アパテー(古希: Ἀπάτη, Apatē)は、ギリシア神話の女神で、欺瞞・不実・不正・失望の擬人化。長母音を省略してアパテとも表記される。 ヘーシオドスの『神統記』によると、夜の女神ニュクスの娘で、モロス、ケール、タナトス、ヒュプノス、オネイロス、モーモス、オイジュス、ヘスペリデス、モイライ、ネメシス、ピロテース、ゲーラス、エリスと兄弟。 ローマ神話にはフラウスとして現れる。男性神では欺瞞が擬人化されたドロスに相当する。対照的な神はアレテイア(真実)である。 アパテーはパンドーラーの箱の中の災いの一つである。

Property Value
dbo:abstract
  • アパテー(古希: Ἀπάτη, Apatē)は、ギリシア神話の女神で、欺瞞・不実・不正・失望の擬人化。長母音を省略してアパテとも表記される。 ヘーシオドスの『神統記』によると、夜の女神ニュクスの娘で、モロス、ケール、タナトス、ヒュプノス、オネイロス、モーモス、オイジュス、ヘスペリデス、モイライ、ネメシス、ピロテース、ゲーラス、エリスと兄弟。 ローマ神話にはフラウスとして現れる。男性神では欺瞞が擬人化されたドロスに相当する。対照的な神はアレテイア(真実)である。 アパテーはパンドーラーの箱の中の災いの一つである。 (ja)
  • アパテー(古希: Ἀπάτη, Apatē)は、ギリシア神話の女神で、欺瞞・不実・不正・失望の擬人化。長母音を省略してアパテとも表記される。 ヘーシオドスの『神統記』によると、夜の女神ニュクスの娘で、モロス、ケール、タナトス、ヒュプノス、オネイロス、モーモス、オイジュス、ヘスペリデス、モイライ、ネメシス、ピロテース、ゲーラス、エリスと兄弟。 ローマ神話にはフラウスとして現れる。男性神では欺瞞が擬人化されたドロスに相当する。対照的な神はアレテイア(真実)である。 アパテーはパンドーラーの箱の中の災いの一つである。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 1002589 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 804 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78231351 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • アパテー(古希: Ἀπάτη, Apatē)は、ギリシア神話の女神で、欺瞞・不実・不正・失望の擬人化。長母音を省略してアパテとも表記される。 ヘーシオドスの『神統記』によると、夜の女神ニュクスの娘で、モロス、ケール、タナトス、ヒュプノス、オネイロス、モーモス、オイジュス、ヘスペリデス、モイライ、ネメシス、ピロテース、ゲーラス、エリスと兄弟。 ローマ神話にはフラウスとして現れる。男性神では欺瞞が擬人化されたドロスに相当する。対照的な神はアレテイア(真実)である。 アパテーはパンドーラーの箱の中の災いの一つである。 (ja)
  • アパテー(古希: Ἀπάτη, Apatē)は、ギリシア神話の女神で、欺瞞・不実・不正・失望の擬人化。長母音を省略してアパテとも表記される。 ヘーシオドスの『神統記』によると、夜の女神ニュクスの娘で、モロス、ケール、タナトス、ヒュプノス、オネイロス、モーモス、オイジュス、ヘスペリデス、モイライ、ネメシス、ピロテース、ゲーラス、エリスと兄弟。 ローマ神話にはフラウスとして現れる。男性神では欺瞞が擬人化されたドロスに相当する。対照的な神はアレテイア(真実)である。 アパテーはパンドーラーの箱の中の災いの一つである。 (ja)
rdfs:label
  • アパテー (ja)
  • アパテー (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:siblings of
is foaf:primaryTopic of