This HTML5 document contains 234 embedded RDF statements represented using HTML+Microdata notation.

The embedded RDF content will be recognized by any processor of HTML5 Microdata.

PrefixNamespace IRI
n27http://sv.dbpedia.org/resource/
n29http://fi.dbpedia.org/resource/
dbpediahttp://dbpedia.org/resource/
wiki-jahttp://ja.wikipedia.org/wiki/
n25http://www.ontologydesignpatterns.org/ont/dul/DUL.owl#
n19http://et.dbpedia.org/resource/
n39http://www.hcs.harvard.edu/~hrp/issues/2003/Foot.
schemahttp://schema.org/
category-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Category:
n37http://sun3.lib.uci.edu/~scctr/philosophy/foot.
dbpedia-frhttp://fr.dbpedia.org/resource/
dctermshttp://purl.org/dc/terms/
rdfshttp://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
n5http://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Philippa_Foot&oldid=
rdfhttp://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
n35http://ja.dbpedia.org/resource/C._L.
xsdhhttp://www.w3.org/2001/XMLSchema#
n33http://fass.kingston.ac.uk/downloads/iris_murdoch_newsletter_14.
n22http://ja.dbpedia.org/resource/M._R._D.
n34http://id.dbpedia.org/resource/
n13http://sr.dbpedia.org/resource/
dbpedia-owlhttp://dbpedia.org/ontology/
n14http://ja.dbpedia.org/resource/バイオリニスト_(思考実験)
n28http://wikidata.dbpedia.org/resource/
n15http://ja.dbpedia.org/resource/G.E.M.
dbpedia-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/
n9http://is.dbpedia.org/resource/
dbpedia-dehttp://de.dbpedia.org/resource/
n17http://www.wikidata.org/entity/
template-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Template:
n26http://ja.dbpedia.org/resource/R._M.
n38http://ja.dbpedia.org/resource/中庸_(ギリシア哲学)
dbpedia-ithttp://it.dbpedia.org/resource/
prop-jahttp://ja.dbpedia.org/property/
provhttp://www.w3.org/ns/prov#
foafhttp://xmlns.com/foaf/0.1/
n10http://ja.dbpedia.org/resource/University_of_California,
n36http://ja.dbpedia.org/resource/Somerville_College,
dbpedia-eshttp://es.dbpedia.org/resource/
n32http://ja.wikipedia.org/wiki/フィリッパ・フット?oldid=
owlhttp://www.w3.org/2002/07/owl#
Subject Item
dbpedia-ja:サマーヴィル・カレッジ
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:フィリッパ・フット
Subject Item
dbpedia-ja:徳倫理学
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:フィリッパ・フット
Subject Item
dbpedia-ja:フィリッパ
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:フィリッパ・フット
Subject Item
dbpedia-ja:生没同日
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:フィリッパ・フット
Subject Item
dbpedia-ja:規範倫理学
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:フィリッパ・フット
Subject Item
wiki-ja:フィリッパ・フット
foaf:primaryTopic
dbpedia-ja:フィリッパ・フット
Subject Item
dbpedia-ja:トロッコ問題
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:フィリッパ・フット
Subject Item
dbpedia-ja:エリザベス・アンスコム
dbpedia-owl:influenced
dbpedia-ja:フィリッパ・フット
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:フィリッパ・フット
prop-ja:影響を与えた人物
dbpedia-ja:フィリッパ・フット
Subject Item
dbpedia-ja:フィリッパ・フット
rdf:type
dbpedia-owl:Agent n17:Q215627 owl:Thing dbpedia-owl:Philosopher dbpedia-owl:Person n25:Agent n25:NaturalPerson n17:Q4964182 n17:Q5 foaf:Person schema:Person
rdfs:label
フィリッパ・フット
rdfs:comment
フィリッパ・ルース・フット(Philippa Ruth Foot、旧姓Bosanquet、1920年10月3日-2010年10月3日)はイギリスの哲学者。倫理学分野における業績で著名。今日の徳倫理学を築いたうちの一人と目されている。1950年代・1960年代の研究とそれ以降では立場に大きな違いがあり、後年はアリストテレスの倫理学を現代に復活させ、それが現代社会の問題に対しても適応可能であり、義務論や功利主義といった現代持て囃されている倫理学説にも対抗しうるものであることを示そうと試みたものと捉える事が出来る。また特に帰結主義を批判して、分析哲学の内に規範倫理学を再び打ち立てようとした研究も非常に重要である。よく知られた例はいわゆる「トロッコ問題」であり、この問題については今も議論が続けられている。フットの方法論には後期ウィトゲンシュタインの影響が見てとれるが、ウィトゲンシュタインによって扱われた題材をそのまま取り上げることはほとんどなかった。Philippa Ruth Foot (née Bosanquet; 3 October 1920 – 3 October 2010) was a British philosopher, most notable for her works in ethics.
