『ウィトルウィウス的人体図』(ウィトルウィウスてきじんたいず、羅: Homo Vitruvianus、伊: Uomo vitruviano)は、古代ローマ時代の建築家ウィトルウィウスの『建築について』(以下、『建築論』)の記述をもとに、レオナルド・ダ・ヴィンチが1485~1490年頃に描いたドローイングである。紙にペンとインクで描かれており、両手脚が異なる位置で男性の裸体が重ねられ、外周に描かれた真円と正方形とに男性の手脚が内接しているという構図となっている。このドローイングは、「プロポーションの法則 (Canon of Proportions)」あるいは「人体の調和 (Proportions of Man)」と呼ばれることがある。ヴェネツィアのアカデミア美術館所蔵だが常設展示はされておらず、同美術館所蔵の他の紙に描かれた作品同様に時折展示されるのみである。

Property Value
dbo:abstract
  • 『ウィトルウィウス的人体図』(ウィトルウィウスてきじんたいず、羅: Homo Vitruvianus、伊: Uomo vitruviano)は、古代ローマ時代の建築家ウィトルウィウスの『建築について』(以下、『建築論』)の記述をもとに、レオナルド・ダ・ヴィンチが1485~1490年頃に描いたドローイングである。紙にペンとインクで描かれており、両手脚が異なる位置で男性の裸体が重ねられ、外周に描かれた真円と正方形とに男性の手脚が内接しているという構図となっている。このドローイングは、「プロポーションの法則 (Canon of Proportions)」あるいは「人体の調和 (Proportions of Man)」と呼ばれることがある。ヴェネツィアのアカデミア美術館所蔵だが常設展示はされておらず、同美術館所蔵の他の紙に描かれた作品同様に時折展示されるのみである。 (ja)
  • 『ウィトルウィウス的人体図』(ウィトルウィウスてきじんたいず、羅: Homo Vitruvianus、伊: Uomo vitruviano)は、古代ローマ時代の建築家ウィトルウィウスの『建築について』(以下、『建築論』)の記述をもとに、レオナルド・ダ・ヴィンチが1485~1490年頃に描いたドローイングである。紙にペンとインクで描かれており、両手脚が異なる位置で男性の裸体が重ねられ、外周に描かれた真円と正方形とに男性の手脚が内接しているという構図となっている。このドローイングは、「プロポーションの法則 (Canon of Proportions)」あるいは「人体の調和 (Proportions of Man)」と呼ばれることがある。ヴェネツィアのアカデミア美術館所蔵だが常設展示はされておらず、同美術館所蔵の他の紙に描かれた作品同様に時折展示されるのみである。 (ja)
dbo:creator
dbo:location
dbo:museum
dbo:painter
dbo:title
  • Uomo vitruviano (ja)
  • Uomo vitruviano (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1768729 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 8372 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 75161761 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:artist
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ (ja)
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ (ja)
prop-ja:city
  • ヴェネツィア (ja)
  • ヴェネツィア (ja)
prop-ja:height
  • 34.400000 (xsd:double)
prop-ja:imageFile
  • Da Vinci Vitruve Luc Viatour.jpg (ja)
  • Da Vinci Vitruve Luc Viatour.jpg (ja)
prop-ja:imageSize
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:museum
  • アカデミア美術館 (ja)
  • アカデミア美術館 (ja)
prop-ja:otherLanguage
  • イタリア語 (ja)
  • イタリア語 (ja)
prop-ja:otherTitle
  • Uomo vitruviano (ja)
  • Uomo vitruviano (ja)
prop-ja:paintingAlignment
  • right (ja)
  • right (ja)
prop-ja:title
  • ウィトルウィウス的人体図 (ja)
  • ウィトルウィウス的人体図 (ja)
prop-ja:type
  • 紙にペンとインク (ja)
  • 紙にペンとインク (ja)
prop-ja:width
  • 25.500000 (xsd:double)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 1487 (xsd:integer)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『ウィトルウィウス的人体図』(ウィトルウィウスてきじんたいず、羅: Homo Vitruvianus、伊: Uomo vitruviano)は、古代ローマ時代の建築家ウィトルウィウスの『建築について』(以下、『建築論』)の記述をもとに、レオナルド・ダ・ヴィンチが1485~1490年頃に描いたドローイングである。紙にペンとインクで描かれており、両手脚が異なる位置で男性の裸体が重ねられ、外周に描かれた真円と正方形とに男性の手脚が内接しているという構図となっている。このドローイングは、「プロポーションの法則 (Canon of Proportions)」あるいは「人体の調和 (Proportions of Man)」と呼ばれることがある。ヴェネツィアのアカデミア美術館所蔵だが常設展示はされておらず、同美術館所蔵の他の紙に描かれた作品同様に時折展示されるのみである。 (ja)
  • 『ウィトルウィウス的人体図』(ウィトルウィウスてきじんたいず、羅: Homo Vitruvianus、伊: Uomo vitruviano)は、古代ローマ時代の建築家ウィトルウィウスの『建築について』(以下、『建築論』)の記述をもとに、レオナルド・ダ・ヴィンチが1485~1490年頃に描いたドローイングである。紙にペンとインクで描かれており、両手脚が異なる位置で男性の裸体が重ねられ、外周に描かれた真円と正方形とに男性の手脚が内接しているという構図となっている。このドローイングは、「プロポーションの法則 (Canon of Proportions)」あるいは「人体の調和 (Proportions of Man)」と呼ばれることがある。ヴェネツィアのアカデミア美術館所蔵だが常設展示はされておらず、同美術館所蔵の他の紙に描かれた作品同様に時折展示されるのみである。 (ja)
rdfs:label
  • ウィトルウィウス的人体図 (ja)
  • ウィトルウィウス的人体図 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ウィトルウィウス的人体図 (ja)
  • ウィトルウィウス的人体図 (ja)
is dbo:notableWork of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:画像 of
is foaf:primaryTopic of