「イエスタデイ」 (英語: Yesterday)はイギリスのロックバンド・ビートルズの楽曲。 1965年8月6日に発売された5枚目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ヘルプ!』(B面6曲目)に収録されている。名義はレノン=マッカートニーだがポール・マッカートニーが単独で作詞作曲。リード・ボーカルはポール。 弦楽四重奏をバックにしたアコースティック・バラードをビートルズ名義で初めて発売した曲であり、数あるビートルズ・ナンバーの中でも人気の高い作品のひとつである。世界中のミュージシャンに数多くカヴァーされており、ビートルズ活動時点で既に1,000を超えるカヴァー音源が存在し、正確なカバー数は把握困難である。「世界で最も多くカヴァーされた曲」としてギネス・ワールド・レコーズに認定されている。BMI調べによる「20世紀にアメリカのテレビやラジオで最もオンエアされた100曲」のランキングでは、700万回以上のオンエアで3位にランクインされた。英国BBC4が2012年に放送したドキュメンタリー番組 「ザ・リッチエスト・ソングス・イン・ザ・ワールド」にて音楽史上最も稼いだ10曲を選出しイエスタデイは第4位にランクしている。

Property Value
dbo:abstract
  • 「イエスタデイ」 (英語: Yesterday)はイギリスのロックバンド・ビートルズの楽曲。 1965年8月6日に発売された5枚目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ヘルプ!』(B面6曲目)に収録されている。名義はレノン=マッカートニーだがポール・マッカートニーが単独で作詞作曲。リード・ボーカルはポール。 弦楽四重奏をバックにしたアコースティック・バラードをビートルズ名義で初めて発売した曲であり、数あるビートルズ・ナンバーの中でも人気の高い作品のひとつである。世界中のミュージシャンに数多くカヴァーされており、ビートルズ活動時点で既に1,000を超えるカヴァー音源が存在し、正確なカバー数は把握困難である。「世界で最も多くカヴァーされた曲」としてギネス・ワールド・レコーズに認定されている。BMI調べによる「20世紀にアメリカのテレビやラジオで最もオンエアされた100曲」のランキングでは、700万回以上のオンエアで3位にランクインされた。英国BBC4が2012年に放送したドキュメンタリー番組 「ザ・リッチエスト・ソングス・イン・ザ・ワールド」にて音楽史上最も稼いだ10曲を選出しイエスタデイは第4位にランクしている。 1999年の英国BBCラジオ2の世論調査において20世紀最高のベストソングにランク。翌2000年にローリングストーンとMTV共同のグレイテスト・ポップソング100において第1位にランク。 また、ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500では13位にランクされている。「ロックバンドがスリーコードやロックンロールのメロディにとらわれない作曲を行なった」「ロックバンドがストリングスを使用した」と評価される。ビートルズは、この試みの走りとなり、次第にアーティスト集団として見られるようになっていった。この曲は、現在では「ヘイ・ジュード」と共に主に日本の中学校・高等学校の音楽の教科書に採用され教材になっている。 本作についてジョン・レノンは「そうね。『イエスタデイ』のことは誰でも知ってるんじゃない。『イエスタデイ』ではぼくもさんざん誉められたな。もちろん、あれはポールの歌で、ポールの秘蔵っ子さ。よくできてるよ。ビューティフルだよ。でもぼくが作っときゃよかったとは、1度も思ったことはないね」と語った。 (ja)
  • 「イエスタデイ」 (英語: Yesterday)はイギリスのロックバンド・ビートルズの楽曲。 1965年8月6日に発売された5枚目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ヘルプ!』(B面6曲目)に収録されている。名義はレノン=マッカートニーだがポール・マッカートニーが単独で作詞作曲。リード・ボーカルはポール。 弦楽四重奏をバックにしたアコースティック・バラードをビートルズ名義で初めて発売した曲であり、数あるビートルズ・ナンバーの中でも人気の高い作品のひとつである。世界中のミュージシャンに数多くカヴァーされており、ビートルズ活動時点で既に1,000を超えるカヴァー音源が存在し、正確なカバー数は把握困難である。「世界で最も多くカヴァーされた曲」としてギネス・ワールド・レコーズに認定されている。BMI調べによる「20世紀にアメリカのテレビやラジオで最もオンエアされた100曲」のランキングでは、700万回以上のオンエアで3位にランクインされた。英国BBC4が2012年に放送したドキュメンタリー番組 「ザ・リッチエスト・ソングス・イン・ザ・ワールド」にて音楽史上最も稼いだ10曲を選出しイエスタデイは第4位にランクしている。 1999年の英国BBCラジオ2の世論調査において20世紀最高のベストソングにランク。翌2000年にローリングストーンとMTV共同のグレイテスト・ポップソング100において第1位にランク。 また、ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500では13位にランクされている。「ロックバンドがスリーコードやロックンロールのメロディにとらわれない作曲を行なった」「ロックバンドがストリングスを使用した」と評価される。ビートルズは、この試みの走りとなり、次第にアーティスト集団として見られるようになっていった。この曲は、現在では「ヘイ・ジュード」と共に主に日本の中学校・高等学校の音楽の教科書に採用され教材になっている。 本作についてジョン・レノンは「そうね。『イエスタデイ』のことは誰でも知ってるんじゃない。『イエスタデイ』ではぼくもさんざん誉められたな。もちろん、あれはポールの歌で、ポールの秘蔵っ子さ。よくできてるよ。ビューティフルだよ。でもぼくが作っときゃよかったとは、1度も思ったことはないね」と語った。 (ja)
dbo:album
dbo:artist
dbo:bSide
  • (諸外国での違いについては[[#リリース
  • アクト・ナチュラリー
  • 後述]]を参照)
dbo:certification
  • [[#認定
dbo:format
dbo:producer
dbo:recordLabel
dbo:releaseDate
  • 1965-08-06 (xsd:date)
  • 2015-01-01 (xsd:date)
dbo:title
  • イエスタデイ (ja)
