エドポークは、東京都が開発、販売していたブランド豚、銘柄豚肉の名称。 1978年頃から東京都畜産試験場ではランドレース種系統の豚エドの系統造成試験を行っていた。エドは1986年に完成、翌1987年から系統の維持を行った。これによってブランド豚として都内の小売店でエドポークの販売が行われるようになった。 しかし、当時は豚肉価格の低迷が続いたことと、1989年頃の好景気によって都内に住宅が増えたことから、養豚所の臭気などの環境問題が指摘されるようになり、東京都内での養豚経営は次第に厳しくなった。肉の味などの面では好評を博したが、流通面の統制が上手くいかず銘柄としては現存していない。 1990年3月に北京市農林科学院畜牧獣医研究所から7頭が東京都畜産試験場に贈られた際には、代わりにエドが求められたが、日中双方の検疫にかかる費用の問題などから実現していない。

Property Value
dbo:abstract
  • エドポークは、東京都が開発、販売していたブランド豚、銘柄豚肉の名称。 1978年頃から東京都畜産試験場ではランドレース種系統の豚エドの系統造成試験を行っていた。エドは1986年に完成、翌1987年から系統の維持を行った。これによってブランド豚として都内の小売店でエドポークの販売が行われるようになった。 しかし、当時は豚肉価格の低迷が続いたことと、1989年頃の好景気によって都内に住宅が増えたことから、養豚所の臭気などの環境問題が指摘されるようになり、東京都内での養豚経営は次第に厳しくなった。肉の味などの面では好評を博したが、流通面の統制が上手くいかず銘柄としては現存していない。 1990年3月に北京市農林科学院畜牧獣医研究所から7頭が東京都畜産試験場に贈られた際には、代わりにエドが求められたが、日中双方の検疫にかかる費用の問題などから実現していない。 (ja)
  • エドポークは、東京都が開発、販売していたブランド豚、銘柄豚肉の名称。 1978年頃から東京都畜産試験場ではランドレース種系統の豚エドの系統造成試験を行っていた。エドは1986年に完成、翌1987年から系統の維持を行った。これによってブランド豚として都内の小売店でエドポークの販売が行われるようになった。 しかし、当時は豚肉価格の低迷が続いたことと、1989年頃の好景気によって都内に住宅が増えたことから、養豚所の臭気などの環境問題が指摘されるようになり、東京都内での養豚経営は次第に厳しくなった。肉の味などの面では好評を博したが、流通面の統制が上手くいかず銘柄としては現存していない。 1990年3月に北京市農林科学院畜牧獣医研究所から7頭が東京都畜産試験場に贈られた際には、代わりにエドが求められたが、日中双方の検疫にかかる費用の問題などから実現していない。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 3529248 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1255 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 65393213 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • エドポークは、東京都が開発、販売していたブランド豚、銘柄豚肉の名称。 1978年頃から東京都畜産試験場ではランドレース種系統の豚エドの系統造成試験を行っていた。エドは1986年に完成、翌1987年から系統の維持を行った。これによってブランド豚として都内の小売店でエドポークの販売が行われるようになった。 しかし、当時は豚肉価格の低迷が続いたことと、1989年頃の好景気によって都内に住宅が増えたことから、養豚所の臭気などの環境問題が指摘されるようになり、東京都内での養豚経営は次第に厳しくなった。肉の味などの面では好評を博したが、流通面の統制が上手くいかず銘柄としては現存していない。 1990年3月に北京市農林科学院畜牧獣医研究所から7頭が東京都畜産試験場に贈られた際には、代わりにエドが求められたが、日中双方の検疫にかかる費用の問題などから実現していない。 (ja)
  • エドポークは、東京都が開発、販売していたブランド豚、銘柄豚肉の名称。 1978年頃から東京都畜産試験場ではランドレース種系統の豚エドの系統造成試験を行っていた。エドは1986年に完成、翌1987年から系統の維持を行った。これによってブランド豚として都内の小売店でエドポークの販売が行われるようになった。 しかし、当時は豚肉価格の低迷が続いたことと、1989年頃の好景気によって都内に住宅が増えたことから、養豚所の臭気などの環境問題が指摘されるようになり、東京都内での養豚経営は次第に厳しくなった。肉の味などの面では好評を博したが、流通面の統制が上手くいかず銘柄としては現存していない。 1990年3月に北京市農林科学院畜牧獣医研究所から7頭が東京都畜産試験場に贈られた際には、代わりにエドが求められたが、日中双方の検疫にかかる費用の問題などから実現していない。 (ja)
rdfs:label
  • エドポーク (ja)
  • エドポーク (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of