『げんしけん The Society for the Study of Modern Visual Culture』は、木尾士目による日本の漫画作品。続編の『げんしけん 二代目』についても、この頁で扱う。 表題の「げんしけん」とは物語の舞台となる大学のサークル「現代視覚文化研究会(現視研)」のこと。基本的には、げんしけんに所属するオタク達のリアルな日常を描くコメディ作品だが、心理描写や人間模様を軸とした恋愛漫画の要素も含まれている。 漫画、アニメ、イラスト、ライトノベル、コンピュータゲームの他、二次創作物である同人誌(および同人誌即売会)、フィギュア、カプセルトイ、トレーディングカード、コスプレ、プラモデル等のサブカルチャー(以下サブカル)が多く登場する。第13話ではサンライズ承認、バンダイ協力のもと「ガンプラ」を題材としている。時代設定は連載開始時と同期だが、『二代目』では連載時期と同じ時代が舞台となっているような描写がある。 2005年に講談社漫画賞並び文化庁メディア芸術祭にノミネートされた。

Property Value
dbo:abstract
  • 『げんしけん The Society for the Study of Modern Visual Culture』は、木尾士目による日本の漫画作品。続編の『げんしけん 二代目』についても、この頁で扱う。 表題の「げんしけん」とは物語の舞台となる大学のサークル「現代視覚文化研究会(現視研)」のこと。基本的には、げんしけんに所属するオタク達のリアルな日常を描くコメディ作品だが、心理描写や人間模様を軸とした恋愛漫画の要素も含まれている。 漫画、アニメ、イラスト、ライトノベル、コンピュータゲームの他、二次創作物である同人誌(および同人誌即売会)、フィギュア、カプセルトイ、トレーディングカード、コスプレ、プラモデル等のサブカルチャー(以下サブカル)が多く登場する。第13話ではサンライズ承認、バンダイ協力のもと「ガンプラ」を題材としている。時代設定は連載開始時と同期だが、『二代目』では連載時期と同じ時代が舞台となっているような描写がある。 2005年に講談社漫画賞並び文化庁メディア芸術祭にノミネートされた。 (ja)
  • 『げんしけん The Society for the Study of Modern Visual Culture』は、木尾士目による日本の漫画作品。続編の『げんしけん 二代目』についても、この頁で扱う。 表題の「げんしけん」とは物語の舞台となる大学のサークル「現代視覚文化研究会(現視研)」のこと。基本的には、げんしけんに所属するオタク達のリアルな日常を描くコメディ作品だが、心理描写や人間模様を軸とした恋愛漫画の要素も含まれている。 漫画、アニメ、イラスト、ライトノベル、コンピュータゲームの他、二次創作物である同人誌(および同人誌即売会)、フィギュア、カプセルトイ、トレーディングカード、コスプレ、プラモデル等のサブカルチャー(以下サブカル)が多く登場する。第13話ではサンライズ承認、バンダイ協力のもと「ガンプラ」を題材としている。時代設定は連載開始時と同期だが、『二代目』では連載時期と同じ時代が舞台となっているような描写がある。 2005年に講談社漫画賞並び文化庁メディア芸術祭にノミネートされた。 (ja)
dbo:creator
dbo:director
dbo:genre
dbo:musicComposer
dbo:productionCompany
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2845352 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 48080 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81041638 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbo:writer
prop-ja:_
  • 2007 (xsd:integer)
  • 2010 (xsd:integer)
  • 2013 (xsd:integer)
  • Production I.Gのアニメ作品 (ja)
  • アームス (ja)
  • クロックワークスのアニメ作品 (ja)
  • スターチャイルドのアニメ作品 (ja)
  • ドラマCD (ja)
  • ラーメンを題材とした漫画作品 (ja)
  • 女装アニメ (ja)
  • 月刊コミックアライブ (ja)
  • 漫画のスピンオフ作品 (ja)
  • 漫画作品 ら (ja)
prop-ja:date
  • 20120305072438 (xsd:decimal)
prop-ja:redirect
  • げんしけん 二代目 (ja)
  • げんしけん2 (ja)
  • ラーメン天使プリティメンマ (ja)
  • げんしけん 二代目 (ja)
  • げんしけん2 (ja)
  • ラーメン天使プリティメンマ (ja)
prop-ja:title
  • アニメ2期・OVA公式サイト (ja)
  • アニメ2期・OVA公式サイト (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アニメーション制作
prop-ja:ウィキプロジェクト
prop-ja:ウィキポータル
prop-ja:キャラクターデザイン
prop-ja:コンテンツ
  • * くじびきアンバランス * ラーメン天使プリティメンマ (ja)
