アントネロ・ダ・メッシーナ(Antonello da Messina, 1430年頃 - 1479年)は、15世紀ルネサンス期に活動したイタリアの画家。着飾ったモデルを描く肖像画や、宗教主題を取り扱った絵画作品を得意とした。肖像画に関してアントネロ・ダ・メッシーナは、南ネーデルラントのモデルに基礎を置く、斬新で活力に満ちた肖像画の典型をイタリアにおいて確立した。またティツィアーノ、ヴェロネーゼらの巨匠を生んだヴェネツィア派の初期の重要な画家であり、ヴェネツィア・ルネッサンスの展開については重要な役割を果たし、とりわけフランドル風の細密描写をイタリア絵画に導入した点で注目されている。また、イタリアにおいて油彩の技法を本格的に用いた最初期の画家でもある。メッシーナに工房を構え、そこでは息子のジャコベッロ・ダントニオと甥のアントニオとピエトロ・デ・サリバとサルヴォ・ダントニオが働いていた。これら「アントネロ派」Antonelleschiには地方におけるアントネロ・ダ・メッシーナの続く世代への影響を確認することができる。

Property Value
dbo:abstract
  • アントネロ・ダ・メッシーナ(Antonello da Messina, 1430年頃 - 1479年)は、15世紀ルネサンス期に活動したイタリアの画家。着飾ったモデルを描く肖像画や、宗教主題を取り扱った絵画作品を得意とした。肖像画に関してアントネロ・ダ・メッシーナは、南ネーデルラントのモデルに基礎を置く、斬新で活力に満ちた肖像画の典型をイタリアにおいて確立した。またティツィアーノ、ヴェロネーゼらの巨匠を生んだヴェネツィア派の初期の重要な画家であり、ヴェネツィア・ルネッサンスの展開については重要な役割を果たし、とりわけフランドル風の細密描写をイタリア絵画に導入した点で注目されている。また、イタリアにおいて油彩の技法を本格的に用いた最初期の画家でもある。メッシーナに工房を構え、そこでは息子のジャコベッロ・ダントニオと甥のアントニオとピエトロ・デ・サリバとサルヴォ・ダントニオが働いていた。これら「アントネロ派」Antonelleschiには地方におけるアントネロ・ダ・メッシーナの続く世代への影響を確認することができる。 (ja)
  • アントネロ・ダ・メッシーナ(Antonello da Messina, 1430年頃 - 1479年)は、15世紀ルネサンス期に活動したイタリアの画家。着飾ったモデルを描く肖像画や、宗教主題を取り扱った絵画作品を得意とした。肖像画に関してアントネロ・ダ・メッシーナは、南ネーデルラントのモデルに基礎を置く、斬新で活力に満ちた肖像画の典型をイタリアにおいて確立した。またティツィアーノ、ヴェロネーゼらの巨匠を生んだヴェネツィア派の初期の重要な画家であり、ヴェネツィア・ルネッサンスの展開については重要な役割を果たし、とりわけフランドル風の細密描写をイタリア絵画に導入した点で注目されている。また、イタリアにおいて油彩の技法を本格的に用いた最初期の画家でもある。メッシーナに工房を構え、そこでは息子のジャコベッロ・ダントニオと甥のアントニオとピエトロ・デ・サリバとサルヴォ・ダントニオが働いていた。これら「アントネロ派」Antonelleschiには地方におけるアントネロ・ダ・メッシーナの続く世代への影響を確認することができる。 (ja)
dbo:birthName
  • Antonello di Giovanni di Antonio (ja)
  • Antonello di Giovanni di Antonio (ja)
dbo:deathPlace
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 538212 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4242 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 77985619 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthdate
  • 1430 (xsd:integer)
prop-ja:birthname
  • Antonello di Giovanni di Antonio (ja)
  • Antonello di Giovanni di Antonio (ja)
prop-ja:deathdate
  • 1479 (xsd:integer)
prop-ja:deathplace
prop-ja:location
prop-ja:name
  • アントネロ・ダ・メッシーナ (ja)
  • アントネロ・ダ・メッシーナ (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アントネロ・ダ・メッシーナ(Antonello da Messina, 1430年頃 - 1479年)は、15世紀ルネサンス期に活動したイタリアの画家。着飾ったモデルを描く肖像画や、宗教主題を取り扱った絵画作品を得意とした。肖像画に関してアントネロ・ダ・メッシーナは、南ネーデルラントのモデルに基礎を置く、斬新で活力に満ちた肖像画の典型をイタリアにおいて確立した。またティツィアーノ、ヴェロネーゼらの巨匠を生んだヴェネツィア派の初期の重要な画家であり、ヴェネツィア・ルネッサンスの展開については重要な役割を果たし、とりわけフランドル風の細密描写をイタリア絵画に導入した点で注目されている。また、イタリアにおいて油彩の技法を本格的に用いた最初期の画家でもある。メッシーナに工房を構え、そこでは息子のジャコベッロ・ダントニオと甥のアントニオとピエトロ・デ・サリバとサルヴォ・ダントニオが働いていた。これら「アントネロ派」Antonelleschiには地方におけるアントネロ・ダ・メッシーナの続く世代への影響を確認することができる。 (ja)
  • アントネロ・ダ・メッシーナ(Antonello da Messina, 1430年頃 - 1479年)は、15世紀ルネサンス期に活動したイタリアの画家。着飾ったモデルを描く肖像画や、宗教主題を取り扱った絵画作品を得意とした。肖像画に関してアントネロ・ダ・メッシーナは、南ネーデルラントのモデルに基礎を置く、斬新で活力に満ちた肖像画の典型をイタリアにおいて確立した。またティツィアーノ、ヴェロネーゼらの巨匠を生んだヴェネツィア派の初期の重要な画家であり、ヴェネツィア・ルネッサンスの展開については重要な役割を果たし、とりわけフランドル風の細密描写をイタリア絵画に導入した点で注目されている。また、イタリアにおいて油彩の技法を本格的に用いた最初期の画家でもある。メッシーナに工房を構え、そこでは息子のジャコベッロ・ダントニオと甥のアントニオとピエトロ・デ・サリバとサルヴォ・ダントニオが働いていた。これら「アントネロ派」Antonelleschiには地方におけるアントネロ・ダ・メッシーナの続く世代への影響を確認することができる。 (ja)
rdfs:label
  • アントネロ・ダ・メッシーナ (ja)
  • アントネロ・ダ・メッシーナ (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • アントネロ・ダ・メッシーナ (ja)
  • アントネロ・ダ・メッシーナ (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of