This HTML5 document contains 55 embedded RDF statements represented using HTML+Microdata notation.

The embedded RDF content will be recognized by any processor of HTML5 Microdata.

PrefixNamespace IRI
dctermshttp://purl.org/dc/terms/
template-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Template:
dbpedia-owlhttp://dbpedia.org/ontology/
foafhttp://xmlns.com/foaf/0.1/
n8http://wikidata.dbpedia.org/resource/
rdfshttp://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
n12http://ja.wikipedia.org/wiki/和歌山隣人女性強盗殺人事件?oldid=
rdfhttp://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
owlhttp://www.w3.org/2002/07/owl#
category-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Category:
wiki-jahttp://ja.wikipedia.org/wiki/
provhttp://www.w3.org/ns/prov#
xsdhhttp://www.w3.org/2001/XMLSchema#
n15http://www.wikidata.org/entity/
dbpedia-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/
prop-jahttp://ja.dbpedia.org/property/
Subject Item
wiki-ja:和歌山隣人女性強盗殺人事件
foaf:primaryTopic
dbpedia-ja:和歌山隣人女性強盗殺人事件
Subject Item
dbpedia-ja:和歌山隣人女性強盗殺人事件
rdfs:label
和歌山隣人女性強盗殺人事件
rdfs:comment
和歌山隣人女性強盗殺人事件(わかやまりんじんじょせいごうとうさつじんじけん)とは2009年5月に発生した強盗殺人事件。2009年5月7日、和歌山県和歌山市で午後、和歌山市内の無職男性(当時54歳)が隣人宅に侵入し、ネックレスなど約30万円相当を盗んでいたが、帰宅した女性(当時68歳)に発見され、首をタオルなどで絞めて殺害し、5月9日に遺体が発見された。犯人は5月11日に逮捕され、6月2日に起訴された。和歌山地方裁判所の裁判は裁判員裁判で行われた。9月14日に裁判員の選任において37人が臨み、6人の裁判員と2人の補充裁判員が選任されて、2回の裁判が行われた。裁判では被告人が3月に配管工の仕事がなくなり無職だったことが提示された。検察側は「盗みに入ったのは遊興費に生活費を使ったためであり、有期懲役にする事情はない」として無期懲役を求刑した。弁護側は起訴事実の内容を争わず、最終弁論で情状酌量の余地があると主張し、懲役25年が相当と述べた。被害者参加制度で被害者の姪が意見陳述し、「死刑をお願いしたい」と述べた。9月16日、和歌山地方裁判所は被告人に対して無期懲役を言い渡した。検察も弁護人も控訴しなかったため、無期懲役が確定した。強盗殺人が裁判となったことや無期懲役の求刑が出たことや無期懲役判決が確定したことは、裁判員裁判としてはこの事件が初めてだった。
owl:sameAs
n8:Q11417702 n15:Q11417702
foaf:isPrimaryTopicOf
wiki-ja:和歌山隣人女性強盗殺人事件
prov:wasDerivedFrom
n12:57042999
dbpedia-owl:abstract
和歌山隣人女性強盗殺人事件(わかやまりんじんじょせいごうとうさつじんじけん)とは2009年5月に発生した強盗殺人事件。2009年5月7日、和歌山県和歌山市で午後、和歌山市内の無職男性(当時54歳)が隣人宅に侵入し、ネックレスなど約30万円相当を盗んでいたが、帰宅した女性(当時68歳)に発見され、首をタオルなどで絞めて殺害し、5月9日に遺体が発見された。犯人は5月11日に逮捕され、6月2日に起訴された。和歌山地方裁判所の裁判は裁判員裁判で行われた。9月14日に裁判員の選任において37人が臨み、6人の裁判員と2人の補充裁判員が選任されて、2回の裁判が行われた。裁判では被告人が3月に配管工の仕事がなくなり無職だったことが提示された。検察側は「盗みに入ったのは遊興費に生活費を使ったためであり、有期懲役にする事情はない」として無期懲役を求刑した。弁護側は起訴事実の内容を争わず、最終弁論で情状酌量の余地があると主張し、懲役25年が相当と述べた。被害者参加制度で被害者の姪が意見陳述し、「死刑をお願いしたい」と述べた。9月16日、和歌山地方裁判所は被告人に対して無期懲役を言い渡した。検察も弁護人も控訴しなかったため、無期懲役が確定した。強盗殺人が裁判となったことや無期懲役の求刑が出たことや無期懲役判決が確定したことは、裁判員裁判としてはこの事件が初めてだった。
dbpedia-owl:wikiPageID
1893631
dbpedia-owl:wikiPageLength
928
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
37
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
57042999
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:9月14日 dbpedia-ja:9月16日 category-ja:2009年の日本の事件 dbpedia-ja:和歌山市 dbpedia-ja:被告人 dbpedia-ja:ネックレス dbpedia-ja:裁判員 dbpedia-ja:求刑 dbpedia-ja:控訴 dbpedia-ja:5月11日 dbpedia-ja:裁判員制度 dbpedia-ja:首 dbpedia-ja:5月9日 dbpedia-ja:和歌山地方裁判所 dbpedia-ja:遺体 dbpedia-ja:6月2日 dbpedia-ja:労働 dbpedia-ja:弁護人 dbpedia-ja:裁判 dbpedia-ja:検察 dbpedia-ja:被害者参加制度 dbpedia-ja:配管工 dbpedia-ja:死刑 category-ja:和歌山市の歴史 dbpedia-ja:タオル dbpedia-ja:生活費 dbpedia-ja:無期懲役 dbpedia-ja:起訴 category-ja:日本の強盗事件 dbpedia-ja:被害者 category-ja:2009年5月 dbpedia-ja:逮捕 dbpedia-ja:5月7日 category-ja:平成時代の殺人事件 dbpedia-ja:犯人 dbpedia-ja:懲役 dbpedia-ja:和歌山県
dcterms:subject
category-ja:日本の強盗事件 category-ja:2009年の日本の事件 category-ja:2009年5月 category-ja:平成時代の殺人事件 category-ja:和歌山市の歴史
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
template-ja:出典の明記