キリストの磔刑(キリストのたっけい)は、キリスト教の聖典である新約聖書の四『福音書』に書かれているエピソードの一つ。ナザレのイエスがエルサレム神殿を頂点とするユダヤ教体制を批判したため、死刑の権限のないユダヤ人の指導者たちによって、その権限のある支配者ローマ帝国へ反逆者として渡され、公開処刑の死刑である十字架に磔(はりつけ)になって処刑されたというものである。

Property Value
dbo:abstract
  • キリストの磔刑(キリストのたっけい)は、キリスト教の聖典である新約聖書の四『福音書』に書かれているエピソードの一つ。ナザレのイエスがエルサレム神殿を頂点とするユダヤ教体制を批判したため、死刑の権限のないユダヤ人の指導者たちによって、その権限のある支配者ローマ帝国へ反逆者として渡され、公開処刑の死刑である十字架に磔(はりつけ)になって処刑されたというものである。 (ja)
  • キリストの磔刑(キリストのたっけい)は、キリスト教の聖典である新約聖書の四『福音書』に書かれているエピソードの一つ。ナザレのイエスがエルサレム神殿を頂点とするユダヤ教体制を批判したため、死刑の権限のないユダヤ人の指導者たちによって、その権限のある支配者ローマ帝国へ反逆者として渡され、公開処刑の死刑である十字架に磔(はりつけ)になって処刑されたというものである。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 7687 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6344 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79143202 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • キリストの磔刑(キリストのたっけい)は、キリスト教の聖典である新約聖書の四『福音書』に書かれているエピソードの一つ。ナザレのイエスがエルサレム神殿を頂点とするユダヤ教体制を批判したため、死刑の権限のないユダヤ人の指導者たちによって、その権限のある支配者ローマ帝国へ反逆者として渡され、公開処刑の死刑である十字架に磔(はりつけ)になって処刑されたというものである。 (ja)
  • キリストの磔刑(キリストのたっけい)は、キリスト教の聖典である新約聖書の四『福音書』に書かれているエピソードの一つ。ナザレのイエスがエルサレム神殿を頂点とするユダヤ教体制を批判したため、死刑の権限のないユダヤ人の指導者たちによって、その権限のある支配者ローマ帝国へ反逆者として渡され、公開処刑の死刑である十字架に磔(はりつけ)になって処刑されたというものである。 (ja)
rdfs:label
  • キリストの磔刑 (ja)
  • キリストの磔刑 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of