『ゴブリンスレイヤー』(GOBLIN SLAYER!)は、蝸牛くもによる日本のオンライン小説およびライトノベル。文庫版はGA文庫(SBクリエイティブ)より2016年2月から刊行され、イラストは神奈月昇。略称は「ゴブスレ」。 元はWEB作品であるが、一般的なオンライン小説ではなく、いわゆる「やる夫スレ」(やる夫参照)でAA(アスキーアート)と組み合せて公開されていた作品であり、これを一般小説化した作品である。「このライトノベルがすごい!2017」の新作部門で1位。

Property Value
dbo:abstract
  • 『ゴブリンスレイヤー』(GOBLIN SLAYER!)は、蝸牛くもによる日本のオンライン小説およびライトノベル。文庫版はGA文庫(SBクリエイティブ)より2016年2月から刊行され、イラストは神奈月昇。略称は「ゴブスレ」。 元はWEB作品であるが、一般的なオンライン小説ではなく、いわゆる「やる夫スレ」(やる夫参照)でAA(アスキーアート)と組み合せて公開されていた作品であり、これを一般小説化した作品である。「このライトノベルがすごい!2017」の新作部門で1位。 (ja)
  • 『ゴブリンスレイヤー』(GOBLIN SLAYER!)は、蝸牛くもによる日本のオンライン小説およびライトノベル。文庫版はGA文庫(SBクリエイティブ)より2016年2月から刊行され、イラストは神奈月昇。略称は「ゴブスレ」。 元はWEB作品であるが、一般的なオンライン小説ではなく、いわゆる「やる夫スレ」(やる夫参照)でAA(アスキーアート)と組み合せて公開されていた作品であり、これを一般小説化した作品である。「このライトノベルがすごい!2017」の新作部門で1位。 (ja)
dbo:director
dbo:genre
dbo:musicComposer
dbo:productionCompany
dbo:publisher
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3531011 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 73576 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81622623 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbo:writer
prop-ja:aux
  • 2018 (xsd:integer)
  • 1923-02-01 (xsd:date)
  • 1925-01-01 (xsd:date)
  • 1930-02-01 (xsd:date)
  • 2011-01-01 (xsd:date)
  • 2016-02-01 (xsd:date)
  • 2018-01-01 (xsd:date)
  • dbpedia-ja:倉田英之
  • dbpedia-ja:古賀一臣
  • dbpedia-ja:神谷純
  • dbpedia-ja:迫井政行
  • dbpedia-ja:黒田洋介
  • 脚本 (ja)
  • (ja)
  • - (ja)
  • --10-07
  • --10-14
  • --10-21
  • --10-28
  • --11-04
  • --12-02
  • --12-09
  • 作画監督 (ja)
  • 初放送日 (ja)
  • 演出 (ja)
  • 絵コンテ (ja)
  • 久保雄介 (ja)
  • 倉田英之 (ja)
  • 古賀一臣 (ja)
  • 黒田洋介 (ja)
  • おざわかずひろ (ja)
  • 尾崎隆晴 (ja)
  • 川村賢一 (ja)
