エリック・パトリック・クラプトン(Eric Patrick Clapton, CBE、1945年3月30日 - )は、イングランドのミュージシャン、シンガーソングライター。これまでで最も重要で影響力のあるギタリストの1人とされ、神様と称された。クラプトンはローリング・ストーン誌の「史上最高のギタリスト100人」で2位、ギブソンの「史上最高のギタリストトップ50」で4位にランクされた。2009年にはタイム誌の「エレクトリックギタープレーヤーベスト10」で5位に選ばれた。 クラプトンはグラミー賞を18回受賞し、ブリット・アワード功労賞も受賞している。2004年に彼は音楽への貢献で、バッキンガム宮殿で大英帝国勲章を授与された。彼は英国作曲家賞、作曲家賞、作曲家賞、生涯功労賞を含む4つのアイヴァー・ノヴェロ賞を受賞している。また、彼はソロアーティスト、ヤードバーズ、クリームと3度ロックの殿堂入りした唯一のアーティストである。 クラプトンはソロアーティストとして世界中で2億8000万枚以上のレコードを売り上げ、史上最も売れたミュージシャンの1人となった。かつてアルコール依存症及び麻薬中毒の治療を受けたクラプトンは1998年、薬物乱用者の治療を目的とする医療施設、クロスロード・センターをアンティグア島に設立した。

Property Value
dbo:abstract
  • エリック・パトリック・クラプトン(Eric Patrick Clapton, CBE、1945年3月30日 - )は、イングランドのミュージシャン、シンガーソングライター。これまでで最も重要で影響力のあるギタリストの1人とされ、神様と称された。クラプトンはローリング・ストーン誌の「史上最高のギタリスト100人」で2位、ギブソンの「史上最高のギタリストトップ50」で4位にランクされた。2009年にはタイム誌の「エレクトリックギタープレーヤーベスト10」で5位に選ばれた。 さまざまな地元のバンドで演奏した後、クラプトンは1963年にヤードバーズのギタリスト、に代わって加入した。ヤードバーズがブルースロックからラジオ向けのポップ指向を目指したことに不満を抱いたクラプトンは1965年に脱退、ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズに加入した。1966年にメイオールを脱退、彼はドラマーのジンジャー・ベイカー、ベーシストのジャック・ブルースとパワートリオのクリームを結成、持続的なブルースの即興演奏と「芸術的でブルースベースのサイケデリックポップ」を演奏した。1968年11月にクリームが解散した後、彼はベイカー、スティーヴ・ウィンウッド、とブルースロックバンドのブラインド・フェイスを結成、1枚のアルバムを発表し1度のツアーを行った。ブラインド・フェイスは1970年に解散し、クラプトンはソロキャリアに乗り出した。 ソロキャリアに加えて、クラプトンはデラニー&ボニー、デレク・アンド・ザ・ドミノスとも共演し、代表曲の1つである「いとしのレイラ」をレコーディングした。その後数十年にわたって多くのソロアルバムと曲を発表し、高い評価を得た。その中には、1974年にリリースしたボブ・マーリーのカバー「」(レゲエが一般マーケットに受け入れられるきっかけとなった)、カントリー・ミュージックで満たされた『スローハンド』(1977)、ポップロックの『オーガスト』(1986)などが含まれる。息子コナーが1991年に事故死した後、クラプトンは悲しみを歌い上げた「ティアーズ・イン・ヘヴン」を『アンプラグド~アコースティック・クラプトン』で発表し、1996年にはリズム&ブルースのクロスオーバー、「チェンジ・ザ・ワールド」でトップ40のヒットを記録した。1998年には「」を発表し、グラミー賞を受賞する。1999年以来、彼は伝統的なブルースとブルースロックのアルバムを録音し、定期的にを主催してきた。最新のアルバムは2018年の『』である。 クラプトンはグラミー賞を18回受賞し、ブリット・アワード功労賞も受賞している。2004年に彼は音楽への貢献で、バッキンガム宮殿で大英帝国勲章を授与された。彼は英国作曲家賞、作曲家賞、作曲家賞、生涯功労賞を含む4つのアイヴァー・ノヴェロ賞を受賞している。また、彼はソロアーティスト、ヤードバーズ、クリームと3度ロックの殿堂入りした唯一のアーティストである。 クラプトンはソロアーティストとして世界中で2億8000万枚以上のレコードを売り上げ、史上最も売れたミュージシャンの1人となった。かつてアルコール依存症及び麻薬中毒の治療を受けたクラプトンは1998年、薬物乱用者の治療を目的とする医療施設、クロスロード・センターをアンティグア島に設立した。 (ja)
