『アルドブランディーニの聖母』(アルドブランディーニのせいぼ、(伊: Madonna Aldobrandini、英: Aldobrandini Madonna))は、盛期ルネサンスの画家ラファエロ・サンティが描いた絵画。板に油彩で描かれた板絵で、ラファエロが多く描いた、聖母マリア、幼児キリスト、幼児洗礼者聖ヨハネの三人をモチーフとした作品の一つである。ラファエロのキャリアにおけるローマ時代といわれる時期の初めごろに描かれた作品で、色使い、自然物の取り入れ、画面構成手法など、それまでのウルビーノ時代、フィレンツェ時代と呼ばれる時期の作品とは異なった、ラファエロの後期作品の典型ともいえる作風で描かれた作品となっている。 『アルドブランディーニの聖母』は数世紀にわたってローマの貴族アルドブランディーニ家 (en:Aldobrandini family) が所蔵しており、1865年からはロンドンのナショナル・ギャラリーに所蔵されている。ナショナル・ギャラリーに売却される以前は50年にわたってガルヴァ男爵家が所蔵していたこともあって、『ガルヴァの聖母』と呼ばれることもある。

Property Value
dbo:abstract
  • 『アルドブランディーニの聖母』(アルドブランディーニのせいぼ、(伊: Madonna Aldobrandini、英: Aldobrandini Madonna))は、盛期ルネサンスの画家ラファエロ・サンティが描いた絵画。板に油彩で描かれた板絵で、ラファエロが多く描いた、聖母マリア、幼児キリスト、幼児洗礼者聖ヨハネの三人をモチーフとした作品の一つである。ラファエロのキャリアにおけるローマ時代といわれる時期の初めごろに描かれた作品で、色使い、自然物の取り入れ、画面構成手法など、それまでのウルビーノ時代、フィレンツェ時代と呼ばれる時期の作品とは異なった、ラファエロの後期作品の典型ともいえる作風で描かれた作品となっている。 『アルドブランディーニの聖母』は数世紀にわたってローマの貴族アルドブランディーニ家 (en:Aldobrandini family) が所蔵しており、1865年からはロンドンのナショナル・ギャラリーに所蔵されている。ナショナル・ギャラリーに売却される以前は50年にわたってガルヴァ男爵家が所蔵していたこともあって、『ガルヴァの聖母』と呼ばれることもある。 (ja)
  • 『アルドブランディーニの聖母』(アルドブランディーニのせいぼ、(伊: Madonna Aldobrandini、英: Aldobrandini Madonna))は、盛期ルネサンスの画家ラファエロ・サンティが描いた絵画。板に油彩で描かれた板絵で、ラファエロが多く描いた、聖母マリア、幼児キリスト、幼児洗礼者聖ヨハネの三人をモチーフとした作品の一つである。ラファエロのキャリアにおけるローマ時代といわれる時期の初めごろに描かれた作品で、色使い、自然物の取り入れ、画面構成手法など、それまでのウルビーノ時代、フィレンツェ時代と呼ばれる時期の作品とは異なった、ラファエロの後期作品の典型ともいえる作風で描かれた作品となっている。 『アルドブランディーニの聖母』は数世紀にわたってローマの貴族アルドブランディーニ家 (en:Aldobrandini family) が所蔵しており、1865年からはロンドンのナショナル・ギャラリーに所蔵されている。ナショナル・ギャラリーに売却される以前は50年にわたってガルヴァ男爵家が所蔵していたこともあって、『ガルヴァの聖母』と呼ばれることもある。 (ja)
dbo:creator
dbo:location
dbo:museum
dbo:painter
dbo:title
  • Aldobrandini Madonna (ja)
  • Madonna Aldobrandini (ja)
  • Aldobrandini Madonna (ja)
  • Madonna Aldobrandini (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2636117 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 10763 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 71402566 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:artist
prop-ja:city
prop-ja:heightMetric
  • 38.900000 (xsd:double)
prop-ja:imageFile
  • The Aldobrandini Madonna.jpg (ja)
  • The Aldobrandini Madonna.jpg (ja)
prop-ja:imageSize
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:museum
prop-ja:otherLanguage
  • イタリア語 (ja)
  • 英語 (ja)
  • イタリア語 (ja)
  • 英語 (ja)
prop-ja:otherTitle
  • Aldobrandini Madonna (ja)
  • Madonna Aldobrandini (ja)
  • Aldobrandini Madonna (ja)
  • Madonna Aldobrandini (ja)
prop-ja:paintingAlignment
  • right (ja)
  • right (ja)
prop-ja:title
  • アルドブランディーニの聖母 (ja)
  • アルドブランディーニの聖母 (ja)
prop-ja:type
  • 板に油彩 (ja)
  • 板に油彩 (ja)
prop-ja:widthMetric
  • 32.900000 (xsd:double)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 1509 (xsd:integer)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『アルドブランディーニの聖母』(アルドブランディーニのせいぼ、(伊: Madonna Aldobrandini、英: Aldobrandini Madonna))は、盛期ルネサンスの画家ラファエロ・サンティが描いた絵画。板に油彩で描かれた板絵で、ラファエロが多く描いた、聖母マリア、幼児キリスト、幼児洗礼者聖ヨハネの三人をモチーフとした作品の一つである。ラファエロのキャリアにおけるローマ時代といわれる時期の初めごろに描かれた作品で、色使い、自然物の取り入れ、画面構成手法など、それまでのウルビーノ時代、フィレンツェ時代と呼ばれる時期の作品とは異なった、ラファエロの後期作品の典型ともいえる作風で描かれた作品となっている。 『アルドブランディーニの聖母』は数世紀にわたってローマの貴族アルドブランディーニ家 (en:Aldobrandini family) が所蔵しており、1865年からはロンドンのナショナル・ギャラリーに所蔵されている。ナショナル・ギャラリーに売却される以前は50年にわたってガルヴァ男爵家が所蔵していたこともあって、『ガルヴァの聖母』と呼ばれることもある。 (ja)
  • 『アルドブランディーニの聖母』(アルドブランディーニのせいぼ、(伊: Madonna Aldobrandini、英: Aldobrandini Madonna))は、盛期ルネサンスの画家ラファエロ・サンティが描いた絵画。板に油彩で描かれた板絵で、ラファエロが多く描いた、聖母マリア、幼児キリスト、幼児洗礼者聖ヨハネの三人をモチーフとした作品の一つである。ラファエロのキャリアにおけるローマ時代といわれる時期の初めごろに描かれた作品で、色使い、自然物の取り入れ、画面構成手法など、それまでのウルビーノ時代、フィレンツェ時代と呼ばれる時期の作品とは異なった、ラファエロの後期作品の典型ともいえる作風で描かれた作品となっている。 『アルドブランディーニの聖母』は数世紀にわたってローマの貴族アルドブランディーニ家 (en:Aldobrandini family) が所蔵しており、1865年からはロンドンのナショナル・ギャラリーに所蔵されている。ナショナル・ギャラリーに売却される以前は50年にわたってガルヴァ男爵家が所蔵していたこともあって、『ガルヴァの聖母』と呼ばれることもある。 (ja)
rdfs:label
  • アルドブランディーニの聖母 (ja)
  • アルドブランディーニの聖母 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • アルドブランディーニの聖母 (ja)
  • アルドブランディーニの聖母 (ja)
is foaf:primaryTopic of