  • 永吉隆志 (ja)
  • 路比塚俳優人 (ja)
  • 高木啓明 (ja)
  • 宮原秀二 (ja)
prop-ja:aux0colspan
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:aux1colspan
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:caption
  • OVA (ja)
  • テレビアニメ (ja)
  • OVA (ja)
  • テレビアニメ (ja)
prop-ja:date
  • 2021 (xsd:integer)
prop-ja:group
  • (ja)
  • (ja)
prop-ja:linecolor
  • #F067A6 (ja)
  • #B22D35 (ja)
  • #F067A6 (ja)
  • #B22D35 (ja)
prop-ja:name
  • 製作クレジット (ja)
  • 製作クレジット (ja)
prop-ja:number
  • (ja)
  • 話数 (ja)
  • !INVISIBLE (ja)
  • 第一話 (ja)
  • 第七話 (ja)
  • 第三話 (ja)
  • 第九話 (ja)
  • 第二話 (ja)
  • 第五話 (ja)
  • 第八話 (ja)
  • 第六話 (ja)
  • 第十一話 (ja)
  • 第十二話 (ja)
  • 第十話 (ja)
  • 第四話 (ja)
  • 特別編 (ja)
  • (ja)
  • 話数 (ja)
  • !INVISIBLE (ja)
  • 第一話 (ja)
  • 第七話 (ja)
  • 第三話 (ja)
  • 第九話 (ja)
  • 第二話 (ja)
  • 第五話 (ja)
  • 第八話 (ja)
  • 第六話 (ja)
  • 第十一話 (ja)
  • 第十二話 (ja)
  • 第十話 (ja)
  • 第四話 (ja)
  • 特別編 (ja)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:summary
  • 「先生」と呼ばれる圃人による虐待同然の指導を夢で思い出していたゴブリンスレイヤーは、処女同衾の奇跡「蘇生《リザレクション》」を発動した剣の乙女や女神官により、至高神の神殿の一室で無事に目覚める。剣の乙女は、冒険者として駆け出しのころにゴブリンに強姦された記憶を語る。ゴブリンスレイヤーと女神官は別に地下水路の探索を行っていた3人と合流して装備を修理し、槍使いと魔女に持参させた目の細かい小麦粉を受け取る。地下水路の奥、街を外れたところの一室に陣取って強力な術を用いる正体不明の大目玉を、ゴブリンスレイヤーは小麦粉を利用しての粉塵爆発で葬り去る。 (ja)
  • ゴブリンスレイヤーと共に辺境の街の冒険者ギルドへ納品に訪れた牛飼娘は、他の冒険者たちが先を争ってより評価の高い冒険依頼を手にする中、最後に残ったゴブリン退治を引き受けるゴブリンスレイヤー、彼の異様な風体と行動を軽蔑する他の冒険者、そしてゴブリンスレイヤーに付きそう女神官の姿を目にする。北の山砦に棲み着き、先行した冒険者たちを惨殺したゴブリンたちを仕留めるゴブリンスレイヤーの姿に彼のモノローグが重なる──ゴブリンに故郷を滅ぼされ、姉を虐殺された彼がゴブリンへの復讐にのめり込むうち、それが「楽しくなってくる」という──。そんなゴブリンスレイヤーの活躍を美化して伝える吟遊詩人にその所在を尋ねたのは、上の森人の少女・妖精弓手だった。 (ja)
