クリストフォロ・ランディーノ(Christoforo Landino 1424年 - 1498年9月24日)は、イタリア・ルネサンスの人文主義者。メディチ家のプラトン・アカデミーに集まった人物の一人。 ネオプラトニズムの立場からダンテ『神曲』の注釈書を著し、当時の知識人に大きな影響を与えた。彫刻家ミケランジェロもランディーノの著作から多くを学んだと言われる。 * 『神曲』の注釈書(1481年版)で木星と土星が接近する1484年に世界の再生が訪れるという説を唱えた。 * 1468年にはカマルドリ修道院でフィチーノ、アルベルティらにより「至高の善」をめぐる討論会が開かれた。ランディーノの『カマルドリ論談』はその記録である。

Property Value
dbo:abstract
  • クリストフォロ・ランディーノ(Christoforo Landino 1424年 - 1498年9月24日)は、イタリア・ルネサンスの人文主義者。メディチ家のプラトン・アカデミーに集まった人物の一人。 ネオプラトニズムの立場からダンテ『神曲』の注釈書を著し、当時の知識人に大きな影響を与えた。彫刻家ミケランジェロもランディーノの著作から多くを学んだと言われる。 * 『神曲』の注釈書(1481年版)で木星と土星が接近する1484年に世界の再生が訪れるという説を唱えた。 * 1468年にはカマルドリ修道院でフィチーノ、アルベルティらにより「至高の善」をめぐる討論会が開かれた。ランディーノの『カマルドリ論談』はその記録である。 (ja)
  • クリストフォロ・ランディーノ(Christoforo Landino 1424年 - 1498年9月24日)は、イタリア・ルネサンスの人文主義者。メディチ家のプラトン・アカデミーに集まった人物の一人。 ネオプラトニズムの立場からダンテ『神曲』の注釈書を著し、当時の知識人に大きな影響を与えた。彫刻家ミケランジェロもランディーノの著作から多くを学んだと言われる。 * 『神曲』の注釈書(1481年版)で木星と土星が接近する1484年に世界の再生が訪れるという説を唱えた。 * 1468年にはカマルドリ修道院でフィチーノ、アルベルティらにより「至高の善」をめぐる討論会が開かれた。ランディーノの『カマルドリ論談』はその記録である。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 372868 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 762 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 66530640 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dct:subject
rdfs:comment
  • クリストフォロ・ランディーノ(Christoforo Landino 1424年 - 1498年9月24日)は、イタリア・ルネサンスの人文主義者。メディチ家のプラトン・アカデミーに集まった人物の一人。 ネオプラトニズムの立場からダンテ『神曲』の注釈書を著し、当時の知識人に大きな影響を与えた。彫刻家ミケランジェロもランディーノの著作から多くを学んだと言われる。 * 『神曲』の注釈書(1481年版)で木星と土星が接近する1484年に世界の再生が訪れるという説を唱えた。 * 1468年にはカマルドリ修道院でフィチーノ、アルベルティらにより「至高の善」をめぐる討論会が開かれた。ランディーノの『カマルドリ論談』はその記録である。 (ja)
  • クリストフォロ・ランディーノ(Christoforo Landino 1424年 - 1498年9月24日)は、イタリア・ルネサンスの人文主義者。メディチ家のプラトン・アカデミーに集まった人物の一人。 ネオプラトニズムの立場からダンテ『神曲』の注釈書を著し、当時の知識人に大きな影響を与えた。彫刻家ミケランジェロもランディーノの著作から多くを学んだと言われる。 * 『神曲』の注釈書(1481年版)で木星と土星が接近する1484年に世界の再生が訪れるという説を唱えた。 * 1468年にはカマルドリ修道院でフィチーノ、アルベルティらにより「至高の善」をめぐる討論会が開かれた。ランディーノの『カマルドリ論談』はその記録である。 (ja)
rdfs:label
  • クリストフォロ・ランディーノ (ja)
  • クリストフォロ・ランディーノ (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of