This HTML5 document contains 93 embedded RDF statements represented using HTML+Microdata notation.

The embedded RDF content will be recognized by any processor of HTML5 Microdata.

PrefixNamespace IRI
n32http://commons.wikimedia.org/wiki/Special:FilePath/Vakulenko_BESM6_SosnovyBor.jpeg?width=
dctermshttp://purl.org/dc/terms/
dbpedia-owlhttp://dbpedia.org/ontology/
foafhttp://xmlns.com/foaf/0.1/
n13http://hu.dbpedia.org/resource/
n12http://wikidata.dbpedia.org/resource/
dbpedia-eshttp://es.dbpedia.org/resource/
n29http://ja.dbpedia.org/resource/ファイル:Vakulenko_BESM6_SosnovyBor.
n11http://lt.dbpedia.org/resource/
dbpedia-ruhttp://ru.dbpedia.org/resource/
rdfshttp://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
n14http://uk.dbpedia.org/resource/
n28http://hr.dbpedia.org/resource/
n16http://commons.wikimedia.org/wiki/Special:FilePath/Vakulenko_BESM6_SosnovyBor.
n6http://de.dbpedia.org/resource/BESM_(Computer)
dbpedia-plhttp://pl.dbpedia.org/resource/
n4http://fi.dbpedia.org/resource/
rdfhttp://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
n30http://lv.dbpedia.org/resource/
category-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Category:
owlhttp://www.w3.org/2002/07/owl#
dbpedia-ithttp://it.dbpedia.org/resource/
n27http://ja.dbpedia.org/resource/Category:コンピュータ_(歴代)
wiki-jahttp://ja.wikipedia.org/wiki/
n19http://madaro.ru/p/17/node/
provhttp://www.w3.org/ns/prov#
n18http://ja.wikipedia.org/wiki/BESM?oldid=
xsdhhttp://www.w3.org/2001/XMLSchema#
n24http://www.wikidata.org/entity/
dbpediahttp://dbpedia.org/resource/
n23http://ro.dbpedia.org/resource/
n25http://fr.dbpedia.org/resource/BESM_(ordinateur)
dbpedia-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/
Subject Item
wiki-ja:BESM
foaf:primaryTopic
dbpedia-ja:BESM
Subject Item
dbpedia-ja:IASマシン
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:BESM
Subject Item
dbpedia-ja:ALGOL
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:BESM
Subject Item
dbpedia-ja:メインフレーム
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:BESM
Subject Item
dbpedia-ja:BESM
rdfs:label
BESM
rdfs:comment
БЭСМ (BESM) は、1950年代から60年代に作られたソビエト連邦のメインフレームの名称である。この名称は Большая Электронно-Счётная Машина (大規模電子式計算機械)の頭文字から取られている。БЭСМはМЭСМの後継機種である。МЭСМは1機のみ、1948年から51年にかけて作られた、ヨーロッパ大陸の最初期のコンピュータである。БЭСМには6つの形式があった。
owl:sameAs
n4:BESM n6: n11:BESM n12:Q787327 n13:BESZM n14:Велика_електронна_лічильна_машина dbpedia-es:BESM dbpedia-ru:БЭСМ dbpedia:BESM n23:BESM n24:Q787327 n25: dbpedia-pl:BESM n28:BESM n30:BESM dbpedia-it:BESM
foaf:isPrimaryTopicOf
wiki-ja:BESM
prov:wasDerivedFrom
n18:47263216
dbpedia-owl:abstract
БЭСМ (BESM) は、1950年代から60年代に作られたソビエト連邦のメインフレームの名称である。この名称は Большая Электронно-Счётная Машина (大規模電子式計算機械)の頭文字から取られている。БЭСМはМЭСМの後継機種である。МЭСМは1機のみ、1948年から51年にかけて作られた、ヨーロッパ大陸の最初期のコンピュータである。БЭСМには6つの形式があった。
dbpedia-owl:thumbnail
n32:300
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
n19:69
dbpedia-owl:wikiPageID
2295141
dbpedia-owl:wikiPageLength
2272
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
59
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
47263216
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:トランジスタ dbpedia-ja:アメリカ dbpedia-ja:クロック dbpedia-ja:CDC_6600 dbpedia-ja:ソユーズ dbpedia-ja:Pascal dbpedia-ja:仮想メモリ dbpedia-ja:科学アカデミー dbpedia-ja:ヨーロッパ大陸 dbpedia-ja:文字列 dbpedia-ja:中央演算装置 dbpedia-ja:命令パイプライン dbpedia-ja:Fortran dbpedia-ja:オペレーティングシステム dbpedia-ja:浮動小数点数 dbpedia-ja:コミュニティ dbpedia-ja:1948年 dbpedia-ja:1950年代 dbpedia-ja:ノヴォシビルスク dbpedia-ja:アンドレイ・イェルショフ dbpedia-ja:フロップス dbpedia-ja:アドレス空間 dbpedia-ja:マクロ言語 dbpedia-ja:キャッシュ dbpedia-ja:アクセス category-ja:メインフレーム dbpedia-ja:48ビット dbpedia-ja:ビット dbpedia-ja:防空ミサイル dbpedia-ja:ダイオード dbpedia-ja:リスト dbpedia-ja:指数 dbpedia-ja:アポロ dbpedia-ja:ALGOL dbpedia-ja:IC dbpedia-ja:メインフレーム dbpedia-ja:コンピュータ dbpedia-ja:1966年 category-ja:スーパーコンピュータ dbpedia-ja:1967年 dbpedia-ja:1970年代 dbpedia-ja:磁気ドラム dbpedia-ja:1975年 n27: dbpedia-ja:1980年代 n29:jpeg dbpedia-ja:S-300 dbpedia-ja:1951年 dbpedia-ja:符号 dbpedia-ja:1952年 dbpedia-ja:ソビエト連邦 dbpedia-ja:真空管 dbpedia-ja:1987年 dbpedia-ja:コンパイラ dbpedia-ja:アーキテクチャ dbpedia-ja:1960年代 dbpedia-ja:磁気テープ dbpedia-ja:外部記憶装置
dcterms:subject
category-ja:メインフレーム category-ja:スーパーコンピュータ n27:
foaf:depiction
n16:jpeg