  • * くじびきアンバランス * ラーメン天使プリティメンマ (ja)
prop-ja:サイズ
  • 240 (xsd:integer)
prop-ja:シリーズ構成
prop-ja:ジャンル
prop-ja:タイトル
  • 関連作品 (ja)
  • げんしけん (ja)
  • げんしけん 二代目 (ja)
  • げんしけん2 (ja)
  • げんしけん二代目 (ja)
  • 関連作品 (ja)
  • げんしけん (ja)
  • げんしけん 二代目 (ja)
  • げんしけん2 (ja)
  • げんしけん二代目 (ja)
prop-ja:レーベル
  • アフタヌーンKC (ja)
  • アフタヌーンKC (ja)
prop-ja:作者
prop-ja:出版社
prop-ja:前番組
prop-ja:原作
  • 木尾士目 (ja)
  • 木尾士目 (ja)
prop-ja:巻数
  • 全9巻 (ja)
  • 全12巻 (ja)
  • 全9巻 (ja)
  • 全12巻 (ja)
prop-ja:掲載誌
prop-ja:放送局
prop-ja:放送枠
  • 1440.0
  • 1470.0
prop-ja:放送終了
  • 9 (xsd:integer)
  • --02-01
prop-ja:放送開始
  • 2004 (xsd:integer)
  • 2007 (xsd:integer)
  • 2013 (xsd:integer)
prop-ja:次番組
prop-ja:画像
  • Genshiken logo.gif (ja)
  • Genshiken logo.gif (ja)
prop-ja:番組名
  • げんしけん (ja)
  • げんしけん2 (ja)
  • げんしけん (ja)
  • げんしけん2 (ja)
prop-ja:監督
prop-ja:終了
  • --04-25
prop-ja:終了号
  • 2006 (xsd:integer)
  • 2016 (xsd:integer)
prop-ja:脚本
  • 横手美智子、後藤みどり (ja)
  • 横手美智子、木尾士目 (ja)
  • 横手美智子、後藤みどり (ja)
  • 横手美智子、木尾士目 (ja)
prop-ja:製作
prop-ja:話数
  • 全12話 (ja)
  • 全13話 (ja)
  • 全3話 (ja)
  • 全12話 (ja)
  • 全13話 (ja)
  • 全3話 (ja)
prop-ja:開始
  • --12-22
prop-ja:開始号
  • 2002 (xsd:integer)
  • --02-01
prop-ja:音楽
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『げんしけん The Society for the Study of Modern Visual Culture』は、木尾士目による日本の漫画作品。続編の『げんしけん 二代目』についても、この頁で扱う。 表題の「げんしけん」とは物語の舞台となる大学のサークル「現代視覚文化研究会(現視研)」のこと。基本的には、げんしけんに所属するオタク達のリアルな日常を描くコメディ作品だが、心理描写や人間模様を軸とした恋愛漫画の要素も含まれている。 漫画、アニメ、イラスト、ライトノベル、コンピュータゲームの他、二次創作物である同人誌(および同人誌即売会)、フィギュア、カプセルトイ、トレーディングカード、コスプレ、プラモデル等のサブカルチャー(以下サブカル)が多く登場する。第13話ではサンライズ承認、バンダイ協力のもと「ガンプラ」を題材としている。時代設定は連載開始時と同期だが、『二代目』では連載時期と同じ時代が舞台となっているような描写がある。 2005年に講談社漫画賞並び文化庁メディア芸術祭にノミネートされた。 (ja)
  • 『げんしけん The Society for the Study of Modern Visual Culture』は、木尾士目による日本の漫画作品。続編の『げんしけん 二代目』についても、この頁で扱う。 表題の「げんしけん」とは物語の舞台となる大学のサークル「現代視覚文化研究会(現視研)」のこと。基本的には、げんしけんに所属するオタク達のリアルな日常を描くコメディ作品だが、心理描写や人間模様を軸とした恋愛漫画の要素も含まれている。 漫画、アニメ、イラスト、ライトノベル、コンピュータゲームの他、二次創作物である同人誌(および同人誌即売会)、フィギュア、カプセルトイ、トレーディングカード、コスプレ、プラモデル等のサブカルチャー(以下サブカル)が多く登場する。第13話ではサンライズ承認、バンダイ協力のもと「ガンプラ」を題材としている。時代設定は連載開始時と同期だが、『二代目』では連載時期と同じ時代が舞台となっているような描写がある。 2005年に講談社漫画賞並び文化庁メディア芸術祭にノミネートされた。 (ja)
rdfs:label
  • げんしけん (ja)
  • げんしけん (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • げんしけん (ja)
  • げんしけん2 (ja)
  • げんしけん二代目 (ja)
  • げんしけん (ja)
  • げんしけん2 (ja)
  • げんしけん二代目 (ja)
is dbo:artist of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:artist of
is foaf:primaryTopic of