  • イエスタデイ (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 220 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 25860 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81197472 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbo:writer
prop-ja:accessdate
  • 2020-03-15 (xsd:date)
prop-ja:album
prop-ja:artist
prop-ja:award
  • Gold (ja)
  • Silver (ja)
  • Gold (ja)
  • Silver (ja)
prop-ja:bSide
  • (ja)
  • 後述]]を参照) (ja)
  • アクト・ナチュラリー (ja)
  • (諸外国での違いについては[[#リリース (ja)
  • (ja)
  • 後述]]を参照) (ja)
  • アクト・ナチュラリー (ja)
  • (諸外国での違いについては[[#リリース (ja)
prop-ja:certification
  • [[#認定 (ja)
  • [[#認定 (ja)
prop-ja:certyear
  • 1965 (xsd:integer)
  • 2019 (xsd:integer)
prop-ja:chartPosition
  • [[#チャート成績 (ja)
  • [[#チャート成績 (ja)
prop-ja:format
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:label
  • キャピトル・レコード (ja)
  • キャピトル・レコード (ja)
prop-ja:length
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • イエスタデイ (ja)
  • イエスタデイ (ja)
prop-ja:nosales
  • true (ja)
  • true (ja)
prop-ja:producer
prop-ja:recorded
  • (ja)
  • --06-14
  • EMIスタジオ (ja)
prop-ja:region
  • United Kingdom (ja)
  • United States (ja)
  • United Kingdom (ja)
  • United States (ja)
prop-ja:released
  • 1965-08-06 (xsd:date)
  • (ja)
  • --09-13
  • --11-15
  • 後述]]も参照) (ja)
  • ([[#リリース (ja)
prop-ja:relyear
  • 1965 (xsd:integer)
  • 1976 (xsd:integer)
prop-ja:salesamount
  • 200000 (xsd:integer)
prop-ja:streaming
  • true (ja)
  • true (ja)
prop-ja:title
  • Yesterday (ja)
  • Yesterday (ja)
prop-ja:type
  • single (ja)
  • single (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:writer
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 「イエスタデイ」 (英語: Yesterday)はイギリスのロックバンド・ビートルズの楽曲。 1965年8月6日に発売された5枚目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ヘルプ!』(B面6曲目)に収録されている。名義はレノン=マッカートニーだがポール・マッカートニーが単独で作詞作曲。リード・ボーカルはポール。 弦楽四重奏をバックにしたアコースティック・バラードをビートルズ名義で初めて発売した曲であり、数あるビートルズ・ナンバーの中でも人気の高い作品のひとつである。世界中のミュージシャンに数多くカヴァーされており、ビートルズ活動時点で既に1,000を超えるカヴァー音源が存在し、正確なカバー数は把握困難である。「世界で最も多くカヴァーされた曲」としてギネス・ワールド・レコーズに認定されている。BMI調べによる「20世紀にアメリカのテレビやラジオで最もオンエアされた100曲」のランキングでは、700万回以上のオンエアで3位にランクインされた。英国BBC4が2012年に放送したドキュメンタリー番組 「ザ・リッチエスト・ソングス・イン・ザ・ワールド」にて音楽史上最も稼いだ10曲を選出しイエスタデイは第4位にランクしている。 (ja)
  • 「イエスタデイ」 (英語: Yesterday)はイギリスのロックバンド・ビートルズの楽曲。 1965年8月6日に発売された5枚目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ヘルプ!』(B面6曲目)に収録されている。名義はレノン=マッカートニーだがポール・マッカートニーが単独で作詞作曲。リード・ボーカルはポール。 弦楽四重奏をバックにしたアコースティック・バラードをビートルズ名義で初めて発売した曲であり、数あるビートルズ・ナンバーの中でも人気の高い作品のひとつである。世界中のミュージシャンに数多くカヴァーされており、ビートルズ活動時点で既に1,000を超えるカヴァー音源が存在し、正確なカバー数は把握困難である。「世界で最も多くカヴァーされた曲」としてギネス・ワールド・レコーズに認定されている。BMI調べによる「20世紀にアメリカのテレビやラジオで最もオンエアされた100曲」のランキングでは、700万回以上のオンエアで3位にランクインされた。英国BBC4が2012年に放送したドキュメンタリー番組 「ザ・リッチエスト・ソングス・イン・ザ・ワールド」にて音楽史上最も稼いだ10曲を選出しイエスタデイは第4位にランクしている。 (ja)
rdfs:label
  • イエスタデイ (ja)
  • イエスタデイ (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:predecessor of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:title of
is foaf:primaryTopic of