『ラ・スカピリアータ』いわゆる『ほつれ髪の女』(伊: La Scapigliata, 英: The Lady with Dishevelled Hair)は、盛期ルネサンスのイタリアの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが1506年から1508年頃に制作した未完成の絵画である。油彩。この絵画は髪が乱れた下を見つめている名前の明らかでない女性を描いており、その魅惑的な美しさ、神秘的な態度、熟達したスフマートのために賞賛されている。現在はパルマ国立美術館に所蔵されている。 絵画の帰属、主題、制作年、来歴、制作意図について真の合意は得られていない。帰属は今なお議論の余地があり、何人かの研究者がこの作品をレオナルド・ダ・ヴィンチの弟子に帰している。主題に関しては未完成の聖アンナの絵画の下絵であるとか、ロンドンのナショナル・ギャラリー版の『岩窟の聖母』あるいは失われた作品『レダと白鳥』の習作などの説があるが、いずれも広く受け入れられていない。 絵画が歴史に現れたのはパルマの芸術家のコレクションがに売却された1826年であるが、絵画が存在した証拠は1531年までさかのぼることができる。ほとんどの研究者はレオナルド・ダ・ヴィンチの作品と見なし、様々な主要な展示会でもレオナルド・ダ・ヴィンチの作品として記載されている。

Property Value
dbo:abstract
  • 『ラ・スカピリアータ』いわゆる『ほつれ髪の女』(伊: La Scapigliata, 英: The Lady with Dishevelled Hair)は、盛期ルネサンスのイタリアの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが1506年から1508年頃に制作した未完成の絵画である。油彩。この絵画は髪が乱れた下を見つめている名前の明らかでない女性を描いており、その魅惑的な美しさ、神秘的な態度、熟達したスフマートのために賞賛されている。現在はパルマ国立美術館に所蔵されている。 絵画の帰属、主題、制作年、来歴、制作意図について真の合意は得られていない。帰属は今なお議論の余地があり、何人かの研究者がこの作品をレオナルド・ダ・ヴィンチの弟子に帰している。主題に関しては未完成の聖アンナの絵画の下絵であるとか、ロンドンのナショナル・ギャラリー版の『岩窟の聖母』あるいは失われた作品『レダと白鳥』の習作などの説があるが、いずれも広く受け入れられていない。 絵画が歴史に現れたのはパルマの芸術家のコレクションがに売却された1826年であるが、絵画が存在した証拠は1531年までさかのぼることができる。ほとんどの研究者はレオナルド・ダ・ヴィンチの作品と見なし、様々な主要な展示会でもレオナルド・ダ・ヴィンチの作品として記載されている。 (ja)
  • 『ラ・スカピリアータ』いわゆる『ほつれ髪の女』(伊: La Scapigliata, 英: The Lady with Dishevelled Hair)は、盛期ルネサンスのイタリアの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが1506年から1508年頃に制作した未完成の絵画である。油彩。この絵画は髪が乱れた下を見つめている名前の明らかでない女性を描いており、その魅惑的な美しさ、神秘的な態度、熟達したスフマートのために賞賛されている。現在はパルマ国立美術館に所蔵されている。 絵画の帰属、主題、制作年、来歴、制作意図について真の合意は得られていない。帰属は今なお議論の余地があり、何人かの研究者がこの作品をレオナルド・ダ・ヴィンチの弟子に帰している。主題に関しては未完成の聖アンナの絵画の下絵であるとか、ロンドンのナショナル・ギャラリー版の『岩窟の聖母』あるいは失われた作品『レダと白鳥』の習作などの説があるが、いずれも広く受け入れられていない。 絵画が歴史に現れたのはパルマの芸術家のコレクションがに売却された1826年であるが、絵画が存在した証拠は1531年までさかのぼることができる。ほとんどの研究者はレオナルド・ダ・ヴィンチの作品と見なし、様々な主要な展示会でもレオナルド・ダ・ヴィンチの作品として記載されている。 (ja)
dbo:creator
dbo:location
dbo:museum
dbo:painter
dbo:title
  • La Scapigliata (ja)
  • The Lady with Dishevelled Hair (ja)
  • La Scapigliata (ja)
  • The Lady with Dishevelled Hair (ja)
dbo:type