  • エリック・パトリック・クラプトン(Eric Patrick Clapton, CBE、1945年3月30日 - )は、イングランドのミュージシャン、シンガーソングライター。これまでで最も重要で影響力のあるギタリストの1人とされる。クラプトンはローリング・ストーン誌の「史上最高のギタリスト100人」で2位、ギブソンの「史上最高のギタリストトップ50」で4位にランクされた。2009年にはタイム誌の「エレクトリックギタープレーヤーベスト10」で5位に選ばれた。 さまざまな地元のバンドで演奏した後、クラプトンは1963年にヤードバーズのギタリスト、に代わって加入した。ヤードバーズがブルースロックからラジオ向けのポップ指向を目指したことに不満を抱いたクラプトンは1965年に脱退、ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズに加入した。1966年にメイオールを脱退、彼はドラマーのジンジャー・ベイカー、ベーシストのジャック・ブルースとパワートリオのクリームを結成、持続的なブルースの即興演奏と「芸術的でブルースベースのサイケデリックポップ」を演奏した。1968年11月にクリームが解散した後、彼はベイカー、スティーヴ・ウィンウッド、とブルースロックバンドのブラインド・フェイスを結成、1枚のアルバムを発表し1度のツアーを行った。ブラインド・フェイスは1970年に解散し、クラプトンはソロキャリアに乗り出した。 ソロキャリアに加えて、クラプトンはデラニー&ボニー、デレク・アンド・ザ・ドミノスとも共演し、代表曲の1つである「いとしのレイラ」をレコーディングした。その後数十年にわたって多くのソロアルバムと曲を発表し、高い評価を得た。その中には、1974年にリリースしたボブ・マーリーのカバー「」(レゲエが一般マーケットに受け入れられるきっかけとなった)、カントリー・ミュージックで満たされた『スローハンド』(1977)、ポップロックの『オーガスト』(1986)などが含まれる。息子コナーが1991年に事故死した後、クラプトンは悲しみを歌い上げた「ティアーズ・イン・ヘヴン」を『アンプラグド~アコースティック・クラプトン』で発表し、1996年にはリズム&ブルースのクロスオーバー、「チェンジ・ザ・ワールド」でトップ40のヒットを記録した。1998年には「」を発表し、グラミー賞を受賞する。1999年以来、彼は伝統的なブルースとブルースロックのアルバムを録音し、定期的にを主催してきた。最新のアルバムは2018年の『』である。 クラプトンはグラミー賞を18回受賞し、ブリット・アワード功労賞も受賞している。2004年に彼は音楽への貢献で、バッキンガム宮殿で大英帝国勲章を授与された。彼は英国作曲家賞、作曲家賞、作曲家賞、生涯功労賞を含む4つのアイヴァー・ノヴェロ賞を受賞している。また、彼はソロアーティスト、ヤードバーズ、クリームと3度ロックの殿堂入りした唯一のアーティストである。 クラプトンはソロアーティストとして世界中で2億8000万枚以上のレコードを売り上げ、史上最も売れたミュージシャンの1人となった。かつてアルコール依存症及び麻薬中毒の治療を受けたクラプトンは1998年、薬物乱用者の治療を目的とする医療施設、クロスロード・センターをアンティグア島に設立した。 (ja)
  • エリック・パトリック・クラプトン(Eric Patrick Clapton, CBE、1945年3月30日 - )は、イングランドのミュージシャン、シンガーソングライター。これまでで最も重要で影響力のあるギタリストの1人とされ、神様と称された。クラプトンはローリング・ストーン誌の「史上最高のギタリスト100人」で2位、ギブソンの「史上最高のギタリストトップ50」で4位にランクされた。2009年にはタイム誌の「エレクトリックギタープレーヤーベスト10」で5位に選ばれた。 さまざまな地元のバンドで演奏した後、クラプトンは1963年にヤードバーズのギタリスト、に代わって加入した。ヤードバーズがブルースロックからラジオ向けのポップ指向を目指したことに不満を抱いたクラプトンは1965年に脱退、ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズに加入した。1966年にメイオールを脱退、彼はドラマーのジンジャー・ベイカー、ベーシストのジャック・ブルースとパワートリオのクリームを結成、持続的なブルースの即興演奏と「芸術的でブルースベースのサイケデリックポップ」を演奏した。