カール・マルクス(ドイツ語: Karl Marx, 1818年5月5日 - 1883年3月14日)は、ドイツ・プロイセン王国出身の哲学者、思想家、経済学者、革命家。社会主義および労働運動に強い影響を与えた。1845年にプロイセン国籍を離脱しており、以降は無国籍者であった。1849年(31歳)の渡英以降はイギリスを拠点として活動した。 フリードリヒ・エンゲルスの協力を得ながら、包括的な世界観および革命思想として科学的社会主義(マルクス主義)を打ちたて、資本主義の高度な発展により社会主義・共産主義社会が到来する必然性を説いた。ライフワークとしていた資本主義社会の研究は『資本論』に結実し、その理論に依拠した経済学体系はマルクス経済学と呼ばれ、20世紀以降の国際政治や思想に多大な影響を与えた。

Property Value
dbo:abstract
  • カール・マルクス(ドイツ語: Karl Marx, 1818年5月5日 - 1883年3月14日)は、ドイツ・プロイセン王国出身の哲学者、思想家、経済学者、革命家。社会主義および労働運動に強い影響を与えた。1845年にプロイセン国籍を離脱しており、以降は無国籍者であった。1849年(31歳)の渡英以降はイギリスを拠点として活動した。 フリードリヒ・エンゲルスの協力を得ながら、包括的な世界観および革命思想として科学的社会主義(マルクス主義)を打ちたて、資本主義の高度な発展により社会主義・共産主義社会が到来する必然性を説いた。ライフワークとしていた資本主義社会の研究は『資本論』に結実し、その理論に依拠した経済学体系はマルクス経済学と呼ばれ、20世紀以降の国際政治や思想に多大な影響を与えた。 (ja)
  • カール・マルクス(ドイツ語: Karl Marx, 1818年5月5日 - 1883年3月14日)は、ドイツ・プロイセン王国出身の哲学者、思想家、経済学者、革命家。社会主義および労働運動に強い影響を与えた。1845年にプロイセン国籍を離脱しており、以降は無国籍者であった。1849年(31歳)の渡英以降はイギリスを拠点として活動した。 フリードリヒ・エンゲルスの協力を得ながら、包括的な世界観および革命思想として科学的社会主義(マルクス主義)を打ちたて、資本主義の高度な発展により社会主義・共産主義社会が到来する必然性を説いた。ライフワークとしていた資本主義社会の研究は『資本論』に結実し、その理論に依拠した経済学体系はマルクス経済学と呼ばれ、20世紀以降の国際政治や思想に多大な影響を与えた。 (ja)
dbo:birthDate
  • 1818-05-05 (xsd:date)
dbo:birthPlace
dbo:birthYear
  • 1818-01-01 (xsd:gYear)
dbo:deathDate
  • 1883-03-14 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:deathYear
  • 1883-01-01 (xsd:gYear)
dbo:era
dbo:influenced
dbo:influencedBy
dbo:mainInterest
dbo:notableIdea
dbo:philosophicalSchool
dbo:region
dbo:wikiPageID
  • 15509 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 139325 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81051258 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthDate
  • 1818-05-05 (xsd:date)
prop-ja:birthPlace
  • ・トリーア (ja)
  • ・トリーア (ja)
prop-ja:deathDate
  • 1883-03-14 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • ・イングランド・ロンドン (ja)
  • ・イングランド・ロンドン (ja)
prop-ja:era
  • 19 (xsd:integer)
prop-ja:imageCaption
  • --08-24
prop-ja:imageName
  • Karl Marx.jpg (ja)
  • Karl Marx.jpg (ja)
prop-ja:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:influenced
  • 大陸哲学系現代思想、フランクフルト学派、批判理論、多くのマルクス主義者、分析的マルクス主義、マルクス経済学など (ja)
  • 大陸哲学系現代思想、フランクフルト学派、批判理論、多くのマルクス主義者、分析的マルクス主義、マルクス経済学など (ja)
prop-ja:influences
prop-ja:mainInterests
  • 自然哲学、唯物論、自然科学、歴史哲学、倫理学、社会哲学、政治哲学、法哲学、経済学、各国の近現代史、政治学、社会学、資本主義経済の分析 (ja)
  • 自然哲学、唯物論、自然科学、歴史哲学、倫理学、社会哲学、政治哲学、法哲学、経済学、各国の近現代史、政治学、社会学、資本主義経済の分析 (ja)
prop-ja:name
  • カール・マルクス (ja)
