This HTML5 document contains 52 embedded RDF statements represented using HTML+Microdata notation.

The embedded RDF content will be recognized by any processor of HTML5 Microdata.

PrefixNamespace IRI
dctermshttp://purl.org/dc/terms/
template-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Template:
dbpedia-owlhttp://dbpedia.org/ontology/
foafhttp://xmlns.com/foaf/0.1/
n4http://wikidata.dbpedia.org/resource/
n13http://ja.dbpedia.org/resource/S:
rdfshttp://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
n16http://ja.wikipedia.org/wiki/版画写真事件?oldid=
n12http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=13734&hanreiKbn=
rdfhttp://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
category-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Category:
owlhttp://www.w3.org/2002/07/owl#
wiki-jahttp://ja.wikipedia.org/wiki/
provhttp://www.w3.org/ns/prov#
xsdhhttp://www.w3.org/2001/XMLSchema#
n14http://www.wikidata.org/entity/
dbpedia-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/
prop-jahttp://ja.dbpedia.org/property/
Subject Item
wiki-ja:版画写真事件
foaf:primaryTopic
dbpedia-ja:版画写真事件
Subject Item
dbpedia-ja:版画写真事件
rdfs:label
版画写真事件
rdfs:comment
版画写真事件(はんがしゃしんじけん)は、雑誌『版画藝術』を刊行する阿部写真印刷株式会社と元従業員カメラマンが、写真の著作権(複製権)を『版画事典』(東京書籍)に侵害されたとして損害賠償を求めた事件。撮影指示等から著作権者が原告の元従業員カメラマンであると確認されたものに限り賠償責任が認められ、被告らは各自10万円及びこれに対する昭和63年2月19日から支払済まで年5分の割合による金員を原告の元従業員カメラマンに支払うよう命じられた。一方、凹凸をわずかに有するものを含み、ほぼ平面的な原画を忠実に再現した写真については、忠実に再現する以上撮影位置は正面以外に選択の余地がないし、光線の照射方法等の技術的な配慮についても忠実な再現が目的であって、独自に何かを付け加えるというものではないとして、そのような写真の著作物性が否定された。
owl:sameAs
n4:Q11569985 n14:Q11569985
foaf:isPrimaryTopicOf
wiki-ja:版画写真事件
prop-ja:datastyle
font-size: 90%; text-align: left;
prov:wasDerivedFrom
n16:44281272
dbpedia-owl:abstract
版画写真事件(はんがしゃしんじけん)は、雑誌『版画藝術』を刊行する阿部写真印刷株式会社と元従業員カメラマンが、写真の著作権(複製権)を『版画事典』(東京書籍)に侵害されたとして損害賠償を求めた事件。撮影指示等から著作権者が原告の元従業員カメラマンであると確認されたものに限り賠償責任が認められ、被告らは各自10万円及びこれに対する昭和63年2月19日から支払済まで年5分の割合による金員を原告の元従業員カメラマンに支払うよう命じられた。一方、凹凸をわずかに有するものを含み、ほぼ平面的な原画を忠実に再現した写真については、忠実に再現する以上撮影位置は正面以外に選択の余地がないし、光線の照射方法等の技術的な配慮についても忠実な再現が目的であって、独自に何かを付け加えるというものではないとして、そのような写真の著作物性が否定された。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
n12:07
dbpedia-owl:wikiPageID
2552309
dbpedia-owl:wikiPageLength
1343
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
14
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
44281272
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
category-ja:日本の判例 dbpedia-ja:所有権 dbpedia-ja:著作者人格権 n13:著作権法 dbpedia-ja:東京書籍 dbpedia-ja:ウィキメディア・コモンズ dbpedia-ja:顔真卿自書建中告身帖事件 dbpedia-ja:複製権 dbpedia-ja:著作権の保護期間 dbpedia-ja:地方裁判所 dbpedia-ja:著作物 dbpedia-ja:写真 dbpedia-ja:著作権 category-ja:日本の著作権法
dcterms:subject
category-ja:日本の著作権法 category-ja:日本の判例
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
template-ja:Infobox
prop-ja:above
dbpedia-ja:地方裁判所
prop-ja:abovestyle
background: #22cc77;
prop-ja:data
(版画写真事件) 榎戸道也、中平健 知的裁集30巻4号956頁 著作権法2条1項1号 平面的な作品をできるだけ忠実に再現するために撮影した写真について著作物性を認めることはできない。 判例時報1679号153頁 森義之 昭和631372
prop-ja:header
裁判要旨 --11-30 参照法条 東京地方裁判所47部
prop-ja:headerstyle
background: #22cc77;
prop-ja:label
判例集 裁判長 事件名(通称) 事件番号 陪席裁判官
Subject Item
dbpedia-ja:シルクスクリーン
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:版画写真事件