1968年11月にクリームが解散した後、彼はベイカー、スティーヴ・ウィンウッド、とブルースロックバンドのブラインド・フェイスを結成、1枚のアルバムを発表し1度のツアーを行った。ブラインド・フェイスは1970年に解散し、クラプトンはソロキャリアに乗り出した。 ソロキャリアに加えて、クラプトンはデラニー&ボニー、デレク・アンド・ザ・ドミノスとも共演し、代表曲の1つである「いとしのレイラ」をレコーディングした。その後数十年にわたって多くのソロアルバムと曲を発表し、高い評価を得た。その中には、1974年にリリースしたボブ・マーリーのカバー「」(レゲエが一般マーケットに受け入れられるきっかけとなった)、カントリー・ミュージックで満たされた『スローハンド』(1977)、ポップロックの『オーガスト』(1986)などが含まれる。息子コナーが1991年に事故死した後、クラプトンは悲しみを歌い上げた「ティアーズ・イン・ヘヴン」を『アンプラグド~アコースティック・クラプトン』で発表し、1996年にはリズム&ブルースのクロスオーバー、「チェンジ・ザ・ワールド」でトップ40のヒットを記録した。1998年には「」を発表し、グラミー賞を受賞する。1999年以来、彼は伝統的なブルースとブルースロックのアルバムを録音し、定期的にを主催してきた。最新のアルバムは2018年の『』である。 クラプトンはグラミー賞を18回受賞し、ブリット・アワード功労賞も受賞している。2004年に彼は音楽への貢献で、バッキンガム宮殿で大英帝国勲章を授与された。彼は英国作曲家賞、作曲家賞、作曲家賞、生涯功労賞を含む4つのアイヴァー・ノヴェロ賞を受賞している。また、彼はソロアーティスト、ヤードバーズ、クリームと3度ロックの殿堂入りした唯一のアーティストである。 クラプトンはソロアーティストとして世界中で2億8000万枚以上のレコードを売り上げ、史上最も売れたミュージシャンの1人となった。かつてアルコール依存症及び麻薬中毒の治療を受けたクラプトンは1998年、薬物乱用者の治療を目的とする医療施設、クロスロード・センターをアンティグア島に設立した。 (ja)
  • エリック・パトリック・クラプトン(Eric Patrick Clapton, CBE、1945年3月30日 - )は、イングランドのミュージシャン、シンガーソングライター。これまでで最も重要で影響力のあるギタリストの1人とされる。クラプトンはローリング・ストーン誌の「史上最高のギタリスト100人」で2位、ギブソンの「史上最高のギタリストトップ50」で4位にランクされた。2009年にはタイム誌の「エレクトリックギタープレーヤーベスト10」で5位に選ばれた。 さまざまな地元のバンドで演奏した後、クラプトンは1963年にヤードバーズのギタリスト、に代わって加入した。ヤードバーズがブルースロックからラジオ向けのポップ指向を目指したことに不満を抱いたクラプトンは1965年に脱退、ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズに加入した。1966年にメイオールを脱退、彼はドラマーのジンジャー・ベイカー、ベーシストのジャック・ブルースとパワートリオのクリームを結成、持続的なブルースの即興演奏と「芸術的でブルースベースのサイケデリックポップ」を演奏した。1968年11月にクリームが解散した後、彼はベイカー、スティーヴ・ウィンウッド、とブルースロックバンドのブラインド・フェイスを結成、1枚のアルバムを発表し1度のツアーを行った。ブラインド・フェイスは1970年に解散し、クラプトンはソロキャリアに乗り出した。 ソロキャリアに加えて、クラプトンはデラニー&ボニー、デレク・アンド・ザ・ドミノスとも共演し、代表曲の1つである「いとしのレイラ」をレコーディングした。その後数十年にわたって多くのソロアルバムと曲を発表し、高い評価を得た。その中には、1974年にリリースしたボブ・マーリーのカバー「」(レゲエが一般マーケットに受け入れられるきっかけとなった)、カントリー・ミュージックで満たされた『スローハンド』(1977)、ポップロックの『オーガスト』(1986)などが含まれる。息子コナーが1991年に事故死した後、クラプトンは悲しみを歌い上げた「ティアーズ・イン・ヘヴン」を『アンプラグド~アコースティック・クラプトン』で発表し、1996年にはリズム&ブルースのクロスオーバー、「チェンジ・ザ・ワールド」でトップ40のヒットを記録した。