シナンジュ(Sinanju)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ(MS)」。初出は2007年より発表された小説『機動戦士ガンダムUC』。 作中に登場する軍事勢力「ネオ・ジオン軍」の残党「袖付き」の首魁「フル・フロンタル」の専用機。特殊能力者「ニュータイプ」の操縦を前提とした高性能MSで、赤い機体色に金色の装飾、背中に備えた翼状の推進器が特徴。元々は作品の主役MS「ユニコーンガンダム」のプロトタイプとして「地球連邦軍」が開発した機体だったが、裏取引の末「袖付き」の手に渡りフロンタル専用機として改修された。改修前の姿は「」と呼称され、短編小説『機動戦士ガンダムUC 戦後の戦争』や劇場アニメ『機動戦士ガンダムNT』などに登場する。アニメ版『機動戦士ガンダムUC』の最終決戦などには、シナンジュをコア・ユニットとした巨大モビルアーマー(MA)「」が登場し、劇場アニメ『機動戦士ガンダムNT』にもをコア・ユニットとした巨大MA「」が登場する。 メカニックデザインはカトキハジメが担当。

Property Value
dbo:abstract
  • シナンジュ(Sinanju)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ(MS)」。初出は2007年より発表された小説『機動戦士ガンダムUC』。 作中に登場する軍事勢力「ネオ・ジオン軍」の残党「袖付き」の首魁「フル・フロンタル」の専用機。特殊能力者「ニュータイプ」の操縦を前提とした高性能MSで、赤い機体色に金色の装飾、背中に備えた翼状の推進器が特徴。元々は作品の主役MS「ユニコーンガンダム」のプロトタイプとして「地球連邦軍」が開発した機体だったが、裏取引の末「袖付き」の手に渡りフロンタル専用機として改修された。改修前の姿は「」と呼称され、短編小説『機動戦士ガンダムUC 戦後の戦争』や劇場アニメ『機動戦士ガンダムNT』などに登場する。アニメ版『機動戦士ガンダムUC』の最終決戦などには、シナンジュをコア・ユニットとした巨大モビルアーマー(MA)「」が登場し、劇場アニメ『機動戦士ガンダムNT』にもをコア・ユニットとした巨大MA「」が登場する。 メカニックデザインはカトキハジメが担当。 (ja)
  • シナンジュ(Sinanju)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ(MS)」。初出は2007年より発表された小説『機動戦士ガンダムUC』。 作中に登場する軍事勢力「ネオ・ジオン軍」の残党「袖付き」の首魁「フル・フロンタル」の専用機。特殊能力者「ニュータイプ」の操縦を前提とした高性能MSで、赤い機体色に金色の装飾、背中に備えた翼状の推進器が特徴。元々は作品の主役MS「ユニコーンガンダム」のプロトタイプとして「地球連邦軍」が開発した機体だったが、裏取引の末「袖付き」の手に渡りフロンタル専用機として改修された。改修前の姿は「」と呼称され、短編小説『機動戦士ガンダムUC 戦後の戦争』や劇場アニメ『機動戦士ガンダムNT』などに登場する。アニメ版『機動戦士ガンダムUC』の最終決戦などには、シナンジュをコア・ユニットとした巨大モビルアーマー(MA)「」が登場し、劇場アニメ『機動戦士ガンダムNT』にもをコア・ユニットとした巨大MA「」が登場する。 メカニックデザインはカトキハジメが担当。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 1323263 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 35999 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81231867 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:センサー
  • 23600 (xsd:integer)
  • 23,600m (ja)
prop-ja:全備重量
  • 56.9
  • 54.2
  • 324.3
  • 328.6
prop-ja:全高
  • 22.6m (ja)
  • 116.0m (ja)
  • 22.6m (ja)
  • 116.0m (ja)
prop-ja:出力
  • 35660 (xsd:integer)
  • 3240.0
prop-ja:名称
  • II NEO ZEONG (ja)
  • IIネオ・ジオング (ja)
