アルフレッド・ユージン・モントゴメリー(Alfred Eugene Montgomery, 1891年6月12日 - 1961年12月15日)はアメリカ海軍の軍人、最終階級は中将。「ピート」マーク・ミッチャー(海軍兵学校(アナポリス)1910年組)やジョン・S・マケイン・シニア(アナポリス1906年組)などの将星の指揮下において、航空畑の古参士官としての創成期から任務部隊司令官を務めた将官の一人。 アナポリスを卒業後、当初は潜水艦畑を歩み、1914年11月1日からは潜水艦F-1(USS F-1, SS-20)の艦長を務め、1917年12月17日にF-1が衝突事故で沈没するまで務めた。1920年代以降は航空に転科し、1922年6月にパイロット免許を取得。偵察隊と雷撃隊の指揮官を務めたのち、1936年11月から1938年6月までは空母「レンジャー」(USS Ranger, CV-4)の副長、次いで1940年6月から1941年6月には艦長を務めた。1941年6月からは大西洋艦隊で航空参謀となり、1941年12月からの太平洋戦争では中期以降から高速空母任務部隊の司令官を務める。空母任務部隊司令官としてはギルバート・マーシャル諸島の戦いとラバウル空襲、マリアナ沖海戦、フィリピンの戦いなどに参加。戦争終結後は第5艦隊と第1艦隊の司令長官となった。

Property Value
dbo:abstract
  • アルフレッド・ユージン・モントゴメリー(Alfred Eugene Montgomery, 1891年6月12日 - 1961年12月15日)はアメリカ海軍の軍人、最終階級は中将。「ピート」マーク・ミッチャー(海軍兵学校(アナポリス)1910年組)やジョン・S・マケイン・シニア(アナポリス1906年組)などの将星の指揮下において、航空畑の古参士官としての創成期から任務部隊司令官を務めた将官の一人。 アナポリスを卒業後、当初は潜水艦畑を歩み、1914年11月1日からは潜水艦F-1(USS F-1, SS-20)の艦長を務め、1917年12月17日にF-1が衝突事故で沈没するまで務めた。1920年代以降は航空に転科し、1922年6月にパイロット免許を取得。偵察隊と雷撃隊の指揮官を務めたのち、1936年11月から1938年6月までは空母「レンジャー」(USS Ranger, CV-4)の副長、次いで1940年6月から1941年6月には艦長を務めた。1941年6月からは大西洋艦隊で航空参謀となり、1941年12月からの太平洋戦争では中期以降から高速空母任務部隊の司令官を務める。空母任務部隊司令官としてはギルバート・マーシャル諸島の戦いとラバウル空襲、マリアナ沖海戦、フィリピンの戦いなどに参加。戦争終結後は第5艦隊と第1艦隊の司令長官となった。 (ja)
  • アルフレッド・ユージン・モントゴメリー(Alfred Eugene Montgomery, 1891年6月12日 - 1961年12月15日)はアメリカ海軍の軍人、最終階級は中将。「ピート」マーク・ミッチャー(海軍兵学校(アナポリス)1910年組)やジョン・S・マケイン・シニア(アナポリス1906年組)などの将星の指揮下において、航空畑の古参士官としての創成期から任務部隊司令官を務めた将官の一人。 アナポリスを卒業後、当初は潜水艦畑を歩み、1914年11月1日からは潜水艦F-1(USS F-1, SS-20)の艦長を務め、1917年12月17日にF-1が衝突事故で沈没するまで務めた。1920年代以降は航空に転科し、1922年6月にパイロット免許を取得。偵察隊と雷撃隊の指揮官を務めたのち、1936年11月から1938年6月までは空母「レンジャー」(USS Ranger, CV-4)の副長、次いで1940年6月から1941年6月には艦長を務めた。1941年6月からは大西洋艦隊で航空参謀となり、1941年12月からの太平洋戦争では中期以降から高速空母任務部隊の司令官を務める。空母任務部隊司令官としてはギルバート・マーシャル諸島の戦いとラバウル空襲、マリアナ沖海戦、フィリピンの戦いなどに参加。戦争終結後は第5艦隊と第1艦隊の司令長官となった。 (ja)
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1961-12-15 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:imageSize
  • 250 (xsd:integer)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2785346 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 15212 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 72120235 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:各国語表記
  • Alfred Eugene Montgomery (ja)
  • Alfred Eugene Montgomery (ja)
prop-ja:最終階級
