『キツネ狩り』(きつねがり、英: The Fox Hunt)は、アメリカ合衆国の画家ウィンスロー・ホーマーの1893年のキャンバスに油彩で描いた絵画作品である。これは、腹を空かせたカラスらに脅かされて深雪のなかを走っているキツネを描いている。彼の最大、唯一の作品として、これは「ホーマーの最も偉大なダーウィン的な絵、論証可能であるがいかなる種類であるにせよ彼の最も偉大な絵」と評されている。 『キツネ狩り』は、1893年の冬のあいだにメイン州プローツ・ネック(Prouts Neck)のホーマーのアトリエで描かれた。絵は食料を探し回るキツネを描き、こんどはキツネが飢えのために捕食に駆られるカラスらに狩られつつある。左では赤い漿果の小枝が幾本か雪を破り、そして遠くでは海岸線が、そして深い青の空の下には海洋が見えるであろう。

Property Value
dbo:abstract
  • 『キツネ狩り』(きつねがり、英: The Fox Hunt)は、アメリカ合衆国の画家ウィンスロー・ホーマーの1893年のキャンバスに油彩で描いた絵画作品である。これは、腹を空かせたカラスらに脅かされて深雪のなかを走っているキツネを描いている。彼の最大、唯一の作品として、これは「ホーマーの最も偉大なダーウィン的な絵、論証可能であるがいかなる種類であるにせよ彼の最も偉大な絵」と評されている。 『キツネ狩り』は、1893年の冬のあいだにメイン州プローツ・ネック(Prouts Neck)のホーマーのアトリエで描かれた。絵は食料を探し回るキツネを描き、こんどはキツネが飢えのために捕食に駆られるカラスらに狩られつつある。左では赤い漿果の小枝が幾本か雪を破り、そして遠くでは海岸線が、そして深い青の空の下には海洋が見えるであろう。 (ja)
  • 『キツネ狩り』(きつねがり、英: The Fox Hunt)は、アメリカ合衆国の画家ウィンスロー・ホーマーの1893年のキャンバスに油彩で描いた絵画作品である。これは、腹を空かせたカラスらに脅かされて深雪のなかを走っているキツネを描いている。彼の最大、唯一の作品として、これは「ホーマーの最も偉大なダーウィン的な絵、論証可能であるがいかなる種類であるにせよ彼の最も偉大な絵」と評されている。 『キツネ狩り』は、1893年の冬のあいだにメイン州プローツ・ネック(Prouts Neck)のホーマーのアトリエで描かれた。絵は食料を探し回るキツネを描き、こんどはキツネが飢えのために捕食に駆られるカラスらに狩られつつある。左では赤い漿果の小枝が幾本か雪を破り、そして遠くでは海岸線が、そして深い青の空の下には海洋が見えるであろう。 (ja)
dbo:creator
dbo:location
dbo:painter
dbo:title
  • The Fox Hunt (ja)
  • The Fox Hunt (ja)
dbo:type
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2848718 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4348 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78756773 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:artist
prop-ja:city
prop-ja:height
  • 96.500000 (xsd:double)
prop-ja:imageFile
  • Fox Hunt 1893 Winslow Homer.jpg (ja)
  • Fox Hunt 1893 Winslow Homer.jpg (ja)
prop-ja:imageSize
  • 350 (xsd:integer)
prop-ja:museum
  • ペンシルヴェニア美術アカデミー (ja)
  • ペンシルヴェニア美術アカデミー (ja)
prop-ja:otherLanguage
prop-ja:otherTitle
  • The Fox Hunt (ja)
  • The Fox Hunt (ja)
prop-ja:title
  • キツネ狩り (ja)
  • キツネ狩り (ja)
prop-ja:type
prop-ja:width
  • 174 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 1893 (xsd:integer)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『キツネ狩り』(きつねがり、英: The Fox Hunt)は、アメリカ合衆国の画家ウィンスロー・ホーマーの1893年のキャンバスに油彩で描いた絵画作品である。これは、腹を空かせたカラスらに脅かされて深雪のなかを走っているキツネを描いている。彼の最大、唯一の作品として、これは「ホーマーの最も偉大なダーウィン的な絵、論証可能であるがいかなる種類であるにせよ彼の最も偉大な絵」と評されている。 『キツネ狩り』は、1893年の冬のあいだにメイン州プローツ・ネック(Prouts Neck)のホーマーのアトリエで描かれた。絵は食料を探し回るキツネを描き、こんどはキツネが飢えのために捕食に駆られるカラスらに狩られつつある。左では赤い漿果の小枝が幾本か雪を破り、そして遠くでは海岸線が、そして深い青の空の下には海洋が見えるであろう。 (ja)
  • 『キツネ狩り』(きつねがり、英: The Fox Hunt)は、アメリカ合衆国の画家ウィンスロー・ホーマーの1893年のキャンバスに油彩で描いた絵画作品である。これは、腹を空かせたカラスらに脅かされて深雪のなかを走っているキツネを描いている。彼の最大、唯一の作品として、これは「ホーマーの最も偉大なダーウィン的な絵、論証可能であるがいかなる種類であるにせよ彼の最も偉大な絵」と評されている。 『キツネ狩り』は、1893年の冬のあいだにメイン州プローツ・ネック(Prouts Neck)のホーマーのアトリエで描かれた。絵は食料を探し回るキツネを描き、こんどはキツネが飢えのために捕食に駆られるカラスらに狩られつつある。左では赤い漿果の小枝が幾本か雪を破り、そして遠くでは海岸線が、そして深い青の空の下には海洋が見えるであろう。 (ja)
rdfs:label
  • キツネ狩り (美術) (ja)
  • キツネ狩り (美術) (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • キツネ狩り (ja)
  • キツネ狩り (ja)
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of