  • 新人冒険者4人のパーティーは洞窟内のゴブリン退治に臨むが、油断と慢心からゴブリンの奇襲を受けて壊滅する。女魔術師は毒の短剣で瀕死となって剣士は斬殺され、女武闘家は強姦される。唯一残った女神官を救った「ゴブリンスレイヤー」と名乗る銀等級の冒険者は女魔術師をためらわず介錯すると、倒したゴブリンから次々に武器を奪って持ち替え、女神官に残された奇跡も活用しながら着実にゴブリンを始末してゆくと、最後に残された子供のゴブリンたちをも容赦なく撲殺する。生還した女神官は冒険者を続け、ゴブリンスレイヤーと行動を共にすることになる。 (ja)
  • ゴブリンロード率いる百匹を超えるゴブリンの軍勢の襲撃を予見し、逃亡を指示するも牛飼娘に牧場に踏みとどまると言われたゴブリンスレイヤーは、ギルドの冒険者たちに牧場の防衛への参加を求める。懸命の依頼にまず槍使いが、続いて普段からの仲間たちと魔女が応える。さらには受付嬢の説得に応えた支部長からも「ゴブリン1匹に金貨1枚」の懸賞金が出て、居合わせた他の冒険者たちも決起する。その夜、ゴブリンの大軍が押し寄せるが、事前にゴブリンスレイヤーが立てた作戦が功を奏し、大勢の冒険者たちは的確に対応して殲滅する。劣勢に焦ったゴブリンロードは上位種に後始末を押しつけて逃走するが、その目の前にゴブリンスレイヤーが立ちはだかる。 (ja)
  • 他の上級冒険者たちによって上位種のゴブリンたちが殲滅されていく一方、ゴブリンスレイヤーとゴブリンロードの決戦が始まる。知力も体力も並みのゴブリンを凌駕するロードの猛攻の前にゴブリンスレイヤーは剣を折られて圧倒され、止めを刺されそうになるが、ロードは女神官による《聖壁(プロテクション)》の二重掛けに挟まれ、押し潰される。拙い言葉で命乞いをして隙を突こうとするロードの喉にゴブリンスレイヤーは折れた剣を突き当て、息の根を止める。冒険者たちがギルドで祝杯を挙げ、ゴブリンスレイヤーやギルドからの報酬を手にする中、自らの本来の願望として「冒険者になりたいんだと思う」と語るゴブリンスレイヤーに、女神官は兜を取ってほしいと願う。それに応えてゴブリンスレイヤーが兜を脱ぐと、周りの冒険者たちは祝杯を放り出して彼の素顔を一目見ようと集まってくる。 (ja)
  • 至高神の神殿の大浴場で休息する女神官は剣の乙女と一緒になるが、その様子から彼女がゴブリンのことを身をもって知っているのではと考える。その後、再び地下水路に入った一行は、ある一室に閉じ込められて毒気攻めに遭う。ゴブリンスレイヤーの機転で危機を脱した一行に、今度はゴブリンチャンピオン率いる大勢のゴブリンが襲いかかる。チャンピオンの凄まじい戦闘力によってゴブリンスレイヤーを圧倒され、一行は瓦解寸前の危機に陥る。辛うじて立ち上がったゴブリンスレイヤーはチャンピオンを絞殺すべく組み付き、さらにその片目をえぐり取る。その鬼気迫る様子にゴブリンたちも恐れを成して逃走するが、ゴブリンスレイヤーは瀕死の危機に陥ってしまう。 (ja)
  • 辺境の街のギルドでは勇者の話題で盛り上がる中、ゴブリンスレイヤーが他の4人に水の都でのゴブリン退治の依頼を相談する。相談というより二択を迫っているだけのゴブリンスレイヤーに呆れつつ、結局は5人で水の都へ向かうと、依頼主はかつて魔神王を討った「六人の英雄」の1人にして至高神の大司教である剣の乙女だった。地下水路に入った一行は大量のゴブリン、ゴブリンの乗った船団、そしてこれを襲う巨大な沼竜(アリゲイタ)と遭遇する。沼竜に襲われる状況でゴブリンが船を使っているという不自然さから、ゴブリンスレイヤーはゴブリンを誰かが操っていると疑う。 (ja)
  • 牛飼娘の目線で第1話から第10話までをまとめた総集編。 (ja)
  • 水の都から辺境の街へ戻ったゴブリンスレイヤーは一見いつもと変わらない淡々とした生活を送るが、仲間や他の冒険者たちとの交流を通して少しずつ心情に変化が生まれる。勇者が魔神王を討ち倒したという知らせに街は沸き立ち、剣の乙女からはゴブリンの悪夢を見なくなったことへの感謝の手紙が届く。しばらくゴブリン退治の依頼の無い平和な日々が続いていたが、ある朝、牧場の近くに大量のゴブリンの足跡が見つかる。 (ja)
