エスポージト(イタリア語:Esposito)は、イタリア半島起源の姓である。カンパーニア地方の中での正確な由来について、具体的には、ナポリ市かその近郊かについては諸説ある。エスポージト姓の人がいたら、その祖先を辿ると間違いなくナポリ付近である。 伝統的には、この姓は大昔のイタリアで捨て子と養子、養女に出された子たちにつけられたとされている。Ospizio degli esposti、直訳すると「暴露施設」と称される捨て子拾い子病院か教会に由来する。イタリアが統一されたとき、出自が知れる姓をつけることは法律で禁止された。 姓には2つの意味がある。1つはよく知られていて、ラテン語のexpositus、動詞exponōの過去分詞である。文字通りには「外に(ex-)置かれた(positus)」で、「(家の)外に置かれた」を意味する。イタリア語のesposito、その由来である動詞exponereも同様の意味を持つ。 ほぼイタリア全土に広がる類似のものは、Sposito(スポシト), Esposto(エスポスト), D'Esposito(デスポシト), Esposti(エスポスティ), デッリ・エスポシティ(Degli Espositi)などがある。最後のものはボローニャ方言の語形である。

Property Value
dbo:abstract
  • エスポージト(イタリア語:Esposito)は、イタリア半島起源の姓である。カンパーニア地方の中での正確な由来について、具体的には、ナポリ市かその近郊かについては諸説ある。エスポージト姓の人がいたら、その祖先を辿ると間違いなくナポリ付近である。 伝統的には、この姓は大昔のイタリアで捨て子と養子、養女に出された子たちにつけられたとされている。Ospizio degli esposti、直訳すると「暴露施設」と称される捨て子拾い子病院か教会に由来する。イタリアが統一されたとき、出自が知れる姓をつけることは法律で禁止された。 姓には2つの意味がある。1つはよく知られていて、ラテン語のexpositus、動詞exponōの過去分詞である。文字通りには「外に(ex-)置かれた(positus)」で、「(家の)外に置かれた」を意味する。イタリア語のesposito、その由来である動詞exponereも同様の意味を持つ。 もう1つは、ラテン語のex postium、直訳すると「その土地から」。これは他の非嫡出子の名もある。最も有名なものは、レオナルド・ダ・ヴィンチであり、ダはイタリア語の「の」、ヴィンチはフィレンツェの近くの小さな町の名、そこでレオナルドは生まれた。似たものに、「ナポレターニ(Napoletani,ナポリ出身者)」「ジェノヴェージ(Genovesi、ジェノヴァ出身者)」「ロマーノ(Romano、ローマ出身者)」「プッリージ(Puglisi、プッリャ州出身者)」などがある。 ほぼイタリア全土に広がる類似のものは、Sposito(スポシト), Esposto(エスポスト), D'Esposito(デスポシト), Esposti(エスポスティ), デッリ・エスポシティ(Degli Espositi)などがある。最後のものはボローニャ方言の語形である。 (ja)
  • エスポージト(イタリア語:Esposito)は、イタリア半島起源の姓である。カンパーニア地方の中での正確な由来について、具体的には、ナポリ市かその近郊かについては諸説ある。エスポージト姓の人がいたら、その祖先を辿ると間違いなくナポリ付近である。 伝統的には、この姓は大昔のイタリアで捨て子と養子、養女に出された子たちにつけられたとされている。Ospizio degli esposti、直訳すると「暴露施設」と称される捨て子拾い子病院か教会に由来する。イタリアが統一されたとき、出自が知れる姓をつけることは法律で禁止された。 姓には2つの意味がある。1つはよく知られていて、ラテン語のexpositus、動詞exponōの過去分詞である。文字通りには「外に(ex-)置かれた(positus)」で、「(家の)外に置かれた」を意味する。イタリア語のesposito、その由来である動詞exponereも同様の意味を持つ。 もう1つは、ラテン語のex postium、直訳すると「その土地から」。これは他の非嫡出子の名もある。最も有名なものは、レオナルド・ダ・ヴィンチであり、ダはイタリア語の「の」、ヴィンチはフィレンツェの近くの小さな町の名、そこでレオナルドは生まれた。似たものに、「ナポレターニ(Napoletani,ナポリ出身者)」「ジェノヴェージ(Genovesi、ジェノヴァ出身者)」「ロマーノ(Romano、ローマ出身者)」「プッリージ(Puglisi、プッリャ州出身者)」などがある。 ほぼイタリア全土に広がる類似のものは、Sposito(スポシト), Esposto(エスポスト), D'Esposito(デスポシト), Esposti(エスポスティ), デッリ・エスポシティ(Degli Espositi)などがある。最後のものはボローニャ方言の語形である。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 1444432 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1642 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 77798649 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • エスポージト(イタリア語:Esposito)は、イタリア半島起源の姓である。カンパーニア地方の中での正確な由来について、具体的には、ナポリ市かその近郊かについては諸説ある。エスポージト姓の人がいたら、その祖先を辿ると間違いなくナポリ付近である。 伝統的には、この姓は大昔のイタリアで捨て子と養子、養女に出された子たちにつけられたとされている。Ospizio degli esposti、直訳すると「暴露施設」と称される捨て子拾い子病院か教会に由来する。イタリアが統一されたとき、出自が知れる姓をつけることは法律で禁止された。 姓には2つの意味がある。1つはよく知られていて、ラテン語のexpositus、動詞exponōの過去分詞である。文字通りには「外に(ex-)置かれた(positus)」で、「(家の)外に置かれた」を意味する。イタリア語のesposito、その由来である動詞exponereも同様の意味を持つ。 ほぼイタリア全土に広がる類似のものは、Sposito(スポシト), Esposto(エスポスト), D'Esposito(デスポシト), Esposti(エスポスティ), デッリ・エスポシティ(Degli Espositi)などがある。最後のものはボローニャ方言の語形である。 (ja)
  • エスポージト(イタリア語:Esposito)は、イタリア半島起源の姓である。カンパーニア地方の中での正確な由来について、具体的には、ナポリ市かその近郊かについては諸説ある。エスポージト姓の人がいたら、その祖先を辿ると間違いなくナポリ付近である。 伝統的には、この姓は大昔のイタリアで捨て子と養子、養女に出された子たちにつけられたとされている。Ospizio degli esposti、直訳すると「暴露施設」と称される捨て子拾い子病院か教会に由来する。イタリアが統一されたとき、出自が知れる姓をつけることは法律で禁止された。 姓には2つの意味がある。1つはよく知られていて、ラテン語のexpositus、動詞exponōの過去分詞である。文字通りには「外に(ex-)置かれた(positus)」で、「(家の)外に置かれた」を意味する。イタリア語のesposito、その由来である動詞exponereも同様の意味を持つ。 ほぼイタリア全土に広がる類似のものは、Sposito(スポシト), Esposto(エスポスト), D'Esposito(デスポシト), Esposti(エスポスティ), デッリ・エスポシティ(Degli Espositi)などがある。最後のものはボローニャ方言の語形である。 (ja)
rdfs:label
  • エスポージト (ja)
  • エスポージト (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of