オルレアン・コレクション(英: Orleans Collection)は、フランスの王族で1715年から1723年までルイ15世の摂政を務めたオルレアン公フィリップ2世が収集した500点以上の非常に重要な絵画コレクション。1700年からフィリップ2世が死去する1723年までに収集されたものが大部分を占める。王族所有のコレクションが国家所有と同義だった多くのヨーロッパのコレクションとは異なり、ほぼ間違いなく純粋なプライベート・コレクションである。特にイタリア絵画の私有コレクションとしてはおそらくもっとも有名で、多くの絵画が早くからパリで公開されており、後にロンドン、エディンバラなどでも一般に公開された。

Property Value
dbo:abstract
  • オルレアン・コレクション(英: Orleans Collection)は、フランスの王族で1715年から1723年までルイ15世の摂政を務めたオルレアン公フィリップ2世が収集した500点以上の非常に重要な絵画コレクション。1700年からフィリップ2世が死去する1723年までに収集されたものが大部分を占める。王族所有のコレクションが国家所有と同義だった多くのヨーロッパのコレクションとは異なり、ほぼ間違いなく純粋なプライベート・コレクションである。特にイタリア絵画の私有コレクションとしてはおそらくもっとも有名で、多くの絵画が早くからパリで公開されており、後にロンドン、エディンバラなどでも一般に公開された。 オルレアン・コレクションの中核となっていたのは、スウェーデン女王クリスティーナが所有していた123点の絵画コレクションだった。クリスティーナの絵画コレクションは、三十年戦争下の1632年にミュンヘンから、同じく1648年にプラハからスウェーデン軍の戦利品として持ち去られ、スウェーデン王室コレクションに加えられた美術品がもとになっていた。フランス革命の後、フィリップ2世の曾孫でオルレアン公爵位を継いでいたルイ・フィリップ2世がコレクションを売却し、オルレアン・コレクションの大部分はイギリスの貴族で第3代ブリッジウォータ公フランシス・エジャートンが購入した。現在ではもともとのオルレアン・コレクションの多くは散逸しているが、重要な絵画群は今でもまとまった形で、世襲財産として代々受け継がれている。このような世襲財産として受け継がれている絵画群のひとつにオルレアン・コレクション由来の絵画16点を含む「サザーランド・ローン」別名「ブリッジウォータ・ローン」があり、スコットランド国立美術館や、ヨークシャーのカースル・ハワードで展示されている。現在ロンドンのナショナル・ギャラリーには、さまざまな方法で収集されたオルレアン・コレクションの絵画25点が所蔵されている。 (ja)
  • オルレアン・コレクション(英: Orleans Collection)は、フランスの王族で1715年から1723年までルイ15世の摂政を務めたオルレアン公フィリップ2世が収集した500点以上の非常に重要な絵画コレクション。1700年からフィリップ2世が死去する1723年までに収集されたものが大部分を占める。王族所有のコレクションが国家所有と同義だった多くのヨーロッパのコレクションとは異なり、ほぼ間違いなく純粋なプライベート・コレクションである。特にイタリア絵画の私有コレクションとしてはおそらくもっとも有名で、多くの絵画が早くからパリで公開されており、後にロンドン、エディンバラなどでも一般に公開された。 オルレアン・コレクションの中核となっていたのは、スウェーデン女王クリスティーナが所有していた123点の絵画コレクションだった。クリスティーナの絵画コレクションは、三十年戦争下の1632年にミュンヘンから、同じく1648年にプラハからスウェーデン軍の戦利品として持ち去られ、スウェーデン王室コレクションに加えられた美術品がもとになっていた。フランス革命の後、フィリップ2世の曾孫でオルレアン公爵位を継いでいたルイ・フィリップ2世がコレクションを売却し、オルレアン・コレクションの大部分はイギリスの貴族で第3代ブリッジウォータ公フランシス・エジャートンが購入した。現在ではもともとのオルレアン・コレクションの多くは散逸しているが、重要な絵画群は今でもまとまった形で、世襲財産として代々受け継がれている。このような世襲財産として受け継がれている絵画群のひとつにオルレアン・コレクション由来の絵画16点を含む「サザーランド・ローン」別名「ブリッジウォータ・ローン」があり、スコットランド国立美術館や、ヨークシャーのカースル・ハワードで展示されている。現在ロンドンのナショナル・ギャラリーには、さまざまな方法で収集されたオルレアン・コレクションの絵画25点が所蔵されている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2394761 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 33423 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80764928 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • オルレアン・コレクション(英: Orleans Collection)は、フランスの王族で1715年から1723年までルイ15世の摂政を務めたオルレアン公フィリップ2世が収集した500点以上の非常に重要な絵画コレクション。1700年からフィリップ2世が死去する1723年までに収集されたものが大部分を占める。王族所有のコレクションが国家所有と同義だった多くのヨーロッパのコレクションとは異なり、ほぼ間違いなく純粋なプライベート・コレクションである。特にイタリア絵画の私有コレクションとしてはおそらくもっとも有名で、多くの絵画が早くからパリで公開されており、後にロンドン、エディンバラなどでも一般に公開された。 (ja)
  • オルレアン・コレクション(英: Orleans Collection)は、フランスの王族で1715年から1723年までルイ15世の摂政を務めたオルレアン公フィリップ2世が収集した500点以上の非常に重要な絵画コレクション。1700年からフィリップ2世が死去する1723年までに収集されたものが大部分を占める。王族所有のコレクションが国家所有と同義だった多くのヨーロッパのコレクションとは異なり、ほぼ間違いなく純粋なプライベート・コレクションである。特にイタリア絵画の私有コレクションとしてはおそらくもっとも有名で、多くの絵画が早くからパリで公開されており、後にロンドン、エディンバラなどでも一般に公開された。 (ja)
rdfs:label
  • オルレアン・コレクション (ja)
  • オルレアン・コレクション (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of