  • 大目玉が守っていたのは巨大な鏡で、どうやら遠く離れたゴブリンの住処と繋がった転移の鏡であるらしい。大爆発の音を聞きつけたゴブリンチャンピオン率いるゴブリンたちによる襲撃を阻塞(バリケード)を作って食い止めながら、蜥蜴僧侶が怪力で鏡を引きはがして頭上に掲げながら鉱人道士が術で天井を崩落させ、ゴブリンたちを全滅させる。事件解決の報告に剣の乙女のもとを訪れたゴブリンスレイヤーは、彼女による情報操作を指摘して真意を問いただす。ゴブリンに陵辱されて眼を焼かれた過去のトラウマから、毎晩うなされる苦しみを街の皆に分かって欲しかったが分かってもらえなかったという剣の乙女に、ゴブリンスレイヤーはゴブリンが現れたならたとえ夢の中でもそれを殺しに行くと告げて別れる。 (ja)
  • 辺境の街の下水道では、新米剣士と見習聖女が巨大鼠退治に臨んでいたが、大黒蟲の襲撃で巨大鼠に刺さった剣を回収できないまま逃げ帰る羽目になってしまう。他の冒険者に相談した2人は魔女から無くし物を捜す蝋燭を貰い、ゴブリンスレイヤーから代わりに棍棒を持つことを助言され、どうにか剣を回収する。その後、ゴブリンスレイヤーはギルドの受付嬢から圃人斥候の昇級審査の立ち会いを求められる。お宝をくすねていたことを見破られて降格処分を言い渡された圃人斥候は、怒りで受付嬢を襲おうとするもゴブリンスレイヤーに睨まれて捨て台詞を残し、立ち去る。そんなゴブリンスレイヤーのもとに、遠方から特別な様式での依頼書が届けられる。 (ja)
  • 遺跡に進入したゴブリンスレイヤー一行は途中で女森人を救出し、奥底近くへ到達する。鉱人道士の術で大勢のゴブリンたちを眠らせ、女神官の奇跡による無音の中、他の3人が黙々とゴブリンたちを始末してゆく。そしてさらに奥へ進もうとした一行の前に、巨大なオーガが立ちはだかる。その圧倒的な戦闘能力と回復能力により、一行は全滅寸前まで追い詰められるが、ゴブリンスレイヤーは転移の巻物を広げて深海の海底へ繋げ、その海水による高圧水流でオーガの身体を切り刻み、辛勝を得る。 (ja)
  • 妖精弓手・鉱人道士・蜥蜴僧侶の銀等級冒険者3人組が人捜しに辺境の街の冒険者ギルドを訪れるが、「オルクボルグ」やら「かみきり丸」やらと言うばかりで話が通じない末、ようやくゴブリンスレイヤーのことと判明する。その一方、女神官は「辺境最強」の槍使いに同行する魔女から、これからどうするかを決めるよう諭される。妖精弓手らはゴブリンスレイヤーに「森人の領地の遺跡に巣くったゴブリンたちの退治」を依頼し、その奇妙な性格に翻弄されながらも、女神官を加えた5人で旅立つこととなる。 (ja)
  • 「先生」と呼ばれる圃人による虐待同然の指導を夢で思い出していたゴブリンスレイヤーは、処女同衾の奇跡「蘇生《リザレクション》」を発動した剣の乙女や女神官により、至高神の神殿の一室で無事に目覚める。剣の乙女は、冒険者として駆け出しのころにゴブリンに強姦された記憶を語る。ゴブリンスレイヤーと女神官は別に地下水路の探索を行っていた3人と合流して装備を修理し、槍使いと魔女に持参させた目の細かい小麦粉を受け取る。地下水路の奥、街を外れたところの一室に陣取って強力な術を用いる正体不明の大目玉を、ゴブリンスレイヤーは小麦粉を利用しての粉塵爆発で葬り去る。 (ja)