  • 35 (xsd:integer)
  • dbpedia-ja:海軍十字章
  • dbpedia-ja:第一次世界大戦
  • dbpedia-ja:第二次世界大戦
  • (ja)
  • (3回) (ja)
  • F-1 艦長 (ja)
  • R-20 艦長 (ja)
  • 「レンジャー」艦長 (ja)
  • アラスカ海域司令官 (ja)
  • レジオン・オブ・メリット(2回) (ja)
  • 廟: (ja)
  • 戦功: (ja)
  • 戦闘: (ja)
  • 指揮: (ja)
  • 第12空母任務群 (ja)
  • 第17海軍区司令官 (ja)
  • 第1艦隊 (ja)
  • 第3空母任務群 (ja)
  • 第5艦隊 (ja)
  • 賞罰: (ja)
  • 部隊: (ja)
  • 除隊後: (ja)
prop-ja:死没地
prop-ja:氏名
  • アルフレッド・ユージン・モントゴメリー (ja)
  • アルフレッド・ユージン・モントゴメリー (ja)
prop-ja:没年月日
  • 1961-12-15 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --06-12
prop-ja:生誕地
prop-ja:画像
  • Alfred E. Montgomery.jpg (ja)
  • Alfred E. Montgomery.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • アルフレッド・E・モントゴメリー(少将時代) (ja)
  • アルフレッド・E・モントゴメリー(少将時代) (ja)
prop-ja:軍歴
  • 1912 (xsd:integer)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アルフレッド・ユージン・モントゴメリー(Alfred Eugene Montgomery, 1891年6月12日 - 1961年12月15日)はアメリカ海軍の軍人、最終階級は中将。「ピート」マーク・ミッチャー(海軍兵学校(アナポリス)1910年組)やジョン・S・マケイン・シニア(アナポリス1906年組)などの将星の指揮下において、航空畑の古参士官としての創成期から任務部隊司令官を務めた将官の一人。 アナポリスを卒業後、当初は潜水艦畑を歩み、1914年11月1日からは潜水艦F-1(USS F-1, SS-20)の艦長を務め、1917年12月17日にF-1が衝突事故で沈没するまで務めた。1920年代以降は航空に転科し、1922年6月にパイロット免許を取得。偵察隊と雷撃隊の指揮官を務めたのち、1936年11月から1938年6月までは空母「レンジャー」(USS Ranger, CV-4)の副長、次いで1940年6月から1941年6月には艦長を務めた。1941年6月からは大西洋艦隊で航空参謀となり、1941年12月からの太平洋戦争では中期以降から高速空母任務部隊の司令官を務める。空母任務部隊司令官としてはギルバート・マーシャル諸島の戦いとラバウル空襲、マリアナ沖海戦、フィリピンの戦いなどに参加。戦争終結後は第5艦隊と第1艦隊の司令長官となった。 (ja)
  • アルフレッド・ユージン・モントゴメリー(Alfred Eugene Montgomery, 1891年6月12日 - 1961年12月15日)はアメリカ海軍の軍人、最終階級は中将。「ピート」マーク・ミッチャー(海軍兵学校(アナポリス)1910年組)やジョン・S・マケイン・シニア(アナポリス1906年組)などの将星の指揮下において、航空畑の古参士官としての創成期から任務部隊司令官を務めた将官の一人。 アナポリスを卒業後、当初は潜水艦畑を歩み、1914年11月1日からは潜水艦F-1(USS F-1, SS-20)の艦長を務め、1917年12月17日にF-1が衝突事故で沈没するまで務めた。1920年代以降は航空に転科し、1922年6月にパイロット免許を取得。偵察隊と雷撃隊の指揮官を務めたのち、1936年11月から1938年6月までは空母「レンジャー」(USS Ranger, CV-4)の副長、次いで1940年6月から1941年6月には艦長を務めた。1941年6月からは大西洋艦隊で航空参謀となり、1941年12月からの太平洋戦争では中期以降から高速空母任務部隊の司令官を務める。空母任務部隊司令官としてはギルバート・マーシャル諸島の戦いとラバウル空襲、マリアナ沖海戦、フィリピンの戦いなどに参加。戦争終結後は第5艦隊と第1艦隊の司令長官となった。 (ja)
rdfs:label
  • アルフレッド・E・モントゴメリー (ja)
  • アルフレッド・E・モントゴメリー (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • アルフレッド・ユージン・モントゴメリー (ja)
  • アルフレッド・ユージン・モントゴメリー (ja)
is dbo:opponents of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of