アメリカ連合国(アメリカれんごうこく、英語: Confederate States of America, 略号:CSA)は、1861年から1865年まで存在した北米の未承認共和国である。連合国は、もともとアメリカの南部地域にあるサウスカロライナ州、ミシシッピ州、フロリダ州、アラバマ州、ジョージア州、ルイジアナ州、テキサス州の7つの分離派奴隷州によって形成された共和制国家で、経済は綿花を中心とした農業とアフリカ系アメリカ人奴隷の労働力に依存したプランテーション制度に大きく依存していた。1860年11月に行われた共和党候補者エイブラハム・リンカーンの大統領選挙では、西部地域への奴隷制度の拡大に反対の立場をとっていたため、奴隷制度の存続が危ぶまれていたことを確信した連合国は、米国への反発から離脱を宣言し、その後のアメリカ南北戦争では、忠誠を誓った州が連邦(Union)として知られるようになった。連合国副大統領であるアレクサンダー・H・スティーブンスは、そのイデオロギーを「黒人は白人と平等ではないという偉大な真理に基づいており、奴隷制、つまり優越的な人種に従属することが彼の自然で正常な状態である」と説明していた。

Property Value
dbo:abstract
  • アメリカ連合国(アメリカれんごうこく、英語: Confederate States of America, 略号:CSA)は、1861年から1865年まで存在した北米の未承認共和国である。連合国は、もともとアメリカの南部地域にあるサウスカロライナ州、ミシシッピ州、フロリダ州、アラバマ州、ジョージア州、ルイジアナ州、テキサス州の7つの分離派奴隷州によって形成された共和制国家で、経済は綿花を中心とした農業とアフリカ系アメリカ人奴隷の労働力に依存したプランテーション制度に大きく依存していた。1860年11月に行われた共和党候補者エイブラハム・リンカーンの大統領選挙では、西部地域への奴隷制度の拡大に反対の立場をとっていたため、奴隷制度の存続が危ぶまれていたことを確信した連合国は、米国への反発から離脱を宣言し、その後のアメリカ南北戦争では、忠誠を誓った州が連邦(Union)として知られるようになった。連合国副大統領であるアレクサンダー・H・スティーブンスは、そのイデオロギーを「黒人は白人と平等ではないという偉大な真理に基づいており、奴隷制、つまり優越的な人種に従属することが彼の自然で正常な状態である」と説明していた。 リンカーンが3月に就任する前の1861年2月には、アメリカ政府から違法とされていた連合国新政府が発足していた。各州は民兵部隊を志願し、新政府は一夜にして実質的に何もない状態から自らのアメリカ連合国陸軍の結成を急いだ。4月にアメリカ南北戦争が始まると、アッパーサウスの4つの奴隷州(バージニア州、アーカンソー州、テネシー州、ノースカロライナ州)も脱退して連合国に加盟した。後に連合国軍はミズーリ州とケンタッキー州を南軍の一員として受け入れたが、いずれも公式に離脱を宣言したわけでもなく、連合国軍の支配下にあったわけでもなかった。連合国軍の影の政府は2つの州を支配しようとしたが、後に追放された。アメリカ合衆国政府(連邦、the Union)は分離独立の主張を拒否し、それを違法とみなした。 1861年4月12日、連合国軍がサウスカロライナ州チャールストンの港にあった連邦軍の砦、サムター要塞を攻撃したことから戦争は始まった。イギリスとフランスは交戦団体として連合国を承認していたため連合国軍のエージェントが民間企業と契約して武器やその他の物資を調達することを認めていたが、外国政府は連合国を独立国として公式に認めたことはなかった。1865年初頭、4年間の激しい戦闘の末、62万人から85万人の戦死者を出した連合国軍はすべて降伏した。戦争には正式な終結がなかった。1865年末までにはほぼすべての連合国軍は降伏を余儀なくされるか、意図的に解散していた。その時点までには、連合国の人員と資源が減少していたため、連合国軍は圧倒的な困難に直面していた。南北戦争の期間中、アメリカ連合国の大統領であったジェファーソン・デイビスは、連合国が「消滅した」と嘆いた。 戦後、連合国の各州は、奴隷制を禁止するアメリカ合衆国憲法修正第13条を批准した後、復興期に連邦に再加盟した。「失われた大義(Lost Cause)」イデオロギーは、連合国軍の大義はただ一つであるという考え方で、戦後数十年の間に連合国軍の元将軍や政治家の間で、また「連合国軍退役軍人の息子たち」や「連合国の娘たちの連合」のような組織の間で生まれた。特に失われた大義についての活動が激しかった時期は、最後の連合国軍退役軍人が死に始め、彼らの記憶を保存しようとしていた時期である第一次世界大戦の頃と、1950年代と1960年代の公民権運動の間に人種平等のための国民の支持が高まっていたことに反応していた時期であった。連合軍の著名な記念碑を建てたり、学校の歴史教科書を書いたりする活動を通じて、彼らは将来の世代の南部白人がジム・クロウのような白人至上主義政策を支持し続けることを保証しようとした。1950年代と1960年代の復活は、1948年にストロム・サーモンド上院議員のディキシークラットが公民権運動への反対を示すために行ったことに始まった。 (ja)
