『キャッツ』(Cats)は、T・S・エリオットによる詩集『キャッツ - ポッサムおじさんの猫とつき合う法』(The Old Possum's Book of Practical Cats)を元にした、アンドルー・ロイド・ウェバーが作曲を手掛けたミュージカル作品である。 マンカストラップ、ラム・タム・タガーといった個性的な猫たちが都会のごみ捨て場を舞台に、踊りと歌を繰り広げる。人間が一切出てこない演出と振付が特徴となっている。ニューヨークでの連続上演回数は、2006年1月9日に『オペラ座の怪人』に抜かれるまでブロードウェイでのロングラン公演記録であった。世界で興行が最も成功したミュージカル作品のひとつである。 2019年時点で、全世界での観客動員数は7300万人を上回る。 2019年12月20日、本作を原作としたトム・フーパーの監督による長編映画『キャッツ』が米国で公開。日本では2020年1月24日公開。

Property Value
dbo:abstract
  • 『キャッツ』(Cats)は、T・S・エリオットによる詩集『キャッツ - ポッサムおじさんの猫とつき合う法』(The Old Possum's Book of Practical Cats)を元にした、アンドルー・ロイド・ウェバーが作曲を手掛けたミュージカル作品である。 マンカストラップ、ラム・タム・タガーといった個性的な猫たちが都会のごみ捨て場を舞台に、踊りと歌を繰り広げる。人間が一切出てこない演出と振付が特徴となっている。ニューヨークでの連続上演回数は、2006年1月9日に『オペラ座の怪人』に抜かれるまでブロードウェイでのロングラン公演記録であった。世界で興行が最も成功したミュージカル作品のひとつである。 2019年時点で、全世界での観客動員数は7300万人を上回る。 2019年12月20日、本作を原作としたトム・フーパーの監督による長編映画『キャッツ』が米国で公開。日本では2020年1月24日公開。 (ja)
  • 『キャッツ』(Cats)は、T・S・エリオットによる詩集『キャッツ - ポッサムおじさんの猫とつき合う法』(The Old Possum's Book of Practical Cats)を元にした、アンドルー・ロイド・ウェバーが作曲を手掛けたミュージカル作品である。 マンカストラップ、ラム・タム・タガーといった個性的な猫たちが都会のごみ捨て場を舞台に、踊りと歌を繰り広げる。人間が一切出てこない演出と振付が特徴となっている。ニューヨークでの連続上演回数は、2006年1月9日に『オペラ座の怪人』に抜かれるまでブロードウェイでのロングラン公演記録であった。世界で興行が最も成功したミュージカル作品のひとつである。 2019年時点で、全世界での観客動員数は7300万人を上回る。 2019年12月20日、本作を原作としたトム・フーパーの監督による長編映画『キャッツ』が米国で公開。日本では2020年1月24日公開。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 65778 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 18136 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81415955 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:awards
  • トニー賞 オリジナル楽曲賞 (ja)
  • ローレンス・オリヴィエ賞 最優秀新作ミュージカル賞 (ja)
  • トニー賞 ミュージカル作品賞 (ja)
  • トニー賞 ミュージカル脚本賞 (ja)
  • トニー賞 オリジナル楽曲賞 (ja)
  • ローレンス・オリヴィエ賞 最優秀新作ミュージカル賞 (ja)
  • トニー賞 ミュージカル作品賞 (ja)
  • トニー賞 ミュージカル脚本賞 (ja)
prop-ja:basis
  • T・S・エリオット『キャッツ - ポッサムおじさんの猫とつき合う法』(The Old Possum's Book of Practical Cats) (ja)
  • T・S・エリオット『キャッツ - ポッサムおじさんの猫とつき合う法』(The Old Possum's Book of Practical Cats) (ja)
prop-ja:caption
  • 主要出演者一同 (ja)
  • 主要出演者一同 (ja)
prop-ja:lyrics
prop-ja:music
prop-ja:origTitle
  • Cats (ja)
  • Cats (ja)
prop-ja:productions
  • 1981 (xsd:integer)
  • 1982 (xsd:integer)
  • 1983 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • キャッツ (ja)
  • キャッツ (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 『キャッツ』(Cats)は、T・S・エリオットによる詩集『キャッツ - ポッサムおじさんの猫とつき合う法』(The Old Possum's Book of Practical Cats)を元にした、アンドルー・ロイド・ウェバーが作曲を手掛けたミュージカル作品である。 マンカストラップ、ラム・タム・タガーといった個性的な猫たちが都会のごみ捨て場を舞台に、踊りと歌を繰り広げる。人間が一切出てこない演出と振付が特徴となっている。ニューヨークでの連続上演回数は、2006年1月9日に『オペラ座の怪人』に抜かれるまでブロードウェイでのロングラン公演記録であった。世界で興行が最も成功したミュージカル作品のひとつである。 2019年時点で、全世界での観客動員数は7300万人を上回る。 2019年12月20日、本作を原作としたトム・フーパーの監督による長編映画『キャッツ』が米国で公開。日本では2020年1月24日公開。 (ja)
  • 『キャッツ』(Cats)は、T・S・エリオットによる詩集『キャッツ - ポッサムおじさんの猫とつき合う法』(The Old Possum's Book of Practical Cats)を元にした、アンドルー・ロイド・ウェバーが作曲を手掛けたミュージカル作品である。 マンカストラップ、ラム・タム・タガーといった個性的な猫たちが都会のごみ捨て場を舞台に、踊りと歌を繰り広げる。人間が一切出てこない演出と振付が特徴となっている。ニューヨークでの連続上演回数は、2006年1月9日に『オペラ座の怪人』に抜かれるまでブロードウェイでのロングラン公演記録であった。世界で興行が最も成功したミュージカル作品のひとつである。 2019年時点で、全世界での観客動員数は7300万人を上回る。 2019年12月20日、本作を原作としたトム・フーパーの監督による長編映画『キャッツ』が米国で公開。日本では2020年1月24日公開。 (ja)
rdfs:label
  • キャッツ (ミュージカル) (ja)
  • キャッツ (ミュージカル) (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:notableWork of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:主な作品 of
is prop-ja:用途 of
is foaf:primaryTopic of