  • ゴブリンスレイヤーと共に辺境の街の冒険者ギルドへ納品に訪れた牛飼娘は、他の冒険者たちが先を争ってより評価の高い冒険依頼を手にする中、最後に残ったゴブリン退治を引き受けるゴブリンスレイヤー、彼の異様な風体と行動を軽蔑する他の冒険者、そしてゴブリンスレイヤーに付きそう女神官の姿を目にする。北の山砦に棲み着き、先行した冒険者たちを惨殺したゴブリンたちを仕留めるゴブリンスレイヤーの姿に彼のモノローグが重なる──ゴブリンに故郷を滅ぼされ、姉を虐殺された彼がゴブリンへの復讐にのめり込むうち、それが「楽しくなってくる」という──。そんなゴブリンスレイヤーの活躍を美化して伝える吟遊詩人にその所在を尋ねたのは、上の森人の少女・妖精弓手だった。 (ja)
  • 新人冒険者4人のパーティーは洞窟内のゴブリン退治に臨むが、油断と慢心からゴブリンの奇襲を受けて壊滅する。女魔術師は毒の短剣で瀕死となって剣士は斬殺され、女武闘家は強姦される。唯一残った女神官を救った「ゴブリンスレイヤー」と名乗る銀等級の冒険者は女魔術師をためらわず介錯すると、倒したゴブリンから次々に武器を奪って持ち替え、女神官に残された奇跡も活用しながら着実にゴブリンを始末してゆくと、最後に残された子供のゴブリンたちをも容赦なく撲殺する。生還した女神官は冒険者を続け、ゴブリンスレイヤーと行動を共にすることになる。 (ja)
  • ゴブリンロード率いる百匹を超えるゴブリンの軍勢の襲撃を予見し、逃亡を指示するも牛飼娘に牧場に踏みとどまると言われたゴブリンスレイヤーは、ギルドの冒険者たちに牧場の防衛への参加を求める。懸命の依頼にまず槍使いが、続いて普段からの仲間たちと魔女が応える。さらには受付嬢の説得に応えた支部長からも「ゴブリン1匹に金貨1枚」の懸賞金が出て、居合わせた他の冒険者たちも決起する。その夜、ゴブリンの大軍が押し寄せるが、事前にゴブリンスレイヤーが立てた作戦が功を奏し、大勢の冒険者たちは的確に対応して殲滅する。劣勢に焦ったゴブリンロードは上位種に後始末を押しつけて逃走するが、その目の前にゴブリンスレイヤーが立ちはだかる。 (ja)
  • 他の上級冒険者たちによって上位種のゴブリンたちが殲滅されていく一方、ゴブリンスレイヤーとゴブリンロードの決戦が始まる。知力も体力も並みのゴブリンを凌駕するロードの猛攻の前にゴブリンスレイヤーは剣を折られて圧倒され、止めを刺されそうになるが、ロードは女神官による《聖壁(プロテクション)》の二重掛けに挟まれ、押し潰される。拙い言葉で命乞いをして隙を突こうとするロードの喉にゴブリンスレイヤーは折れた剣を突き当て、息の根を止める。冒険者たちがギルドで祝杯を挙げ、ゴブリンスレイヤーやギルドからの報酬を手にする中、自らの本来の願望として「冒険者になりたいんだと思う」と語るゴブリンスレイヤーに、女神官は兜を取ってほしいと願う。それに応えてゴブリンスレイヤーが兜を脱ぐと、周りの冒険者たちは祝杯を放り出して彼の素顔を一目見ようと集まってくる。 (ja)
  • 至高神の神殿の大浴場で休息する女神官は剣の乙女と一緒になるが、その様子から彼女がゴブリンのことを身をもって知っているのではと考える。その後、再び地下水路に入った一行は、ある一室に閉じ込められて毒気攻めに遭う。ゴブリンスレイヤーの機転で危機を脱した一行に、今度はゴブリンチャンピオン率いる大勢のゴブリンが襲いかかる。チャンピオンの凄まじい戦闘力によってゴブリンスレイヤーを圧倒され、一行は瓦解寸前の危機に陥る。辛うじて立ち上がったゴブリンスレイヤーはチャンピオンを絞殺すべく組み付き、さらにその片目をえぐり取る。その鬼気迫る様子にゴブリンたちも恐れを成して逃走するが、ゴブリンスレイヤーは瀕死の危機に陥ってしまう。 (ja)
  • 辺境の街のギルドでは勇者の話題で盛り上がる中、ゴブリンスレイヤーが他の4人に水の都でのゴブリン退治の依頼を相談する。相談というより二択を迫っているだけのゴブリンスレイヤーに呆れつつ、結局は5人で水の都へ向かうと、依頼主はかつて魔神王を討った「六人の英雄」の1人にして至高神の大司教である剣の乙女だった。地下水路に入った一行は大量のゴブリン、ゴブリンの乗った船団、そしてこれを襲う巨大な沼竜(アリゲイタ)と遭遇する。沼竜に襲われる状況でゴブリンが船を使っているという不自然さから、ゴブリンスレイヤーはゴブリンを誰かが操っていると疑う。 (ja)
