キノコ(茸、菌、蕈、英: Mushroom)とは、特定の菌類のうちで、比較的大型の(しばしば突起した)子実体あるいは、そのものをいう俗称である。またしばしば、キノコという言葉は特定の菌類の総称として扱われるが、本来は上述の通り構造物であり、菌類の分類のことではない。子実体を作らない菌類はカビである。植物とは明確に異なる。ここでいう「大型」に明確な基準はないが、肉眼で確認できる程度の大きさのものをキノコという場合が多い。食用、精神作用用にもされるが毒性を持つ種もある。語源的には、「木+の+子」と分析できる。目に見える大きさになる子実体を持つ菌は、担子菌門 Basidiomycota か子嚢菌門 Ascomycota に属するものが多い。日本では約300種が食用にされ、うち十数種が人為的にキノコ栽培されている。日本では既知の約2500種と2、3倍程度の未知種があるとされ、そのうちよく知られた毒キノコは約200種で、20種ほどは中毒者が多かったり死に至る猛毒がある。

Property Value
dbo:abstract
  • キノコ(茸、菌、蕈、英: Mushroom)とは、特定の菌類のうちで、比較的大型の(しばしば突起した)子実体あるいは、そのものをいう俗称である。またしばしば、キノコという言葉は特定の菌類の総称として扱われるが、本来は上述の通り構造物であり、菌類の分類のことではない。子実体を作らない菌類はカビである。植物とは明確に異なる。ここでいう「大型」に明確な基準はないが、肉眼で確認できる程度の大きさのものをキノコという場合が多い。食用、精神作用用にもされるが毒性を持つ種もある。語源的には、「木+の+子」と分析できる。目に見える大きさになる子実体を持つ菌は、担子菌門 Basidiomycota か子嚢菌門 Ascomycota に属するものが多い。日本では約300種が食用にされ、うち十数種が人為的にキノコ栽培されている。日本では既知の約2500種と2、3倍程度の未知種があるとされ、そのうちよく知られた毒キノコは約200種で、20種ほどは中毒者が多かったり死に至る猛毒がある。 (ja)
  • キノコ(茸、菌、蕈、英: Mushroom)とは、特定の菌類のうちで、比較的大型の(しばしば突起した)子実体あるいは、そのものをいう俗称である。またしばしば、キノコという言葉は特定の菌類の総称として扱われるが、本来は上述の通り構造物であり、菌類の分類のことではない。子実体を作らない菌類はカビである。植物とは明確に異なる。ここでいう「大型」に明確な基準はないが、肉眼で確認できる程度の大きさのものをキノコという場合が多い。食用、精神作用用にもされるが毒性を持つ種もある。語源的には、「木+の+子」と分析できる。目に見える大きさになる子実体を持つ菌は、担子菌門 Basidiomycota か子嚢菌門 Ascomycota に属するものが多い。日本では約300種が食用にされ、うち十数種が人為的にキノコ栽培されている。日本では既知の約2500種と2、3倍程度の未知種があるとされ、そのうちよく知られた毒キノコは約200種で、20種ほどは中毒者が多かったり死に至る猛毒がある。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 32675 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 34218 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 34681 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81515560 (xsd:integer)
  • 86766238 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 20150610214924 (xsd:decimal)
  • 20161121182828 (xsd:decimal)
prop-ja:title
  • きのこの栽培方法(特許庁総務部企画調査課) (ja)
  • 食用キノコ廃培地の堆肥化について(PDF、吉田兼之、北海道立林産試験場、1994年) (ja)
  • きのこの栽培方法(特許庁総務部企画調査課) (ja)
  • 食用キノコ廃培地の堆肥化について(PDF、吉田兼之、北海道立林産試験場、1994年) (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • キノコ(茸、菌、蕈、英: Mushroom)とは、特定の菌類のうちで、比較的大型の(しばしば突起した)子実体あるいは、そのものをいう俗称である。またしばしば、キノコという言葉は特定の菌類の総称として扱われるが、本来は上述の通り構造物であり、菌類の分類のことではない。子実体を作らない菌類はカビである。植物とは明確に異なる。ここでいう「大型」に明確な基準はないが、肉眼で確認できる程度の大きさのものをキノコという場合が多い。食用、精神作用用にもされるが毒性を持つ種もある。語源的には、「木+の+子」と分析できる。目に見える大きさになる子実体を持つ菌は、担子菌門 Basidiomycota か子嚢菌門 Ascomycota に属するものが多い。日本では約300種が食用にされ、うち十数種が人為的にキノコ栽培されている。日本では既知の約2500種と2、3倍程度の未知種があるとされ、そのうちよく知られた毒キノコは約200種で、20種ほどは中毒者が多かったり死に至る猛毒がある。 (ja)
  • キノコ(茸、菌、蕈、英: Mushroom)とは、特定の菌類のうちで、比較的大型の(しばしば突起した)子実体あるいは、そのものをいう俗称である。またしばしば、キノコという言葉は特定の菌類の総称として扱われるが、本来は上述の通り構造物であり、菌類の分類のことではない。子実体を作らない菌類はカビである。植物とは明確に異なる。ここでいう「大型」に明確な基準はないが、肉眼で確認できる程度の大きさのものをキノコという場合が多い。食用、精神作用用にもされるが毒性を持つ種もある。語源的には、「木+の+子」と分析できる。目に見える大きさになる子実体を持つ菌は、担子菌門 Basidiomycota か子嚢菌門 Ascomycota に属するものが多い。日本では約300種が食用にされ、うち十数種が人為的にキノコ栽培されている。日本では既知の約2500種と2、3倍程度の未知種があるとされ、そのうちよく知られた毒キノコは約200種で、20種ほどは中毒者が多かったり死に至る猛毒がある。 (ja)
rdfs:label
  • キノコ (ja)
  • キノコ (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:ingredient of
is dbo:knownFor of
is dbo:pictureDescription of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:mainIngredient of
is prop-ja:variations of
is prop-ja:事業内容 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of