけて、コンデ公ルイ5世ジョゼフが城内に造らせた「ル・アモー・ドゥ・シャンティイ」(Le hameau de Chantilly) は、シノワズリ様式に触発されたイギリス式庭園で、今日では"アングロ=シノワ庭園"と呼ばれている。王妃マリー・アントワネットが「ル・アモー・ドゥ・ラ・レーヌ」(王妃の村里)を造成する際のモデルとなったことで知られている。 現在、内部に結婚式場があり現在も使用されている。なお、この城は姫路城と姉妹協定を結んでいる。2006年度の年間入場者数は国内および国外から合計約60万人で姫路城(約75万人)と比べてやや少なくなっている。 (ja)
  • シャンティイ城(フランス語名:Château de Chantilly)はフランス、シャンティイ市にあるルネサンス時代の建造物である。 構造は大きく分けて「グラン・シャトー」と「プチ・シャトー」の2つから成っている。「グラン・シャトー」はフランス革命期に最初の建物が破壊された後、1870年代に七月王政期の国王ルイ・フィリップ5男で同城相続人だったオマール公アンリ・ドルレアンによって再建されたものである。「プチ・シャトー」は1560年頃、アンヌ・ド・モンモランシーのために建てられたものである。 1772年から1774年にかけて、コンデ公ルイ5世ジョゼフが城内に造らせた「ル・アモー・ドゥ・シャンティイ」(Le hameau de Chantilly) は、シノワズリ様式に触発されたイギリス式庭園で、今日では"アングロ=シノワ庭園"と呼ばれている。王妃マリー・アントワネットが「ル・アモー・ドゥ・ラ・レーヌ」(王妃の村里)を造成する際のモデルとなったことで知られている。 現在、内部に結婚式場があり現在も使用されている。なお、この城は姫路城と姉妹協定を結んでいる。2006年度の年間入場者数は国内および国外から合計約60万人で姫路城(約75万人)と比べてやや少なくなっている。 (ja)
rdfs:label
  • シャンティイ城 (ja)
  • シャンティイ城 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:birthPlace of
is dbo:deathPlace of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of