  • 牛飼娘の目線で第1話から第10話までをまとめた総集編。 (ja)
  • 水の都から辺境の街へ戻ったゴブリンスレイヤーは一見いつもと変わらない淡々とした生活を送るが、仲間や他の冒険者たちとの交流を通して少しずつ心情に変化が生まれる。勇者が魔神王を討ち倒したという知らせに街は沸き立ち、剣の乙女からはゴブリンの悪夢を見なくなったことへの感謝の手紙が届く。しばらくゴブリン退治の依頼の無い平和な日々が続いていたが、ある朝、牧場の近くに大量のゴブリンの足跡が見つかる。 (ja)
  • 大目玉が守っていたのは巨大な鏡で、どうやら遠く離れたゴブリンの住処と繋がった転移の鏡であるらしい。大爆発の音を聞きつけたゴブリンチャンピオン率いるゴブリンたちによる襲撃を阻塞(バリケード)を作って食い止めながら、蜥蜴僧侶が怪力で鏡を引きはがして頭上に掲げながら鉱人道士が術で天井を崩落させ、ゴブリンたちを全滅させる。事件解決の報告に剣の乙女のもとを訪れたゴブリンスレイヤーは、彼女による情報操作を指摘して真意を問いただす。ゴブリンに陵辱されて眼を焼かれた過去のトラウマから、毎晩うなされる苦しみを街の皆に分かって欲しかったが分かってもらえなかったという剣の乙女に、ゴブリンスレイヤーはゴブリンが現れたならたとえ夢の中でもそれを殺しに行くと告げて別れる。 (ja)
  • 辺境の街の下水道では、新米剣士と見習聖女が巨大鼠退治に臨んでいたが、大黒蟲の襲撃で巨大鼠に刺さった剣を回収できないまま逃げ帰る羽目になってしまう。他の冒険者に相談した2人は魔女から無くし物を捜す蝋燭を貰い、ゴブリンスレイヤーから代わりに棍棒を持つことを助言され、どうにか剣を回収する。その後、ゴブリンスレイヤーはギルドの受付嬢から圃人斥候の昇級審査の立ち会いを求められる。お宝をくすねていたことを見破られて降格処分を言い渡された圃人斥候は、怒りで受付嬢を襲おうとするもゴブリンスレイヤーに睨まれて捨て台詞を残し、立ち去る。そんなゴブリンスレイヤーのもとに、遠方から特別な様式での依頼書が届けられる。 (ja)
  • 遺跡に進入したゴブリンスレイヤー一行は途中で女森人を救出し、奥底近くへ到達する。鉱人道士の術で大勢のゴブリンたちを眠らせ、女神官の奇跡による無音の中、他の3人が黙々とゴブリンたちを始末してゆく。そしてさらに奥へ進もうとした一行の前に、巨大なオーガが立ちはだかる。その圧倒的な戦闘能力と回復能力により、一行は全滅寸前まで追い詰められるが、ゴブリンスレイヤーは転移の巻物を広げて深海の海底へ繋げ、その海水による高圧水流でオーガの身体を切り刻み、辛勝を得る。 (ja)
  • 妖精弓手・鉱人道士・蜥蜴僧侶の銀等級冒険者3人組が人捜しに辺境の街の冒険者ギルドを訪れるが、「オルクボルグ」やら「かみきり丸」やらと言うばかりで話が通じない末、ようやくゴブリンスレイヤーのことと判明する。その一方、女神官は「辺境最強」の槍使いに同行する魔女から、これからどうするかを決めるよう諭される。妖精弓手らはゴブリンスレイヤーに「森人の領地の遺跡に巣くったゴブリンたちの退治」を依頼し、その奇妙な性格に翻弄されながらも、女神官を加えた5人で旅立つこととなる。 (ja)
prop-ja:tablestyle
  • font-size:small (ja)
  • font-size:small (ja)
prop-ja:title
  • (ja)
  • サブタイトル (ja)
  • タイトル (ja)
  • ある冒険者たちの結末 (ja)
  • ある冒険者の結末 (ja)
