キャブレター(英: carburetor)はガソリンや液化石油ガスなどを燃料とする予混合燃焼機関において燃料を空気と混合する装置である、フロート式や燃料噴射式などがある。ガソリンやメタノールのように常温常圧で液体の燃料はベルヌーイの法則を利用して吸入空気へ霧状に散布して、噴霧粒子が蒸発することで混合される。英語ではcarburatorと表記される場合や、イングランド地域の英語でcarburettorと表記される場合もあり、“kahr-buh-rey-ter”(米)や“kahr-byuh-ret-er”(英)と発音される。日本語では気化器と呼ばれる場合もあり、戦前や戦後間もなくの頃は原語の発音により近いカーブレーターと表記されることもあった。

Property Value
dbo:abstract
  • キャブレター(英: carburetor)はガソリンや液化石油ガスなどを燃料とする予混合燃焼機関において燃料を空気と混合する装置である、フロート式や燃料噴射式などがある。ガソリンやメタノールのように常温常圧で液体の燃料はベルヌーイの法則を利用して吸入空気へ霧状に散布して、噴霧粒子が蒸発することで混合される。英語ではcarburatorと表記される場合や、イングランド地域の英語でcarburettorと表記される場合もあり、“kahr-buh-rey-ter”(米)や“kahr-byuh-ret-er”(英)と発音される。日本語では気化器と呼ばれる場合もあり、戦前や戦後間もなくの頃は原語の発音により近いカーブレーターと表記されることもあった。 (ja)
  • キャブレター(英: carburetor)はガソリンや液化石油ガスなどを燃料とする予混合燃焼機関において燃料を空気と混合する装置である、フロート式や燃料噴射式などがある。ガソリンやメタノールのように常温常圧で液体の燃料はベルヌーイの法則を利用して吸入空気へ霧状に散布して、噴霧粒子が蒸発することで混合される。英語ではcarburatorと表記される場合や、イングランド地域の英語でcarburettorと表記される場合もあり、“kahr-buh-rey-ter”(米)や“kahr-byuh-ret-er”(英)と発音される。日本語では気化器と呼ばれる場合もあり、戦前や戦後間もなくの頃は原語の発音により近いカーブレーターと表記されることもあった。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 61051 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 20857 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81244549 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • center (ja)
  • center (ja)
prop-ja:caption
  • 1962 (xsd:integer)
  • 1968 (xsd:integer)
  • 1988 (xsd:integer)
prop-ja:direction
  • horizontal (ja)
  • horizontal (ja)
prop-ja:image
  • 1968 (xsd:integer)
  • Corvair turbo engine.jpg (ja)
  • Mitsubishi 3G81T engine .JPG (ja)
prop-ja:width
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • キャブレター(英: carburetor)はガソリンや液化石油ガスなどを燃料とする予混合燃焼機関において燃料を空気と混合する装置である、フロート式や燃料噴射式などがある。ガソリンやメタノールのように常温常圧で液体の燃料はベルヌーイの法則を利用して吸入空気へ霧状に散布して、噴霧粒子が蒸発することで混合される。英語ではcarburatorと表記される場合や、イングランド地域の英語でcarburettorと表記される場合もあり、“kahr-buh-rey-ter”(米)や“kahr-byuh-ret-er”(英)と発音される。日本語では気化器と呼ばれる場合もあり、戦前や戦後間もなくの頃は原語の発音により近いカーブレーターと表記されることもあった。 (ja)
  • キャブレター(英: carburetor)はガソリンや液化石油ガスなどを燃料とする予混合燃焼機関において燃料を空気と混合する装置である、フロート式や燃料噴射式などがある。ガソリンやメタノールのように常温常圧で液体の燃料はベルヌーイの法則を利用して吸入空気へ霧状に散布して、噴霧粒子が蒸発することで混合される。英語ではcarburatorと表記される場合や、イングランド地域の英語でcarburettorと表記される場合もあり、“kahr-buh-rey-ter”(米)や“kahr-byuh-ret-er”(英)と発音される。日本語では気化器と呼ばれる場合もあり、戦前や戦後間もなくの頃は原語の発音により近いカーブレーターと表記されることもあった。 (ja)
rdfs:label
  • キャブレター (ja)
  • キャブレター (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:エンジン of
is prop-ja:燃料供給装置 of
is foaf:primaryTopic of