This HTML5 document contains 82 embedded RDF statements represented using HTML+Microdata notation.

The embedded RDF content will be recognized by any processor of HTML5 Microdata.

PrefixNamespace IRI
n24http://de.dbpedia.org/resource/Francesco_Farnese_(1678–1727)
dctermshttp://purl.org/dc/terms/
n23http://ja.dbpedia.org/resource/フィリップ・ヴィルヘルム_(プファルツ選帝侯)
template-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Template:
dbpedia-owlhttp://dbpedia.org/ontology/
foafhttp://xmlns.com/foaf/0.1/
n32http://ca.dbpedia.org/resource/
n36http://ro.dbpedia.org/resource/Francesco_Farnese,
n28http://wikidata.dbpedia.org/resource/
n18http://ja.dbpedia.org/resource/セザール・ド・ブルボン_(ヴァンドーム公)
n22http://ja.dbpedia.org/resource/レオポルト1世_(神聖ローマ皇帝)
dbpedia-eshttp://es.dbpedia.org/resource/
n31http://ja.wikipedia.org/wiki/フランチェスコ・ファルネーゼ?oldid=
n21http://ja.dbpedia.org/resource/ファイル:Anonym_Herzog_Francesco_Farnese.
rdfshttp://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
n35http://sv.dbpedia.org/resource/
n33http://ja.dbpedia.org/resource/フェリペ5世_(スペイン王)
dbpedia-plhttp://pl.dbpedia.org/resource/
n27http://br.dbpedia.org/resource/
dbpedia-pthttp://pt.dbpedia.org/resource/
n37http://commons.wikimedia.org/wiki/Special:FilePath/Anonym_Herzog_Francesco_Farnese.jpg?width=
n25http://ja.dbpedia.org/resource/アンリ4世_(フランス王)
n13http://ru.dbpedia.org/resource/Франческо_Фарнезе_(герцог_Пармский)
rdfhttp://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
n20http://dbpedia.org/resource/Francesco_Farnese,
category-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Category:
owlhttp://www.w3.org/2002/07/owl#
dbpedia-ithttp://it.dbpedia.org/resource/
wiki-jahttp://ja.wikipedia.org/wiki/
dbpedia-frhttp://fr.dbpedia.org/resource/
provhttp://www.w3.org/ns/prov#
xsdhhttp://www.w3.org/2001/XMLSchema#
n26http://www.wikidata.org/entity/
dbpedia-nlhttp://nl.dbpedia.org/resource/
n4http://commons.wikimedia.org/wiki/Special:FilePath/Anonym_Herzog_Francesco_Farnese.
dbpedia-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/
n16http://bg.dbpedia.org/resource/Франческо_Фарнезе_(1678–1727)
prop-jahttp://ja.dbpedia.org/property/
Subject Item
dbpedia-ja:ヴィッテルスバッハ家
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:フランチェスコ・ファルネーゼ
Subject Item
dbpedia-ja:エマヌエーレ・ダストルガ
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:フランチェスコ・ファルネーゼ
Subject Item
n23:
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:フランチェスコ・ファルネーゼ
Subject Item
dbpedia-ja:ファルネーゼ家
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:フランチェスコ・ファルネーゼ
Subject Item
dbpedia-ja:アントニオ・ファルネーゼ
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:フランチェスコ・ファルネーゼ
Subject Item
dbpedia-ja:フランチェスコ・ファルネーゼ
rdfs:label
フランチェスコ・ファルネーゼ
rdfs:comment
フランチェスコ・ファルネーゼ(Francesco Farnese, 1678年5月19日 - 1727年5月26日)は、パルマ及びピアチェンツァ公(在位:1694年 - 1727年)。ラヌッチョ2世・ファルネーゼとマリーア・デステの次男として生まれた。異母兄オドアルド2世・ファルネーゼの死により公国の後継者となり、1694年に侯爵となった。兄の未亡人ドロテア・ソフィア・ディ・ネウブルグと1696年に結婚した。兄の一人娘が、後にスペイン王フェリペ5世妃となるエリザベッタ・ファルネーゼである。フランチェスコは非常に内向的であったが知的な子供であった。彼は統治者となると、公国の財政危機を改革するため祭りや高価なパーティーに制限を加えた。彼が兄の妻と結婚したのは、政治的財政的理由からであった。スペイン継承戦争において、フランチェスコはフランスにもオーストリア側にも友好関係を保った。オーストリアとは伝統的同盟関係にあり、また公妃ドロテアの姉エレオノーレ・マグダレーネが神聖ローマ皇帝レオポルト1世の妃であった。一方、駐イタリアのフランス軍司令官ヴァンドーム公ルイ・ジョゼフ(アンリ4世の庶子セザールの孫)の元へはジューリオ・アルベローニ司教を送り込んでいた。この巧みな外交により、隣国のミラノ公国とマントヴァ公国が戦後オーストリアに併合されたのとは対照的に、パルマ公国は生き残った。フランチェスコには子供がなかったので、死後は同母弟のアントニオが公位を継いだ。