1998年には「」を発表し、グラミー賞を受賞する。1999年以来、彼は伝統的なブルースとブルースロックのアルバムを録音し、定期的にを主催してきた。最新のアルバムは2018年の『』である。 クラプトンはグラミー賞を18回受賞し、ブリット・アワード功労賞も受賞している。2004年に彼は音楽への貢献で、バッキンガム宮殿で大英帝国勲章を授与された。彼は英国作曲家賞、作曲家賞、作曲家賞、生涯功労賞を含む4つのアイヴァー・ノヴェロ賞を受賞している。また、彼はソロアーティスト、ヤードバーズ、クリームと3度ロックの殿堂入りした唯一のアーティストである。 クラプトンはソロアーティストとして世界中で2億8000万枚以上のレコードを売り上げ、史上最も売れたミュージシャンの1人となった。かつてアルコール依存症及び麻薬中毒の治療を受けたクラプトンは1998年、薬物乱用者の治療を目的とする医療施設、クロスロード・センターをアンティグア島に設立した。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 34092 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 17538 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 143785 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80881049 (xsd:integer)
  • 86763127 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • right (ja)
  • right (ja)
prop-ja:id
  • 618 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • Eric Clapton (ja)
  • Eric Clapton (ja)
prop-ja:quote
  • 僕はほとんど無意識のうちに音楽を癒しのエージェントとして使っていたが、見よ、それはうまくいった...僕は音楽からたくさんの幸せとたくさんの癒しを得た。 (ja)
  • 僕はほとんど無意識のうちに音楽を癒しのエージェントとして使っていたが、見よ、それはうまくいった...僕は音楽からたくさんの幸せとたくさんの癒しを得た。 (ja)
prop-ja:source
  • -「ティアーズ・イン・ヘブン」を書いているときの癒しのプロセスに関するクラプトン (ja)
  • -「ティアーズ・イン・ヘブン」を書いているときの癒しのプロセスに関するクラプトン (ja)
prop-ja:title
  • 関連グループ (ja)
  • 関連グループ (ja)
prop-ja:width
  • 28.0
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:公式サイト
prop-ja:共同作業者
  • クリーム (ja)
  • ヤードバーズ (ja)
  • (ja)
  • ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ (ja)
  • ザ・ダーティー・マック (ja)
  • デレク・アンド・ザ・ドミノス (ja)
  • トラヴェリング・ウィルベリーズ (ja)
  • ブラインド・フェイス (ja)
  • プラスティック・オノ・バンド (ja)
  • クリーム (ja)
  • ヤードバーズ (ja)
  • (ja)
  • ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ (ja)
  • ザ・ダーティー・マック (ja)
  • デレク・アンド・ザ・ドミノス (ja)
  • トラヴェリング・ウィルベリーズ (ja)
  • ブラインド・フェイス (ja)
  • プラスティック・オノ・バンド (ja)
prop-ja:出生
  • 1945-03-30 (xsd:date)
prop-ja:出生名
  • エリック・パトリック・クラプトン (ja)
  • エリック・パトリック・クラプトン (ja)
prop-ja:出身地
  • サリー リプリー (ja)
  • サリー州 リプリー (ja)
  • サリー リプリー (ja)
  • サリー州 リプリー (ja)
prop-ja:名前
  • エリック・クラプトン (ja)