  • アメリカ連合国(アメリカれんごうこく、英語: Confederate States of America, 略号:CSA)は、1861年から1865年まで存在した北米の未承認共和国である。連合国は、もともとアメリカの南部地域にあるサウスカロライナ州、ミシシッピ州、フロリダ州、アラバマ州、ジョージア州、ルイジアナ州、テキサス州の7つの分離派奴隷州によって形成された共和制国家で、経済は綿花を中心とした農業とアフリカ系アメリカ人奴隷の労働力に依存したプランテーション制度に大きく依存していた。1860年11月に行われた共和党候補者エイブラハム・リンカーンの大統領選挙では、西部地域への奴隷制度の拡大に反対の立場をとっていたため、奴隷制度の存続が危ぶまれていたことを確信した連合国は、米国への反発から離脱を宣言し、その後のアメリカ南北戦争では、忠誠を誓った州が連邦(Union)として知られるようになった。連合国副大統領であるアレクサンダー・H・スティーブンスは、そのイデオロギーを「黒人は白人と平等ではないという偉大な真理に基づいており、奴隷制、つまり優越的な人種に従属することが彼の自然で正常な状態である」と説明していた。 リンカーンが3月に就任する前の1861年2月には、アメリカ政府から違法とされていた連合国新政府が発足していた。各州は民兵部隊を志願し、新政府は一夜にして実質的に何もない状態から自らのアメリカ連合国陸軍の結成を急いだ。4月にアメリカ南北戦争が始まると、アッパーサウスの4つの奴隷州(バージニア州、アーカンソー州、テネシー州、ノースカロライナ州)も脱退して連合国に加盟した。後に連合国軍はミズーリ州とケンタッキー州を南軍の一員として受け入れたが、いずれも公式に離脱を宣言したわけでもなく、連合国軍の支配下にあったわけでもなかった。連合国軍の影の政府は2つの州を支配しようとしたが、後に追放された。アメリカ合衆国政府(連邦、the Union)は分離独立の主張を拒否し、それを違法とみなした。 1861年4月12日、連合国軍がサウスカロライナ州チャールストンの港にあった連邦軍の砦、サムター要塞を攻撃したことから戦争は始まった。イギリスとフランスは交戦団体として連合国を承認していたため連合国軍のエージェントが民間企業と契約して武器やその他の物資を調達することを認めていたが、外国政府は連合国を独立国として公式に認めたことはなかった。1865年初頭、4年間の激しい戦闘の末、62万人から85万人の戦死者を出した連合国軍はすべて降伏した。戦争には正式な終結がなかった。1865年末までにはほぼすべての連合国軍は降伏を余儀なくされるか、意図的に解散していた。その時点までには、連合国の人員と資源が減少していたため、連合国軍は圧倒的な困難に直面していた。南北戦争の期間中、アメリカ連合国の大統領であったジェファーソン・デイビスは、連合国が「消滅した」と嘆いた。 戦後、連合国の各州は、奴隷制を禁止するアメリカ合衆国憲法修正第13条を批准した後、復興期に連邦に再加盟した。「失われた大義(Lost Cause)」イデオロギーは、連合国軍の大義はただ一つであるという考え方で、戦後数十年の間に連合国軍の元将軍や政治家の間で、また「連合国軍退役軍人の息子たち」や「連合国の娘たちの連合」のような組織の間で生まれた。特に失われた大義についての活動が激しかった時期は、最後の連合国軍退役軍人が死に始め、彼らの記憶を保存しようとしていた時期である第一次世界大戦の頃と、1950年代と1960年代の公民権運動の間に人種平等のための国民の支持が高まっていたことに反応していた時期であった。連合軍の著名な記念碑を建てたり、学校の歴史教科書を書いたりする活動を通じて、彼らは将来の世代の南部白人がジム・クロウのような白人至上主義政策を支持し続けることを保証しようとした。1950年代と1960年代の復活は、1948年にストロム・サーモンド上院議員のディキシークラットが公民権運動への反対を示すために行ったことに始まった。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 32960 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 28422 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81353433 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:亡国時期
  • 1865 (xsd:integer)
prop-ja:人口値
  • 3521110 (xsd:integer)
  • 9103332 (xsd:integer)
prop-ja:人口測定時期
  • 1860 (xsd:integer)
  • (奴隷人口) (ja)
prop-ja:位置画像
  • Confederate States of America .svg (ja)
  • Confederate States of America .svg (ja)
prop-ja:元首等年代始
  • --02-18
prop-ja:元首等年代終
  • --05-10
prop-ja:元首等氏名
prop-ja:元首等肩書
prop-ja:先代
  • アメリカ合衆国 (ja)
  • アメリカ合衆国 (ja)
prop-ja:先旗
  • US flag 33 stars.svg (ja)
  • US flag 33 stars.svg (ja)
prop-ja:公式国名
  • ''' (ja)
  • ''' (ja)
prop-ja:公用語
prop-ja:国旗画像
  • Flag of the Confederate States of America .svg (ja)
  • Flag of the Confederate States of America .svg (ja)
prop-ja:国歌
prop-ja:国章幅
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:国章画像