owl:sameAs
dbpedia-pt:Francisco_Farnésio n13: dbpedia-fr:François_Farnèse dbpedia-pl:Franciszek_Farnese n16: dbpedia-es:Francisco_Farnesio n20:_Duke_of_Parma n24: n26:Q555354 n27:Francesco_Farnese n28:Q555354 dbpedia-it:Francesco_Farnese n32:Francesc_I_de_Parma dbpedia-nl:Francesco_Farnese n35:Francesco_Farnese_av_Parma n36:_Duce_de_Parma
foaf:isPrimaryTopicOf
wiki-ja:フランチェスコ・ファルネーゼ
prov:wasDerivedFrom
n31:55904424
dbpedia-owl:abstract
フランチェスコ・ファルネーゼ(Francesco Farnese, 1678年5月19日 - 1727年5月26日)は、パルマ及びピアチェンツァ公(在位:1694年 - 1727年)。ラヌッチョ2世・ファルネーゼとマリーア・デステの次男として生まれた。異母兄オドアルド2世・ファルネーゼの死により公国の後継者となり、1694年に侯爵となった。兄の未亡人ドロテア・ソフィア・ディ・ネウブルグと1696年に結婚した。兄の一人娘が、後にスペイン王フェリペ5世妃となるエリザベッタ・ファルネーゼである。フランチェスコは非常に内向的であったが知的な子供であった。彼は統治者となると、公国の財政危機を改革するため祭りや高価なパーティーに制限を加えた。彼が兄の妻と結婚したのは、政治的財政的理由からであった。スペイン継承戦争において、フランチェスコはフランスにもオーストリア側にも友好関係を保った。オーストリアとは伝統的同盟関係にあり、また公妃ドロテアの姉エレオノーレ・マグダレーネが神聖ローマ皇帝レオポルト1世の妃であった。一方、駐イタリアのフランス軍司令官ヴァンドーム公ルイ・ジョゼフ(アンリ4世の庶子セザールの孫)の元へはジューリオ・アルベローニ司教を送り込んでいた。この巧みな外交により、隣国のミラノ公国とマントヴァ公国が戦後オーストリアに併合されたのとは対照的に、パルマ公国は生き残った。フランチェスコには子供がなかったので、死後は同母弟のアントニオが公位を継いだ。
dbpedia-owl:thumbnail
n37:300
dbpedia-owl:wikiPageID
1165941
dbpedia-owl:wikiPageLength
1260
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
37
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
55904424
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:スペイン継承戦争 category-ja:ファルネーゼ家 category-ja:1727年没 dbpedia-ja:オドアルド2世・ファルネーゼ dbpedia-ja:ラヌッチョ2世・ファルネーゼ dbpedia-ja:5月19日 category-ja:1678年生 category-ja:イタリアの幼君 dbpedia-ja:1678年 dbpedia-ja:スペイン dbpedia-ja:フランス王国 dbpedia-ja:パルマ公国 n18: dbpedia-ja:ルイ・ジョゼフ・ド・ブルボン n21:jpg dbpedia-ja:パルマ公の一覧 n22: dbpedia-ja:1694年 dbpedia-ja:アントニオ・ファルネーゼ dbpedia-ja:エレオノーレ・マグダレーネ・フォン・プファルツ=ノイブルク dbpedia-ja:エリザベッタ・ファルネーゼ dbpedia-ja:5月26日 dbpedia-ja:神聖ローマ皇帝 dbpedia-ja:ハプスブルク君主国 n25: dbpedia-ja:マントヴァ公国 dbpedia-ja:マリーア・デステ dbpedia-ja:ミラノ公国 category-ja:パルマ公 dbpedia-ja:1696年 category-ja:パルマ出身の人物 dbpedia-ja:ドロテア・ゾフィア・フォン・プファルツ=ノイブルク n33: dbpedia-ja:1727年 dbpedia-ja:司教
dcterms:subject
category-ja:1727年没 category-ja:1678年生 category-ja:ファルネーゼ家 category-ja:イタリアの幼君 category-ja:パルマ公 category-ja:パルマ出身の人物
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
template-ja:先代次代
foaf:depiction
n4:jpg
Subject Item
dbpedia-ja:ラヌッチョ2世・ファルネーゼ
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:フランチェスコ・ファルネーゼ
Subject Item
dbpedia-ja:ドロテア
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:フランチェスコ・ファルネーゼ
Subject Item
wiki-ja:フランチェスコ・ファルネーゼ
foaf:primaryTopic
dbpedia-ja:フランチェスコ・ファルネーゼ
Subject Item
dbpedia-ja:パルマ公の一覧
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:フランチェスコ・ファルネーゼ
Subject Item
dbpedia-ja:5月26日
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:フランチェスコ・ファルネーゼ
Subject Item
dbpedia-ja:マリーア・デステ
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:フランチェスコ・ファルネーゼ
Subject Item
dbpedia-ja:ドロテア・ゾフィア・フォン・プファルツ=ノイブルク
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:フランチェスコ・ファルネーゼ
Subject Item
dbpedia-ja:エリーザベト・アマーリア・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:フランチェスコ・ファルネーゼ