  • まどろみの中で (ja)
  • ゴブリンスレイヤー -GOBLIN'S CROWN- (ja)
  • 冒険と日常と (ja)
  • 冒険者の饗宴 (ja)
  • 囁きと祈りと詠唱 (ja)
  • 小鬼を殺す者 (ja)
  • 強き者ども (ja)
  • 往きて、還りし (ja)
  • 思いがけない来客 (ja)
  • 死へ進め (ja)
  • 水の街の小鬼殺し (ja)
  • (ja)
  • サブタイトル (ja)
  • タイトル (ja)
  • ある冒険者たちの結末 (ja)
  • ある冒険者の結末 (ja)
  • まどろみの中で (ja)
  • ゴブリンスレイヤー -GOBLIN'S CROWN- (ja)
  • 冒険と日常と (ja)
  • 冒険者の饗宴 (ja)
  • 囁きと祈りと詠唱 (ja)
  • 小鬼を殺す者 (ja)
  • 強き者ども (ja)
  • 往きて、還りし (ja)
  • 思いがけない来客 (ja)
  • 死へ進め (ja)
  • 水の街の小鬼殺し (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他
  • PG12指定 (ja)
  • PG12指定 (ja)
prop-ja:アニメーション制作
prop-ja:イラスト
prop-ja:インターネット
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:ウィキプロジェクト
prop-ja:ウィキポータル
prop-ja:キャラクターデザイン
  • 永吉隆志 (ja)
  • 永吉隆志 (ja)
prop-ja:シリーズ構成
prop-ja:ジャンル
prop-ja:タイトル
  • -GOBLIN'S CROWN- (ja)
  • ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン (ja)
  • ゴブリンスレイヤー:ブランニュー・デイ (ja)
  • ゴブリンスレイヤー (ja)
  • ゴブリンスレイヤー外伝2 (ja)
  • 鍔鳴の太刀《ダイ・カタナ》 (ja)
  • -GOBLIN'S CROWN- (ja)
  • ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン (ja)
  • ゴブリンスレイヤー:ブランニュー・デイ (ja)
  • ゴブリンスレイヤー (ja)
  • ゴブリンスレイヤー外伝2 (ja)
  • 鍔鳴の太刀《ダイ・カタナ》 (ja)
prop-ja:レーベル
  • dbpedia-ja:GA文庫
  • GAノベル (ja)
  • GA文庫 (ja)
  • ビッグガンガンコミックス (ja)
  • ヤングガンガンコミックス (ja)
prop-ja:作画
prop-ja:作者
  • (キャラクター原案) (ja)
  • lack(キャラクター原案) (ja)
  • 神奈月昇(キャラクター原案) (ja)
  • 蝸牛くも(原作) (ja)
  • 足立慎吾/神奈月昇 (ja)
  • (キャラクター原案) (ja)
  • lack(キャラクター原案) (ja)
  • 神奈月昇(キャラクター原案) (ja)
  • 蝸牛くも(原作) (ja)
  • 足立慎吾/神奈月昇 (ja)
prop-ja:出版社
prop-ja:原作
  • 蝸牛くも (ja)
  • 蝸牛くも (ja)
prop-ja:収録時間
  • 60 (xsd:integer)
prop-ja:巻数
  • --01-01
  • 全2巻 (ja)
  • 既刊2巻(2020年10月現在) (ja)