  • NEO ZEONG (ja)
  • SINANJU (ja)
  • SINANJU STEIN (ja)
  • シナンジュ (ja)
  • シナンジュ・スタイン (ja)
  • ネオ・ジオング (ja)
  • II NEO ZEONG (ja)
  • IIネオ・ジオング (ja)
  • NEO ZEONG (ja)
  • SINANJU (ja)
  • SINANJU STEIN (ja)
  • シナンジュ (ja)
  • シナンジュ・スタイン (ja)
  • ネオ・ジオング (ja)
prop-ja:型式番号
  • MSN-06S (ja)
  • NZ-999 (ja)
  • MSN-06S (ja)
  • NZ-999 (ja)
prop-ja:推力
  • 28827500 (xsd:integer)
  • 128600.0
prop-ja:搭乗者
prop-ja:武装
  • 60 (xsd:integer)
  • シールド×1 (ja)
  • ビーム・サーベル×2 (ja)
  • ビーム・ライフル×2 (ja)
  • ミサイル×4 (ja)
  • ビーム・キャノン×1 (ja)
  • ビーム・ライフル×1 (ja)
  • グレネード・ランチャー×1 (ja)
  • サイコシャード発生器×8 (ja)
  • ハイ・ビーム・ライフル×1 (ja)
  • ビーム・アックス×2 (ja)
  • ロケット・バズーカ×1 (ja)
  • ロケット・バズーカ×2 (ja)
  • 大口径ハイメガ粒子砲×1 (ja)
  • 大型ビーム・アックス×2 (ja)
  • 有線式大型ファンネル・ビット×30 (ja)
  • 肩部大型メガ粒子砲×6 (ja)
  • 腰部Iフィールド・ジェネレーター×4 (ja)
prop-ja:装甲
prop-ja:重量
  • 151.500000 (xsd:double)
  • 25.2
  • 23.1
  • 153.8
dct:subject
rdfs:comment
  • シナンジュ(Sinanju)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ(MS)」。初出は2007年より発表された小説『機動戦士ガンダムUC』。 作中に登場する軍事勢力「ネオ・ジオン軍」の残党「袖付き」の首魁「フル・フロンタル」の専用機。特殊能力者「ニュータイプ」の操縦を前提とした高性能MSで、赤い機体色に金色の装飾、背中に備えた翼状の推進器が特徴。元々は作品の主役MS「ユニコーンガンダム」のプロトタイプとして「地球連邦軍」が開発した機体だったが、裏取引の末「袖付き」の手に渡りフロンタル専用機として改修された。改修前の姿は「」と呼称され、短編小説『機動戦士ガンダムUC 戦後の戦争』や劇場アニメ『機動戦士ガンダムNT』などに登場する。アニメ版『機動戦士ガンダムUC』の最終決戦などには、シナンジュをコア・ユニットとした巨大モビルアーマー(MA)「」が登場し、劇場アニメ『機動戦士ガンダムNT』にもをコア・ユニットとした巨大MA「」が登場する。 メカニックデザインはカトキハジメが担当。 (ja)
  • シナンジュ(Sinanju)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ(MS)」。初出は2007年より発表された小説『機動戦士ガンダムUC』。 作中に登場する軍事勢力「ネオ・ジオン軍」の残党「袖付き」の首魁「フル・フロンタル」の専用機。特殊能力者「ニュータイプ」の操縦を前提とした高性能MSで、赤い機体色に金色の装飾、背中に備えた翼状の推進器が特徴。元々は作品の主役MS「ユニコーンガンダム」のプロトタイプとして「地球連邦軍」が開発した機体だったが、裏取引の末「袖付き」の手に渡りフロンタル専用機として改修された。改修前の姿は「」と呼称され、短編小説『機動戦士ガンダムUC 戦後の戦争』や劇場アニメ『機動戦士ガンダムNT』などに登場する。アニメ版『機動戦士ガンダムUC』の最終決戦などには、シナンジュをコア・ユニットとした巨大モビルアーマー(MA)「」が登場し、劇場アニメ『機動戦士ガンダムNT』にもをコア・ユニットとした巨大MA「」が登場する。 メカニックデザインはカトキハジメが担当。 (ja)
rdfs:label
  • シナンジュ (ガンダムシリーズ) (ja)
  • シナンジュ (ガンダムシリーズ) (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of