  • Karl Marxref|さまざまな辞典で使用される「カール・ハインリヒ・マルクス」という名前は、誤りによるもの。彼の出生証明書には「カール・ハインリヒ・マルクス」と書かれていますが、他の場所では「カール・マルクス」が使用されている。「K.H.マルクス」は、彼の詩集と彼の論文の書き起こしでのみ使用されている。マルクスは1838年に亡くなった父親に敬意を表したかったので、3つの文書で自分を「カール・ハインリヒ」と呼んだ。|group=注釈 (ja)
  • カール・マルクス (ja)
  • Karl Marxref|さまざまな辞典で使用される「カール・ハインリヒ・マルクス」という名前は、誤りによるもの。彼の出生証明書には「カール・ハインリヒ・マルクス」と書かれていますが、他の場所では「カール・マルクス」が使用されている。「K.H.マルクス」は、彼の詩集と彼の論文の書き起こしでのみ使用されている。マルクスは1838年に亡くなった父親に敬意を表したかったので、3つの文書で自分を「カール・ハインリヒ」と呼んだ。|group=注釈 (ja)
prop-ja:notableIdeas
prop-ja:region
prop-ja:schoolTradition
prop-ja:signature
  • Karl Marx signature .svg (ja)
  • Karl Marx signature .svg (ja)
prop-ja:spouse
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • カール・マルクス(ドイツ語: Karl Marx, 1818年5月5日 - 1883年3月14日)は、ドイツ・プロイセン王国出身の哲学者、思想家、経済学者、革命家。社会主義および労働運動に強い影響を与えた。1845年にプロイセン国籍を離脱しており、以降は無国籍者であった。1849年(31歳)の渡英以降はイギリスを拠点として活動した。 フリードリヒ・エンゲルスの協力を得ながら、包括的な世界観および革命思想として科学的社会主義(マルクス主義)を打ちたて、資本主義の高度な発展により社会主義・共産主義社会が到来する必然性を説いた。ライフワークとしていた資本主義社会の研究は『資本論』に結実し、その理論に依拠した経済学体系はマルクス経済学と呼ばれ、20世紀以降の国際政治や思想に多大な影響を与えた。 (ja)
  • カール・マルクス(ドイツ語: Karl Marx, 1818年5月5日 - 1883年3月14日)は、ドイツ・プロイセン王国出身の哲学者、思想家、経済学者、革命家。社会主義および労働運動に強い影響を与えた。1845年にプロイセン国籍を離脱しており、以降は無国籍者であった。1849年(31歳)の渡英以降はイギリスを拠点として活動した。 フリードリヒ・エンゲルスの協力を得ながら、包括的な世界観および革命思想として科学的社会主義(マルクス主義)を打ちたて、資本主義の高度な発展により社会主義・共産主義社会が到来する必然性を説いた。ライフワークとしていた資本主義社会の研究は『資本論』に結実し、その理論に依拠した経済学体系はマルクス経済学と呼ばれ、20世紀以降の国際政治や思想に多大な影響を与えた。 (ja)
rdfs:label
  • カール・マルクス (ja)
  • カール・マルクス (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • カール・マルクス (ja)
  • Karl Marxref|さまざまな辞典で使用される「カール・ハインリヒ・マルクス」という名前は、誤りによるもの。彼の出生証明書には「カール・ハインリヒ・マルクス」と書かれていますが、他の場所では「カール・マルクス」が使用されている。「K.H.マルクス」は、彼の詩集と彼の論文の書き起こしでのみ使用されている。マルクスは1838年に亡くなった父親に敬意を表したかったので、3つの文書で自分を「カール・ハインリヒ」と呼んだ。|group=注釈 (ja)
  • カール・マルクス (ja)
  • Karl Marxref|さまざまな辞典で使用される「カール・ハインリヒ・マルクス」という名前は、誤りによるもの。彼の出生証明書には「カール・ハインリヒ・マルクス」と書かれていますが、他の場所では「カール・マルクス」が使用されている。「K.H.マルクス」は、彼の詩集と彼の論文の書き起こしでのみ使用されている。マルクスは1838年に亡くなった父親に敬意を表したかったので、3つの文書で自分を「カール・ハインリヒ」と呼んだ。|group=注釈 (ja)
is dbo:author of
is dbo:influenced of
is dbo:influencedBy of
is dbo:spouse of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:author of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:contributions of
is prop-ja:footer of
is prop-ja:iinfluences of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:jones of
is prop-ja:opposed of
is prop-ja:photoCaption of
is prop-ja:writer of
is prop-ja:人物 of
is prop-ja:影響を受けたもの of
is prop-ja:影響を受けた人物 of
is prop-ja:編集人1氏名 of
is prop-ja:設立者 of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of