This HTML5 document contains 37 embedded RDF statements represented using HTML+Microdata notation.

The embedded RDF content will be recognized by any processor of HTML5 Microdata.

PrefixNamespace IRI
dctermshttp://purl.org/dc/terms/
dbpedia-owlhttp://dbpedia.org/ontology/
foafhttp://xmlns.com/foaf/0.1/
n6http://wikidata.dbpedia.org/resource/
dbpedia-ruhttp://ru.dbpedia.org/resource/
n10http://ja.wikipedia.org/wiki/銀行学派?oldid=
rdfshttp://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
rdfhttp://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
owlhttp://www.w3.org/2002/07/owl#
category-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Category:
wiki-jahttp://ja.wikipedia.org/wiki/
provhttp://www.w3.org/ns/prov#
xsdhhttp://www.w3.org/2001/XMLSchema#
dbpediahttp://dbpedia.org/resource/
n13http://www.wikidata.org/entity/
dbpedia-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/
Subject Item
wiki-ja:銀行学派
foaf:primaryTopic
dbpedia-ja:銀行学派
Subject Item
dbpedia-ja:貨幣数量説
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:銀行学派
Subject Item
dbpedia-ja:管理通貨制度
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:銀行学派
Subject Item
dbpedia-ja:紙幣
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:銀行学派
Subject Item
dbpedia-ja:ピール銀行条例
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:銀行学派
Subject Item
dbpedia-ja:スターリング・ポンド紙幣
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:銀行学派
Subject Item
dbpedia-ja:貨幣史
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:銀行学派
Subject Item
dbpedia-ja:紙
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:銀行学派
Subject Item
dbpedia-ja:通貨学派
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:銀行学派
Subject Item
dbpedia-ja:銀行学派
rdfs:label
銀行学派
rdfs:comment
銀行学派(ぎんこうがくは banking school)とは19世紀前半の英国における経済学派の一派。銀行主義者とも。1844年成立の「ピール銀行条例」を巡り、銀行券発行量を発券銀行の金保有高と一致させるべきという通貨学派の主張に対して論戦を張った。学派の主要人物としてはトーマス・トゥック (en:Thomas Tooke)、ジョン・スチュアート・ミルらがいた。彼らは、銀行券が金準備を超えて過剰に発行された場合、インフレ懸念が発生すると預金者は銀行券の償還(金地金への交換)をすすんで行おうとするため、通貨発行高の問題は自然と解決されると主張した。ピール条例の成立により勝利の軍配は通貨学派に上がったが、同条例は恐慌発生などによりその後3度にわたって停止されるなどしたため、相対的に銀行学派の権威が強化されることとなった。
owl:sameAs
n6:Q4077389 n13:Q4077389 dbpedia-ru:Банковская_школа dbpedia:British_Banking_School
foaf:isPrimaryTopicOf
wiki-ja:銀行学派
prov:wasDerivedFrom
n10:59139971
dbpedia-owl:abstract
銀行学派(ぎんこうがくは banking school)とは19世紀前半の英国における経済学派の一派。銀行主義者とも。1844年成立の「ピール銀行条例」を巡り、銀行券発行量を発券銀行の金保有高と一致させるべきという通貨学派の主張に対して論戦を張った。学派の主要人物としてはトーマス・トゥック (en:Thomas Tooke)、ジョン・スチュアート・ミルらがいた。彼らは、銀行券が金準備を超えて過剰に発行された場合、インフレ懸念が発生すると預金者は銀行券の償還(金地金への交換)をすすんで行おうとするため、通貨発行高の問題は自然と解決されると主張した。ピール条例の成立により勝利の軍配は通貨学派に上がったが、同条例は恐慌発生などによりその後3度にわたって停止されるなどしたため、相対的に銀行学派の権威が強化されることとなった。
dbpedia-owl:wikiPageID
2222540
dbpedia-owl:wikiPageLength
515
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
13
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
59139971
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
category-ja:経済思想の歴史 dbpedia-ja:インフレーション dbpedia-ja:1844年 dbpedia-ja:19世紀 category-ja:古典派経済学 dbpedia-ja:貨幣数量説 dbpedia-ja:トーマス・トゥック dbpedia-ja:英国 dbpedia-ja:通貨学派 dbpedia-ja:ピール銀行条例 dbpedia-ja:ジョン・スチュアート・ミル dbpedia-ja:恐慌 dbpedia-ja:銀行券
dcterms:subject
category-ja:古典派経済学 category-ja:経済思想の歴史