『カーネーションの聖母』(独: Madonna mit der Nelke, 英: Madonna of the Carnation)は、盛期ルネサンスのイタリアの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが1473年から1478年ごろに制作した絵画である。油彩。主題は聖母子。聖母マリアが手に持っている赤いカーネーションからこの名前で呼ばれている。レオナルドがまだ20歳を過ぎたころの初期の作品で、師であるアンドレア・デル・ヴェロッキオの影響が顕著である。1889年以来、ミュンヘンのアルテ・ピナコテークに展示されている。ドイツの美術館に所蔵されているレオナルドが描いた唯一の絵画である。

Property Value
dbo:abstract
  • 『カーネーションの聖母』(独: Madonna mit der Nelke, 英: Madonna of the Carnation)は、盛期ルネサンスのイタリアの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが1473年から1478年ごろに制作した絵画である。油彩。主題は聖母子。聖母マリアが手に持っている赤いカーネーションからこの名前で呼ばれている。レオナルドがまだ20歳を過ぎたころの初期の作品で、師であるアンドレア・デル・ヴェロッキオの影響が顕著である。1889年以来、ミュンヘンのアルテ・ピナコテークに展示されている。ドイツの美術館に所蔵されているレオナルドが描いた唯一の絵画である。 (ja)
  • 『カーネーションの聖母』(独: Madonna mit der Nelke, 英: Madonna of the Carnation)は、盛期ルネサンスのイタリアの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが1473年から1478年ごろに制作した絵画である。油彩。主題は聖母子。聖母マリアが手に持っている赤いカーネーションからこの名前で呼ばれている。レオナルドがまだ20歳を過ぎたころの初期の作品で、師であるアンドレア・デル・ヴェロッキオの影響が顕著である。1889年以来、ミュンヘンのアルテ・ピナコテークに展示されている。ドイツの美術館に所蔵されているレオナルドが描いた唯一の絵画である。 (ja)
dbo:creator
dbo:location
dbo:museum
dbo:painter
dbo:title
  • Madonna mit der Nelke (ja)
  • Madonna of the Carnation (ja)
  • Madonna mit der Nelke (ja)
  • Madonna of the Carnation (ja)
dbo:type
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4370348 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7216 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 85432143 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:artist
prop-ja:city
prop-ja:height
  • 62 (xsd:integer)
prop-ja:imageFile
  • Leonardo da Vinci Madonna of the Carnation.jpg (ja)
  • Leonardo da Vinci Madonna of the Carnation.jpg (ja)
prop-ja:imageSize
  • 350 (xsd:integer)
prop-ja:museum
prop-ja:otherLanguage
prop-ja:otherTitle
  • Madonna mit der Nelke (ja)
  • Madonna of the Carnation (ja)
  • Madonna mit der Nelke (ja)
  • Madonna of the Carnation (ja)
prop-ja:title
  • カーネーションの聖母 (ja)
  • カーネーションの聖母 (ja)
prop-ja:type
prop-ja:width
  • 475 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 1473 (xsd:integer)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『カーネーションの聖母』(独: Madonna mit der Nelke, 英: Madonna of the Carnation)は、盛期ルネサンスのイタリアの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが1473年から1478年ごろに制作した絵画である。油彩。主題は聖母子。聖母マリアが手に持っている赤いカーネーションからこの名前で呼ばれている。レオナルドがまだ20歳を過ぎたころの初期の作品で、師であるアンドレア・デル・ヴェロッキオの影響が顕著である。1889年以来、ミュンヘンのアルテ・ピナコテークに展示されている。ドイツの美術館に所蔵されているレオナルドが描いた唯一の絵画である。 (ja)
  • 『カーネーションの聖母』(独: Madonna mit der Nelke, 英: Madonna of the Carnation)は、盛期ルネサンスのイタリアの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが1473年から1478年ごろに制作した絵画である。油彩。主題は聖母子。聖母マリアが手に持っている赤いカーネーションからこの名前で呼ばれている。レオナルドがまだ20歳を過ぎたころの初期の作品で、師であるアンドレア・デル・ヴェロッキオの影響が顕著である。1889年以来、ミュンヘンのアルテ・ピナコテークに展示されている。ドイツの美術館に所蔵されているレオナルドが描いた唯一の絵画である。 (ja)
rdfs:label
  • カーネーションの聖母 (レオナルド) (ja)
  • カーネーションの聖母 (レオナルド) (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • カーネーションの聖母 (ja)
  • カーネーションの聖母 (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of