「開星論」のUFO党(かいせいろんのゆうほうとう)、旧称:UFO党、日本UFO党)は、森脇十九男が中心となり1982年5月13日勝海舟の墓前で結党宣言をし立ち上げたUFO党が1985年に再編成して設立され届出された日本の政治団体・政党である。開国論ならぬ「開星論」を掲げて、宇宙人との友好的交流の促進、主要各国政府上層部のみが知り得るUFO機密情報の開示を政策としている。現在も政治資金規正法上の政治団体としては存続しているが、1997年以降の政治資金収支報告書では収入・支出とも金額0が続いており実質的に長期休眠状態にある。 『やはりE.T.はいた!-コズミック・ウォーターゲート事件の全貌』の著者の一人・森脇十九男を党首に据え、1983年の同著上梓から参議院議員通常選挙への立候補活動を本格化した。

Property Value
dbo:abstract
  • 「開星論」のUFO党(かいせいろんのゆうほうとう)、旧称:UFO党、日本UFO党)は、森脇十九男が中心となり1982年5月13日勝海舟の墓前で結党宣言をし立ち上げたUFO党が1985年に再編成して設立され届出された日本の政治団体・政党である。開国論ならぬ「開星論」を掲げて、宇宙人との友好的交流の促進、主要各国政府上層部のみが知り得るUFO機密情報の開示を政策としている。現在も政治資金規正法上の政治団体としては存続しているが、1997年以降の政治資金収支報告書では収入・支出とも金額0が続いており実質的に長期休眠状態にある。 『やはりE.T.はいた!-コズミック・ウォーターゲート事件の全貌』の著者の一人・森脇十九男を党首に据え、1983年の同著上梓から参議院議員通常選挙への立候補活動を本格化した。 (ja)
  • 「開星論」のUFO党(かいせいろんのゆうほうとう)、旧称:UFO党、日本UFO党)は、森脇十九男が中心となり1982年5月13日勝海舟の墓前で結党宣言をし立ち上げたUFO党が1985年に再編成して設立され届出された日本の政治団体・政党である。開国論ならぬ「開星論」を掲げて、宇宙人との友好的交流の促進、主要各国政府上層部のみが知り得るUFO機密情報の開示を政策としている。現在も政治資金規正法上の政治団体としては存続しているが、1997年以降の政治資金収支報告書では収入・支出とも金額0が続いており実質的に長期休眠状態にある。 『やはりE.T.はいた!-コズミック・ウォーターゲート事件の全貌』の著者の一人・森脇十九男を党首に据え、1983年の同著上梓から参議院議員通常選挙への立候補活動を本格化した。 (ja)
dbo:headquarter
dbo:type
dbo:wikiPageID
  • 856207 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2370 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81270438 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人物
  • 横田久哉(会計責任者)、韮澤潤一郎 (ja)
  • 横田久哉(会計責任者)、韮澤潤一郎 (ja)
prop-ja:位置
  • 開星論 (ja)
  • 開星論 (ja)
prop-ja:名称
  • 「開星論」のUFO党 (ja)
  • 「開星論」のUFO党 (ja)
prop-ja:幹部氏名
  • 森脇十九男 (ja)
  • 森脇十九男 (ja)
prop-ja:本部
  • 東京都新宿区南榎町38 (ja)
  • 東京都新宿区南榎町38 (ja)
prop-ja:目的
prop-ja:種類
prop-ja:言語
prop-ja:設立
  • 1982 (xsd:integer)
prop-ja:設立者
  • 森脇十九男 (ja)
  • 森脇十九男 (ja)
prop-ja:関連組織
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 「開星論」のUFO党(かいせいろんのゆうほうとう)、旧称:UFO党、日本UFO党)は、森脇十九男が中心となり1982年5月13日勝海舟の墓前で結党宣言をし立ち上げたUFO党が1985年に再編成して設立され届出された日本の政治団体・政党である。開国論ならぬ「開星論」を掲げて、宇宙人との友好的交流の促進、主要各国政府上層部のみが知り得るUFO機密情報の開示を政策としている。現在も政治資金規正法上の政治団体としては存続しているが、1997年以降の政治資金収支報告書では収入・支出とも金額0が続いており実質的に長期休眠状態にある。 『やはりE.T.はいた!-コズミック・ウォーターゲート事件の全貌』の著者の一人・森脇十九男を党首に据え、1983年の同著上梓から参議院議員通常選挙への立候補活動を本格化した。 (ja)
  • 「開星論」のUFO党(かいせいろんのゆうほうとう)、旧称:UFO党、日本UFO党)は、森脇十九男が中心となり1982年5月13日勝海舟の墓前で結党宣言をし立ち上げたUFO党が1985年に再編成して設立され届出された日本の政治団体・政党である。開国論ならぬ「開星論」を掲げて、宇宙人との友好的交流の促進、主要各国政府上層部のみが知り得るUFO機密情報の開示を政策としている。現在も政治資金規正法上の政治団体としては存続しているが、1997年以降の政治資金収支報告書では収入・支出とも金額0が続いており実質的に長期休眠状態にある。 『やはりE.T.はいた!-コズミック・ウォーターゲート事件の全貌』の著者の一人・森脇十九男を党首に据え、1983年の同著上梓から参議院議員通常選挙への立候補活動を本格化した。 (ja)
rdfs:label
  • 「開星論」のUFO党 (ja)
  • 「開星論」のUFO党 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 「開星論」のUFO党 (ja)
  • 「開星論」のUFO党 (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:17所属 of
is prop-ja:27所属 of
is prop-ja:39所属 of
is foaf:primaryTopic of