  • Seal of the Confederate States of America.svg (ja)
  • Seal of the Confederate States of America.svg (ja)
prop-ja:変遷
prop-ja:変遷年月日
  • 1861 (xsd:integer)
  • --02-04
  • --04-03
  • --04-09
  • --04-12
prop-ja:建国時期
  • 1861 (xsd:integer)
prop-ja:日本語国名
  • アメリカ連合国 (ja)
  • アメリカ連合国 (ja)
prop-ja:最大都市
prop-ja:標語
  • '' (ja)
  • (羅: 我々の擁護神の下で) (ja)
  • '' (ja)
  • (羅: 我々の擁護神の下で) (ja)
prop-ja:次代
  • アメリカ合衆国 (ja)
  • アメリカ合衆国 (ja)
prop-ja:次旗
  • U.S. flag, 36 stars.svg (ja)
  • U.S. flag, 36 stars.svg (ja)
prop-ja:水面積率
  • 5.7
prop-ja:略名
  • アメリカ連合国 (ja)
  • アメリカ連合国 (ja)
prop-ja:通貨
prop-ja:面積値
  • 1995392 (xsd:integer)
prop-ja:面積測定時期
  • 1860 (xsd:integer)
prop-ja:首相等年代始
  • --02-18
prop-ja:首相等年代終
  • --05-10
prop-ja:首相等氏名
prop-ja:首相等肩書
  • 副大統領 (ja)
  • 副大統領 (ja)
prop-ja:首都
  • ダンヴィル(1865年) (ja)
  • モンゴメリー(-1861年) (ja)
  • リッチモンド(1861年-1865年) (ja)
  • ダンヴィル(1865年) (ja)
  • モンゴメリー(-1861年) (ja)
  • リッチモンド(1861年-1865年) (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • アメリカ連合国(アメリカれんごうこく、英語: Confederate States of America, 略号:CSA)は、1861年から1865年まで存在した北米の未承認共和国である。連合国は、もともとアメリカの南部地域にあるサウスカロライナ州、ミシシッピ州、フロリダ州、アラバマ州、ジョージア州、ルイジアナ州、テキサス州の7つの分離派奴隷州によって形成された共和制国家で、経済は綿花を中心とした農業とアフリカ系アメリカ人奴隷の労働力に依存したプランテーション制度に大きく依存していた。1860年11月に行われた共和党候補者エイブラハム・リンカーンの大統領選挙では、西部地域への奴隷制度の拡大に反対の立場をとっていたため、奴隷制度の存続が危ぶまれていたことを確信した連合国は、米国への反発から離脱を宣言し、その後のアメリカ南北戦争では、忠誠を誓った州が連邦(Union)として知られるようになった。連合国副大統領であるアレクサンダー・H・スティーブンスは、そのイデオロギーを「黒人は白人と平等ではないという偉大な真理に基づいており、奴隷制、つまり優越的な人種に従属することが彼の自然で正常な状態である」と説明していた。 (ja)
  • アメリカ連合国(アメリカれんごうこく、英語: Confederate States of America, 略号:CSA)は、1861年から1865年まで存在した北米の未承認共和国である。連合国は、もともとアメリカの南部地域にあるサウスカロライナ州、ミシシッピ州、フロリダ州、アラバマ州、ジョージア州、ルイジアナ州、テキサス州の7つの分離派奴隷州によって形成された共和制国家で、経済は綿花を中心とした農業とアフリカ系アメリカ人奴隷の労働力に依存したプランテーション制度に大きく依存していた。1860年11月に行われた共和党候補者エイブラハム・リンカーンの大統領選挙では、西部地域への奴隷制度の拡大に反対の立場をとっていたため、奴隷制度の存続が危ぶまれていたことを確信した連合国は、米国への反発から離脱を宣言し、その後のアメリカ南北戦争では、忠誠を誓った州が連邦(Union)として知られるようになった。連合国副大統領であるアレクサンダー・H・スティーブンスは、そのイデオロギーを「黒人は白人と平等ではないという偉大な真理に基づいており、奴隷制、つまり優越的な人種に従属することが彼の自然で正常な状態である」と説明していた。 (ja)
rdfs:label
  • アメリカ連合国 (ja)
  • アメリカ連合国 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:agency of
is dbo:occupation of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:allegiance of
is prop-ja:alliances of
is prop-ja:branch of
is prop-ja:combatant of
is prop-ja:country of
is prop-ja:namedFor of
is prop-ja:result of
is prop-ja:shipCountry of
is prop-ja:significance of
is prop-ja:usedBy of
is prop-ja:所属組織 of
is prop-ja:配備先 of
is foaf:primaryTopic of