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4374815 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 12170 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 85092373 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:artist
prop-ja:city
prop-ja:height
  • 24.700000 (xsd:double)
prop-ja:imageFile
  • Lascapigliata.jpg (ja)
  • Lascapigliata.jpg (ja)
prop-ja:imageSize
  • 370 (xsd:integer)
prop-ja:museum
prop-ja:otherLanguage
prop-ja:otherTitle
  • La Scapigliata (ja)
  • The Lady with Dishevelled Hair (ja)
  • La Scapigliata (ja)
  • The Lady with Dishevelled Hair (ja)
prop-ja:title
  • ほつれ髪の女 (ja)
  • ほつれ髪の女 (ja)
prop-ja:type
prop-ja:width
  • 21 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 1506 (xsd:integer)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『ラ・スカピリアータ』いわゆる『ほつれ髪の女』(伊: La Scapigliata, 英: The Lady with Dishevelled Hair)は、盛期ルネサンスのイタリアの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが1506年から1508年頃に制作した未完成の絵画である。油彩。この絵画は髪が乱れた下を見つめている名前の明らかでない女性を描いており、その魅惑的な美しさ、神秘的な態度、熟達したスフマートのために賞賛されている。現在はパルマ国立美術館に所蔵されている。 絵画の帰属、主題、制作年、来歴、制作意図について真の合意は得られていない。帰属は今なお議論の余地があり、何人かの研究者がこの作品をレオナルド・ダ・ヴィンチの弟子に帰している。主題に関しては未完成の聖アンナの絵画の下絵であるとか、ロンドンのナショナル・ギャラリー版の『岩窟の聖母』あるいは失われた作品『レダと白鳥』の習作などの説があるが、いずれも広く受け入れられていない。 絵画が歴史に現れたのはパルマの芸術家のコレクションがに売却された1826年であるが、絵画が存在した証拠は1531年までさかのぼることができる。ほとんどの研究者はレオナルド・ダ・ヴィンチの作品と見なし、様々な主要な展示会でもレオナルド・ダ・ヴィンチの作品として記載されている。 (ja)
  • 『ラ・スカピリアータ』いわゆる『ほつれ髪の女』(伊: La Scapigliata, 英: The Lady with Dishevelled Hair)は、盛期ルネサンスのイタリアの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが1506年から1508年頃に制作した未完成の絵画である。油彩。この絵画は髪が乱れた下を見つめている名前の明らかでない女性を描いており、その魅惑的な美しさ、神秘的な態度、熟達したスフマートのために賞賛されている。現在はパルマ国立美術館に所蔵されている。 絵画の帰属、主題、制作年、来歴、制作意図について真の合意は得られていない。帰属は今なお議論の余地があり、何人かの研究者がこの作品をレオナルド・ダ・ヴィンチの弟子に帰している。主題に関しては未完成の聖アンナの絵画の下絵であるとか、ロンドンのナショナル・ギャラリー版の『岩窟の聖母』あるいは失われた作品『レダと白鳥』の習作などの説があるが、いずれも広く受け入れられていない。 絵画が歴史に現れたのはパルマの芸術家のコレクションがに売却された1826年であるが、絵画が存在した証拠は1531年までさかのぼることができる。ほとんどの研究者はレオナルド・ダ・ヴィンチの作品と見なし、様々な主要な展示会でもレオナルド・ダ・ヴィンチの作品として記載されている。 (ja)
rdfs:label
  • ほつれ髪の女 (ja)
  • ほつれ髪の女 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ほつれ髪の女 (ja)
  • ほつれ髪の女 (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of