カップ麺(カップめん)とは、乾燥麺や生タイプ麺等の即席麺類のうち、食器として使用できる容器(コップ状の耐熱耐水容器等)に入れ、かやく(具材)を添付したものである。日本で生まれ、世界各地にも消費が広がっている。 規約上の正式名は「即席カップめん」である。内容物がインスタントラーメンのものをカップラーメン、蕎麦、うどんのものをカップそば、カップうどん、焼きそば風のものをカップ焼きそば(インスタント焼きそば)とも言う。 ほとんどの商品の調理は熱湯を注ぐだけで完了する(生麺を使用する製品については湯切りが必要とされるものもある)。この製品のカップは調理器具であると同時に食器(陳列時にはパッケージとしての役割も果たしている)でもある。また、電子レンジで加熱調理を行うタイプも多い。 カップ化される麺食品はラーメン系やうどん系等の東洋系小麦麺の他、パスタ(西洋系小麦麺)や、ビーフン及びフォー等の米麺等、およそ麺類全て多岐にわたる。つまりフリーズドライ加工をすれば、あらゆる麺をカップ麺化する事が可能である。現在では日本でも外国の麺食品のカップ版を入手する事が可能である。 また、後述の本食の発祥の歴史に絡み、西洋のフォーク文化の食習慣から、一部海外市場製品は、国内商品に比べると麺の長さが短くなっているものがある。

Property Value
dbo:abstract
  • カップ麺(カップめん)とは、乾燥麺や生タイプ麺等の即席麺類のうち、食器として使用できる容器(コップ状の耐熱耐水容器等)に入れ、かやく(具材)を添付したものである。日本で生まれ、世界各地にも消費が広がっている。 規約上の正式名は「即席カップめん」である。内容物がインスタントラーメンのものをカップラーメン、蕎麦、うどんのものをカップそば、カップうどん、焼きそば風のものをカップ焼きそば(インスタント焼きそば)とも言う。 ほとんどの商品の調理は熱湯を注ぐだけで完了する(生麺を使用する製品については湯切りが必要とされるものもある)。この製品のカップは調理器具であると同時に食器(陳列時にはパッケージとしての役割も果たしている)でもある。また、電子レンジで加熱調理を行うタイプも多い。 カップ化される麺食品はラーメン系やうどん系等の東洋系小麦麺の他、パスタ(西洋系小麦麺)や、ビーフン及びフォー等の米麺等、およそ麺類全て多岐にわたる。つまりフリーズドライ加工をすれば、あらゆる麺をカップ麺化する事が可能である。現在では日本でも外国の麺食品のカップ版を入手する事が可能である。 また、後述の本食の発祥の歴史に絡み、西洋のフォーク文化の食習慣から、一部海外市場製品は、国内商品に比べると麺の長さが短くなっているものがある。 (ja)
  • カップ麺(カップめん)とは、乾燥麺や生タイプ麺等の即席麺類のうち、食器として使用できる容器(コップ状の耐熱耐水容器等)に入れ、かやく(具材)を添付したものである。日本で生まれ、世界各地にも消費が広がっている。 規約上の正式名は「即席カップめん」である。内容物がインスタントラーメンのものをカップラーメン、蕎麦、うどんのものをカップそば、カップうどん、焼きそば風のものをカップ焼きそば(インスタント焼きそば)とも言う。 ほとんどの商品の調理は熱湯を注ぐだけで完了する(生麺を使用する製品については湯切りが必要とされるものもある)。この製品のカップは調理器具であると同時に食器(陳列時にはパッケージとしての役割も果たしている)でもある。また、電子レンジで加熱調理を行うタイプも多い。 カップ化される麺食品はラーメン系やうどん系等の東洋系小麦麺の他、パスタ(西洋系小麦麺)や、ビーフン及びフォー等の米麺等、およそ麺類全て多岐にわたる。つまりフリーズドライ加工をすれば、あらゆる麺をカップ麺化する事が可能である。現在では日本でも外国の麺食品のカップ版を入手する事が可能である。 また、後述の本食の発祥の歴史に絡み、西洋のフォーク文化の食習慣から、一部海外市場製品は、国内商品に比べると麺の長さが短くなっているものがある。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 31010 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 13628 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80889526 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • カップ麺(カップめん)とは、乾燥麺や生タイプ麺等の即席麺類のうち、食器として使用できる容器(コップ状の耐熱耐水容器等)に入れ、かやく(具材)を添付したものである。日本で生まれ、世界各地にも消費が広がっている。 規約上の正式名は「即席カップめん」である。内容物がインスタントラーメンのものをカップラーメン、蕎麦、うどんのものをカップそば、カップうどん、焼きそば風のものをカップ焼きそば(インスタント焼きそば)とも言う。 ほとんどの商品の調理は熱湯を注ぐだけで完了する(生麺を使用する製品については湯切りが必要とされるものもある)。この製品のカップは調理器具であると同時に食器(陳列時にはパッケージとしての役割も果たしている)でもある。また、電子レンジで加熱調理を行うタイプも多い。 カップ化される麺食品はラーメン系やうどん系等の東洋系小麦麺の他、パスタ(西洋系小麦麺)や、ビーフン及びフォー等の米麺等、およそ麺類全て多岐にわたる。つまりフリーズドライ加工をすれば、あらゆる麺をカップ麺化する事が可能である。現在では日本でも外国の麺食品のカップ版を入手する事が可能である。 また、後述の本食の発祥の歴史に絡み、西洋のフォーク文化の食習慣から、一部海外市場製品は、国内商品に比べると麺の長さが短くなっているものがある。 (ja)
  • カップ麺(カップめん)とは、乾燥麺や生タイプ麺等の即席麺類のうち、食器として使用できる容器(コップ状の耐熱耐水容器等)に入れ、かやく(具材)を添付したものである。日本で生まれ、世界各地にも消費が広がっている。 規約上の正式名は「即席カップめん」である。内容物がインスタントラーメンのものをカップラーメン、蕎麦、うどんのものをカップそば、カップうどん、焼きそば風のものをカップ焼きそば(インスタント焼きそば)とも言う。 ほとんどの商品の調理は熱湯を注ぐだけで完了する(生麺を使用する製品については湯切りが必要とされるものもある)。この製品のカップは調理器具であると同時に食器(陳列時にはパッケージとしての役割も果たしている)でもある。また、電子レンジで加熱調理を行うタイプも多い。 カップ化される麺食品はラーメン系やうどん系等の東洋系小麦麺の他、パスタ(西洋系小麦麺)や、ビーフン及びフォー等の米麺等、およそ麺類全て多岐にわたる。つまりフリーズドライ加工をすれば、あらゆる麺をカップ麺化する事が可能である。現在では日本でも外国の麺食品のカップ版を入手する事が可能である。 また、後述の本食の発祥の歴史に絡み、西洋のフォーク文化の食習慣から、一部海外市場製品は、国内商品に比べると麺の長さが短くなっているものがある。 (ja)
rdfs:label
  • カップ麺 (ja)
  • カップ麺 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:事業内容 of
is prop-ja:種類 of
is foaf:primaryTopic of