  • エリック・クラプトン (ja)
prop-ja:存命人物の出典明記
  • --12-11
prop-ja:活動期間
  • 1963 (xsd:integer)
prop-ja:独自研究
  • --12-11
prop-ja:画像
  • Eric Clapton 01May2015.jpg (ja)
  • TIFF 2017 Eric Clapton .jpg (ja)
  • Eric Clapton 01May2015.jpg (ja)
  • TIFF 2017 Eric Clapton .jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 220 (xsd:integer)
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • USA・ニューヨーク公演 (ja)
  • カナダ・トロント『TIFF 2017』にて(2017年) (ja)
  • USA・ニューヨーク公演 (ja)
  • カナダ・トロント『TIFF 2017』にて(2017年) (ja)
prop-ja:背景色
  • singer (ja)
  • singer (ja)
prop-ja:著名使用楽器
  • (ja)
  • ブラウニー (ja)
  • ギブソン・ES-335 (ja)
  • ギブソン・SG (ja)
  • ギブソン・レスポール (ja)
  • ブラッキー (ja)
  • (ja)
  • ブラウニー (ja)
  • ギブソン・ES-335 (ja)
  • ギブソン・SG (ja)
  • ギブソン・レスポール (ja)
  • ブラッキー (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • エリック・パトリック・クラプトン(Eric Patrick Clapton, CBE、1945年3月30日 - )は、イングランドのミュージシャン、シンガーソングライター。これまでで最も重要で影響力のあるギタリストの1人とされ、神様と称された。クラプトンはローリング・ストーン誌の「史上最高のギタリスト100人」で2位、ギブソンの「史上最高のギタリストトップ50」で4位にランクされた。2009年にはタイム誌の「エレクトリックギタープレーヤーベスト10」で5位に選ばれた。 クラプトンはグラミー賞を18回受賞し、ブリット・アワード功労賞も受賞している。2004年に彼は音楽への貢献で、バッキンガム宮殿で大英帝国勲章を授与された。彼は英国作曲家賞、作曲家賞、作曲家賞、生涯功労賞を含む4つのアイヴァー・ノヴェロ賞を受賞している。また、彼はソロアーティスト、ヤードバーズ、クリームと3度ロックの殿堂入りした唯一のアーティストである。 クラプトンはソロアーティストとして世界中で2億8000万枚以上のレコードを売り上げ、史上最も売れたミュージシャンの1人となった。かつてアルコール依存症及び麻薬中毒の治療を受けたクラプトンは1998年、薬物乱用者の治療を目的とする医療施設、クロスロード・センターをアンティグア島に設立した。 (ja)
  • エリック・パトリック・クラプトン(Eric Patrick Clapton, CBE、1945年3月30日 - )は、イングランドのミュージシャン、シンガーソングライター。これまでで最も重要で影響力のあるギタリストの1人とされる。クラプトンはローリング・ストーン誌の「史上最高のギタリスト100人」で2位、ギブソンの「史上最高のギタリストトップ50」で4位にランクされた。2009年にはタイム誌の「エレクトリックギタープレーヤーベスト10」で5位に選ばれた。 クラプトンはグラミー賞を18回受賞し、ブリット・アワード功労賞も受賞している。2004年に彼は音楽への貢献で、バッキンガム宮殿で大英帝国勲章を授与された。彼は英国作曲家賞、作曲家賞、作曲家賞、生涯功労賞を含む4つのアイヴァー・ノヴェロ賞を受賞している。また、彼はソロアーティスト、ヤードバーズ、クリームと3度ロックの殿堂入りした唯一のアーティストである。 クラプトンはソロアーティストとして世界中で2億8000万枚以上のレコードを売り上げ、史上最も売れたミュージシャンの1人となった。かつてアルコール依存症及び麻薬中毒の治療を受けたクラプトンは1998年、薬物乱用者の治療を目的とする医療施設、クロスロード・センターをアンティグア島に設立した。 (ja)
