This HTML5 document contains 55 embedded RDF statements represented using HTML+Microdata notation.

The embedded RDF content will be recognized by any processor of HTML5 Microdata.

PrefixNamespace IRI
dctermshttp://purl.org/dc/terms/
template-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Template:
dbpedia-owlhttp://dbpedia.org/ontology/
foafhttp://xmlns.com/foaf/0.1/
n5http://wikidata.dbpedia.org/resource/
n6http://ja.dbpedia.org/resource/天慶の乱_(出羽国)
rdfshttp://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
n16http://ja.wikipedia.org/wiki/貞信公記?oldid=
rdfhttp://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
category-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Category:
owlhttp://www.w3.org/2002/07/owl#
wiki-jahttp://ja.wikipedia.org/wiki/
provhttp://www.w3.org/ns/prov#
xsdhhttp://www.w3.org/2001/XMLSchema#
n10http://www.wikidata.org/entity/
dbpedia-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/
prop-jahttp://ja.dbpedia.org/property/
Subject Item
wiki-ja:貞信公記
foaf:primaryTopic
dbpedia-ja:貞信公記
Subject Item
dbpedia-ja:大宰帥
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:貞信公記
Subject Item
dbpedia-ja:貞信公記
rdfs:label
貞信公記
rdfs:comment
貞信公記(ていしんこうき)は、関白太政大臣藤原忠平の日記。日記の名称は忠平の諡号「貞信公」に因んだもので、『貞信公御記』ともいう。10世紀前半の政治史を知るうえでの基本史料で、朝廷儀礼や政務に関する記述が多く見られる。今日現存するのは、忠平28歳の延喜7年(907年)から、忠平薨去前年の天暦2年(948年)までの期間で、途中欠落している部分がある。忠平が記した日記の原形を伝える詳本は現存せず、現在伝来している『貞信公記』は、忠平の長男である実頼が抄出した抄本である。故に、記述が簡略であるため、他の日記に見られる朝儀の次第や、政務の手続き等の詳細な記述が余り見出せない。また、「私記」という形で実頼の記した註記が附されている。他に特徴として、実頼が日記を抄出する際、多数の暦注記事も抜書きしていることから、原本は具注暦に書かれていたことが分かる。ちなみに、藤原道長の日記である『御堂関白記』も具注暦に書かれている。現在、本書の写本は、九条元公爵家本(鎌倉時代初期、重要文化財)が天理図書館に、久松本が京都大学に所蔵されている。また、宮内庁書陵部、尊経閣文庫、神宮文庫等にも写本が所蔵されている。また、『西宮記』『北山抄』などの儀式書に本書の逸文が見られる。刊本は、活字化されたものが『大日本古記録』『続々群書類従』に収められている。また、九条元公爵家本の影印本が、『天理図書館善本叢書』として刊行されている。
owl:sameAs
n5:Q11634497 n10:Q11634497
foaf:isPrimaryTopicOf
wiki-ja:貞信公記
prov:wasDerivedFrom
n16:43877908
dbpedia-owl:abstract
貞信公記(ていしんこうき)は、関白太政大臣藤原忠平の日記。日記の名称は忠平の諡号「貞信公」に因んだもので、『貞信公御記』ともいう。10世紀前半の政治史を知るうえでの基本史料で、朝廷儀礼や政務に関する記述が多く見られる。今日現存するのは、忠平28歳の延喜7年(907年)から、忠平薨去前年の天暦2年(948年)までの期間で、途中欠落している部分がある。忠平が記した日記の原形を伝える詳本は現存せず、現在伝来している『貞信公記』は、忠平の長男である実頼が抄出した抄本である。故に、記述が簡略であるため、他の日記に見られる朝儀の次第や、政務の手続き等の詳細な記述が余り見出せない。また、「私記」という形で実頼の記した註記が附されている。他に特徴として、実頼が日記を抄出する際、多数の暦注記事も抜書きしていることから、原本は具注暦に書かれていたことが分かる。ちなみに、藤原道長の日記である『御堂関白記』も具注暦に書かれている。現在、本書の写本は、九条元公爵家本(鎌倉時代初期、重要文化財)が天理図書館に、久松本が京都大学に所蔵されている。また、宮内庁書陵部、尊経閣文庫、神宮文庫等にも写本が所蔵されている。また、『西宮記』『北山抄』などの儀式書に本書の逸文が見られる。刊本は、活字化されたものが『大日本古記録』『続々群書類従』に収められている。また、九条元公爵家本の影印本が、『天理図書館善本叢書』として刊行されている。
dbpedia-owl:wikiPageID
450951
dbpedia-owl:wikiPageLength
802
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
26
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
43877908
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:鎌倉時代 dbpedia-ja:大日本古記録 dbpedia-ja:延喜 dbpedia-ja:天理図書館 dbpedia-ja:宮内庁 dbpedia-ja:具注暦 dbpedia-ja:御堂関白記 dbpedia-ja:重要文化財 dbpedia-ja:尊経閣文庫 dbpedia-ja:日記 dbpedia-ja:948年 dbpedia-ja:続々群書類従 dbpedia-ja:京都大学 dbpedia-ja:907年 dbpedia-ja:藤原実頼 dbpedia-ja:西宮記 dbpedia-ja:北山抄 category-ja:10世紀の書籍 dbpedia-ja:太政大臣 dbpedia-ja:関白 dbpedia-ja:10世紀 dbpedia-ja:藤原道長 category-ja:平安時代の日記 dbpedia-ja:天暦 dbpedia-ja:藤原忠平 dbpedia-ja:神宮文庫
dcterms:subject
category-ja:10世紀の書籍 category-ja:平安時代の日記
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
template-ja:Lit-stub
Subject Item
dbpedia-ja:東三条殿
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:貞信公記
Subject Item
n6:
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:貞信公記
Subject Item
dbpedia-ja:平安時代史料の一覧
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:貞信公記
Subject Item
dbpedia-ja:藤原師保
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:貞信公記
Subject Item
dbpedia-ja:大日本古記録
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:貞信公記
Subject Item
dbpedia-ja:源経基
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:貞信公記
Subject Item
dbpedia-ja:九暦
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:貞信公記
Subject Item
dbpedia-ja:日記
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:貞信公記
Subject Item
dbpedia-ja:平安時代の人物一覧
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:貞信公記
Subject Item
dbpedia-ja:藤原実頼
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:貞信公記
Subject Item
dbpedia-ja:藤原忠平
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:貞信公記
Subject Item
dbpedia-ja:伊賀国分寺跡
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:貞信公記
Subject Item
dbpedia-ja:源順子
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:貞信公記