  • 既刊13巻(2020年10月現在) (ja)
  • 既刊6巻(2020年10月現在) (ja)
  • 既刊10巻(2020年10月現在) (ja)
prop-ja:掲載誌
prop-ja:放送局
prop-ja:放送終了
  • 1930-02-01 (xsd:date)
prop-ja:放送開始
  • --10-07
prop-ja:画像
  • Goblin Slayer alternative logo.svg (ja)
  • Goblin Slayer alternative logo.svg (ja)
prop-ja:発売日
  • --07-29
prop-ja:監督
  • 尾崎隆晴 (ja)
  • 尾崎隆晴 (ja)
prop-ja:終了
  • (劇場上映) (ja)
  • (劇場上映) (ja)
prop-ja:終了号
  • 2019 (xsd:integer)
prop-ja:終了日
  • --04-25
  • --05-25
prop-ja:脚本
  • 倉田英之 (ja)
  • 倉田英之 (ja)
prop-ja:著者
prop-ja:製作
  • ゴブリンスレイヤー GC 製作委員会 (ja)
  • ゴブリンスレイヤー製作委員会 (ja)
  • ゴブリンスレイヤー GC 製作委員会 (ja)
  • ゴブリンスレイヤー製作委員会 (ja)
prop-ja:話数
  • 全1話 (ja)
  • 第1期:全12話 (ja)
  • 全1話 (ja)
  • 第1期:全12話 (ja)
prop-ja:開始
  • --02-01
prop-ja:開始号
  • 2016 (xsd:integer)
  • 2017 (xsd:integer)
  • 2018 (xsd:integer)
prop-ja:開始日
  • 2016 (xsd:integer)
  • 2018 (xsd:integer)
  • --02-14
  • --05-25
  • --08-30
  • --09-15
prop-ja:音楽
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『ゴブリンスレイヤー』(GOBLIN SLAYER!)は、蝸牛くもによる日本のオンライン小説およびライトノベル。文庫版はGA文庫(SBクリエイティブ)より2016年2月から刊行され、イラストは神奈月昇。略称は「ゴブスレ」。 元はWEB作品であるが、一般的なオンライン小説ではなく、いわゆる「やる夫スレ」(やる夫参照)でAA(アスキーアート)と組み合せて公開されていた作品であり、これを一般小説化した作品である。「このライトノベルがすごい!2017」の新作部門で1位。 (ja)
  • 『ゴブリンスレイヤー』(GOBLIN SLAYER!)は、蝸牛くもによる日本のオンライン小説およびライトノベル。文庫版はGA文庫(SBクリエイティブ)より2016年2月から刊行され、イラストは神奈月昇。略称は「ゴブスレ」。 元はWEB作品であるが、一般的なオンライン小説ではなく、いわゆる「やる夫スレ」(やる夫参照)でAA(アスキーアート)と組み合せて公開されていた作品であり、これを一般小説化した作品である。「このライトノベルがすごい!2017」の新作部門で1位。 (ja)
rdfs:label
  • ゴブリンスレイヤー (ja)
  • ゴブリンスレイヤー (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ゴブリンスレイヤー (ja)
  • ゴブリンスレイヤー (ja)
is dbo:notableWork of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of