  • エリック・パトリック・クラプトン(Eric Patrick Clapton, CBE、1945年3月30日 - )は、イングランドのミュージシャン、シンガーソングライター。これまでで最も重要で影響力のあるギタリストの1人とされ、神様と称された。クラプトンはローリング・ストーン誌の「史上最高のギタリスト100人」で2位、ギブソンの「史上最高のギタリストトップ50」で4位にランクされた。2009年にはタイム誌の「エレクトリックギタープレーヤーベスト10」で5位に選ばれた。 クラプトンはグラミー賞を18回受賞し、ブリット・アワード功労賞も受賞している。2004年に彼は音楽への貢献で、バッキンガム宮殿で大英帝国勲章を授与された。彼は英国作曲家賞、作曲家賞、作曲家賞、生涯功労賞を含む4つのアイヴァー・ノヴェロ賞を受賞している。また、彼はソロアーティスト、ヤードバーズ、クリームと3度ロックの殿堂入りした唯一のアーティストである。 クラプトンはソロアーティストとして世界中で2億8000万枚以上のレコードを売り上げ、史上最も売れたミュージシャンの1人となった。かつてアルコール依存症及び麻薬中毒の治療を受けたクラプトンは1998年、薬物乱用者の治療を目的とする医療施設、クロスロード・センターをアンティグア島に設立した。 (ja)
  • エリック・パトリック・クラプトン(Eric Patrick Clapton, CBE、1945年3月30日 - )は、イングランドのミュージシャン、シンガーソングライター。これまでで最も重要で影響力のあるギタリストの1人とされる。クラプトンはローリング・ストーン誌の「史上最高のギタリスト100人」で2位、ギブソンの「史上最高のギタリストトップ50」で4位にランクされた。2009年にはタイム誌の「エレクトリックギタープレーヤーベスト10」で5位に選ばれた。 クラプトンはグラミー賞を18回受賞し、ブリット・アワード功労賞も受賞している。2004年に彼は音楽への貢献で、バッキンガム宮殿で大英帝国勲章を授与された。彼は英国作曲家賞、作曲家賞、作曲家賞、生涯功労賞を含む4つのアイヴァー・ノヴェロ賞を受賞している。また、彼はソロアーティスト、ヤードバーズ、クリームと3度ロックの殿堂入りした唯一のアーティストである。 クラプトンはソロアーティストとして世界中で2億8000万枚以上のレコードを売り上げ、史上最も売れたミュージシャンの1人となった。かつてアルコール依存症及び麻薬中毒の治療を受けたクラプトンは1998年、薬物乱用者の治療を目的とする医療施設、クロスロード・センターをアンティグア島に設立した。 (ja)
rdfs:label
  • エリック・クラプトン (ja)
  • エリック・クラプトン (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:artist of
is dbo:associatedBand of
is dbo:associatedMusicalArtist of
is dbo:bandMember of
is dbo:formerBandMember of
is dbo:influenced of
is dbo:musicComposer of
is dbo:picture of
is dbo:predecessor of
is dbo:producer of
is dbo:starring of
is dbo:successor of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is dbo:writer of
is prop-ja:after of
is prop-ja:altArtist of
is prop-ja:artist of
is prop-ja:associatedActs of
is prop-ja:before of
is prop-ja:chronology of
is prop-ja:currentMembers of
is prop-ja:extra of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:note of
is prop-ja:pastMembers of
is prop-ja:producer of
is prop-ja:writer of
is prop-ja:メンバー of
is prop-ja:出演者 of
is prop-ja:音楽 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of