『オイディプスとスフィンクス』(仏: Œdipe et le Sphinx, 英: Oedipus and the Sphinx)は、フランス象徴主義の画家ギュスターヴ・モローが1864年に制作した絵画である。油彩。主題はギリシア神話の英雄オイディプスがスフィンクスの謎を解く有名なエピソードから取られており、モローの代表的傑作として知られている。 1856年、敬愛するテオドール・シャセリオーの死に深い衝撃を受けたモローは、翌1857年から1859年にかけてイタリアを旅行してルネサンス期の巨匠たちに学び、帰国後も研鑽を重ねて自身の芸術スタイルを一新させた。その成果としてモローは本作品を制作し、その年のサロンでセンセーショナルな画壇復帰を果たした。現在はアメリカ合衆国ニューヨークのメトロポリタン美術館に所蔵されている。

Property Value
dbo:abstract
  • 『オイディプスとスフィンクス』(仏: Œdipe et le Sphinx, 英: Oedipus and the Sphinx)は、フランス象徴主義の画家ギュスターヴ・モローが1864年に制作した絵画である。油彩。主題はギリシア神話の英雄オイディプスがスフィンクスの謎を解く有名なエピソードから取られており、モローの代表的傑作として知られている。 1856年、敬愛するテオドール・シャセリオーの死に深い衝撃を受けたモローは、翌1857年から1859年にかけてイタリアを旅行してルネサンス期の巨匠たちに学び、帰国後も研鑽を重ねて自身の芸術スタイルを一新させた。その成果としてモローは本作品を制作し、その年のサロンでセンセーショナルな画壇復帰を果たした。現在はアメリカ合衆国ニューヨークのメトロポリタン美術館に所蔵されている。 (ja)
  • 『オイディプスとスフィンクス』(仏: Œdipe et le Sphinx, 英: Oedipus and the Sphinx)は、フランス象徴主義の画家ギュスターヴ・モローが1864年に制作した絵画である。油彩。主題はギリシア神話の英雄オイディプスがスフィンクスの謎を解く有名なエピソードから取られており、モローの代表的傑作として知られている。 1856年、敬愛するテオドール・シャセリオーの死に深い衝撃を受けたモローは、翌1857年から1859年にかけてイタリアを旅行してルネサンス期の巨匠たちに学び、帰国後も研鑽を重ねて自身の芸術スタイルを一新させた。その成果としてモローは本作品を制作し、その年のサロンでセンセーショナルな画壇復帰を果たした。現在はアメリカ合衆国ニューヨークのメトロポリタン美術館に所蔵されている。 (ja)
dbo:creator
dbo:location
dbo:museum
dbo:painter
dbo:title
  • Oedipus and the Sphinx (ja)
  • Œdipe et le Sphinx (ja)
  • Oedipus and the Sphinx (ja)
  • Œdipe et le Sphinx (ja)
dbo:type
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4117615 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 10640 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81143256 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:artist
prop-ja:city
prop-ja:height
  • 206.400000 (xsd:double)
prop-ja:imageFile
  • Oedipus and the Sphinx MET DP-14201-023.jpg (ja)
  • Oedipus and the Sphinx MET DP-14201-023.jpg (ja)
prop-ja:imageSize
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:museum
prop-ja:otherLanguage
prop-ja:otherTitle
  • Oedipus and the Sphinx (ja)
  • Œdipe et le Sphinx (ja)
  • Oedipus and the Sphinx (ja)
  • Œdipe et le Sphinx (ja)
prop-ja:title
  • オイディプスとスフィンクス (ja)
  • オイディプスとスフィンクス (ja)
prop-ja:type
prop-ja:width
  • 104.800000 (xsd:double)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 1864 (xsd:integer)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『オイディプスとスフィンクス』(仏: Œdipe et le Sphinx, 英: Oedipus and the Sphinx)は、フランス象徴主義の画家ギュスターヴ・モローが1864年に制作した絵画である。油彩。主題はギリシア神話の英雄オイディプスがスフィンクスの謎を解く有名なエピソードから取られており、モローの代表的傑作として知られている。 1856年、敬愛するテオドール・シャセリオーの死に深い衝撃を受けたモローは、翌1857年から1859年にかけてイタリアを旅行してルネサンス期の巨匠たちに学び、帰国後も研鑽を重ねて自身の芸術スタイルを一新させた。その成果としてモローは本作品を制作し、その年のサロンでセンセーショナルな画壇復帰を果たした。現在はアメリカ合衆国ニューヨークのメトロポリタン美術館に所蔵されている。 (ja)
  • 『オイディプスとスフィンクス』(仏: Œdipe et le Sphinx, 英: Oedipus and the Sphinx)は、フランス象徴主義の画家ギュスターヴ・モローが1864年に制作した絵画である。油彩。主題はギリシア神話の英雄オイディプスがスフィンクスの謎を解く有名なエピソードから取られており、モローの代表的傑作として知られている。 1856年、敬愛するテオドール・シャセリオーの死に深い衝撃を受けたモローは、翌1857年から1859年にかけてイタリアを旅行してルネサンス期の巨匠たちに学び、帰国後も研鑽を重ねて自身の芸術スタイルを一新させた。その成果としてモローは本作品を制作し、その年のサロンでセンセーショナルな画壇復帰を果たした。現在はアメリカ合衆国ニューヨークのメトロポリタン美術館に所蔵されている。 (ja)
rdfs:label
  • オイディプスとスフィンクス (ja)
  • オイディプスとスフィンクス (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • オイディプスとスフィンクス (ja)
  • オイディプスとスフィンクス (ja)
is dbo:notableWork of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of