うにまるは、北海道・奥尻島の着ぐるみのマスコットキャラクター。 ウニが奥尻島の名産である事から、をモチーフにしている。北海道が進める地域雇用を活性化させる対策として、奥尻島観光のイメージの向上を呼びかける形で、観光協会と結び2001年に「タイムカプセルうにまる」という施設が開館になるのにあわせ、登場した。2001年4月28日、大型連休の第一日目にあたるこの日に公の場に姿をあらわす。 なお、島内の小高い丘に「うにまるモニュメントパーク」が建造された。キタムラサキウニをイメージしたモニュメントは夜には120本のトゲがライトアップされ、「なべつる岩」とともに観光スポットとなっている。

Property Value
dbo:abstract
  • うにまるは、北海道・奥尻島の着ぐるみのマスコットキャラクター。 ウニが奥尻島の名産である事から、をモチーフにしている。北海道が進める地域雇用を活性化させる対策として、奥尻島観光のイメージの向上を呼びかける形で、観光協会と結び2001年に「タイムカプセルうにまる」という施設が開館になるのにあわせ、登場した。2001年4月28日、大型連休の第一日目にあたるこの日に公の場に姿をあらわす。 なお、島内の小高い丘に「うにまるモニュメントパーク」が建造された。キタムラサキウニをイメージしたモニュメントは夜には120本のトゲがライトアップされ、「なべつる岩」とともに観光スポットとなっている。 (ja)
  • うにまるは、北海道・奥尻島の着ぐるみのマスコットキャラクター。 ウニが奥尻島の名産である事から、をモチーフにしている。北海道が進める地域雇用を活性化させる対策として、奥尻島観光のイメージの向上を呼びかける形で、観光協会と結び2001年に「タイムカプセルうにまる」という施設が開館になるのにあわせ、登場した。2001年4月28日、大型連休の第一日目にあたるこの日に公の場に姿をあらわす。 なお、島内の小高い丘に「うにまるモニュメントパーク」が建造された。キタムラサキウニをイメージしたモニュメントは夜には120本のトゲがライトアップされ、「なべつる岩」とともに観光スポットとなっている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 472438 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1538 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 66332665 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • うにまるは、北海道・奥尻島の着ぐるみのマスコットキャラクター。 ウニが奥尻島の名産である事から、をモチーフにしている。北海道が進める地域雇用を活性化させる対策として、奥尻島観光のイメージの向上を呼びかける形で、観光協会と結び2001年に「タイムカプセルうにまる」という施設が開館になるのにあわせ、登場した。2001年4月28日、大型連休の第一日目にあたるこの日に公の場に姿をあらわす。 なお、島内の小高い丘に「うにまるモニュメントパーク」が建造された。キタムラサキウニをイメージしたモニュメントは夜には120本のトゲがライトアップされ、「なべつる岩」とともに観光スポットとなっている。 (ja)
  • うにまるは、北海道・奥尻島の着ぐるみのマスコットキャラクター。 ウニが奥尻島の名産である事から、をモチーフにしている。北海道が進める地域雇用を活性化させる対策として、奥尻島観光のイメージの向上を呼びかける形で、観光協会と結び2001年に「タイムカプセルうにまる」という施設が開館になるのにあわせ、登場した。2001年4月28日、大型連休の第一日目にあたるこの日に公の場に姿をあらわす。 なお、島内の小高い丘に「うにまるモニュメントパーク」が建造された。キタムラサキウニをイメージしたモニュメントは夜には120本のトゲがライトアップされ、「なべつる岩」とともに観光スポットとなっている。 (ja)
rdfs:label
  • うにまる (ja)
  • うにまる (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of