owl:sameAs
n9:Philippa_Foot dbpedia-es:Philippa_Foot n13:Filipa_Fut dbpedia-it:Philippa_Ruth_Foot n17:Q297493 dbpedia:Philippa_Foot n19:Philippa_Foot dbpedia-de:Philippa_Foot n27:Philippa_Foot n28:Q297493 n29:Philippa_Foot dbpedia-fr:Philippa_Foot n34:Philippa_Foot
foaf:name
フィリッパ・フット
foaf:isPrimaryTopicOf
wiki-ja:フィリッパ・フット
prov:wasDerivedFrom
n32:57269792
dbpedia-owl:abstract
フィリッパ・ルース・フット(Philippa Ruth Foot、旧姓Bosanquet、1920年10月3日-2010年10月3日)はイギリスの哲学者。倫理学分野における業績で著名。今日の徳倫理学を築いたうちの一人と目されている。1950年代・1960年代の研究とそれ以降では立場に大きな違いがあり、後年はアリストテレスの倫理学を現代に復活させ、それが現代社会の問題に対しても適応可能であり、義務論や功利主義といった現代持て囃されている倫理学説にも対抗しうるものであることを示そうと試みたものと捉える事が出来る。また特に帰結主義を批判して、分析哲学の内に規範倫理学を再び打ち立てようとした研究も非常に重要である。よく知られた例はいわゆる「トロッコ問題」であり、この問題については今も議論が続けられている。フットの方法論には後期ウィトゲンシュタインの影響が見てとれるが、ウィトゲンシュタインによって扱われた題材をそのまま取り上げることはほとんどなかった。Philippa Ruth Foot (née Bosanquet; 3 October 1920 – 3 October 2010) was a British philosopher, most notable for her works in ethics. She was one of the founders of contemporary virtue ethics. Her later career marked a significant change in view from her work in the 1950s and 1960s, and may be seen as an attempt to modernize Aristotelian ethical theory, to show that it is adaptable to a contemporary world view, and thus, that it could compete with such popular theories as modern deontological and utilitarian ethics. Some of her work was crucial in the re-emergence of normative ethics within analytic philosophy, especially her critique of consequentialism. A familiar example is the continuing discussion of an example of hers referred to as the trolley problem. Foot's approach was influenced by the later work of Wittgenstein, although she rarely dealt explicitly with materials treated by him.
dbpedia-owl:birthYear
0003-01-01
dbpedia-owl:deathDate
2010-10-03
dbpedia-owl:deathYear
2010-01-01
dbpedia-owl:era
dbpedia-ja:20世紀の哲学者
dbpedia-owl:influenced
dbpedia-ja:バーナード・ウィリアムス
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-ja:ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン
dbpedia-owl:mainInterest
dbpedia-ja:倫理学
dbpedia-owl:notableIdea
dbpedia-ja:トロッコ問題
dbpedia-owl:philosophicalSchool
dbpedia-ja:分析哲学
dbpedia-owl:region
dbpedia-ja:西洋哲学
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
n5:504336181 n33:pdf n37:html n39:pdf
dbpedia-owl:wikiPageID
1076206
dbpedia-owl:wikiPageLength
18034
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
146
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
57269792
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:マナー dbpedia-ja:ジョン・マクドウェル category-ja:アメリカ系イギリス人 dbpedia-ja:偶然 dbpedia-ja:Iris_Murdoch dbpedia-ja:女らしさ dbpedia-ja:Virtue_ethics n10:_Los_Angeles dbpedia-ja:Utilitarianism category-ja:2010年没 dbpedia-ja:オックスフォード大学 dbpedia-ja:オックスファム dbpedia-ja:Trolley_problem dbpedia-ja:視野 dbpedia-ja:グロバー・クリーブランド dbpedia-ja:賢慮 dbpedia-ja:チャールズ・スティーブンソン category-ja:21世紀の哲学者 dbpedia-ja:アメリカ合衆国大統領 dbpedia-ja:志願兵 dbpedia-ja:功利主義 n14: dbpedia-ja:Ethics dbpedia-ja:ロンドン上級弁護士 dbpedia-ja:Frederick_Albert_Bosanquet n15:_Anscombe dbpedia-ja:David_Hume dbpedia-ja:キャンディス・フォーグラー dbpedia-ja:公正 dbpedia-ja:神経 category-ja:20世紀の哲学者 category-ja:1920年生 dbpedia-ja:イギリス dbpedia-ja:Wittgenstein dbpedia-ja:マイケル・スロート dbpedia-ja:1950年代 dbpedia-ja:レニングラード dbpedia-ja:心の哲学 dbpedia-ja:フレデリック・アルバート・ボーザンケト dbpedia-ja:Grover_Cleveland dbpedia-ja:フリードリヒ・ニーチェ dbpedia-ja:ルサンチマン dbpedia-ja:Morality dbpedia-ja:仁愛 dbpedia-ja:デイヴィッド・ヒューム dbpedia-ja:非認知主義 dbpedia-ja:チューター dbpedia-ja:1920年 dbpedia-ja:Meta-ethics dbpedia-ja:器官 dbpedia-ja:無神論者 category-ja:倫理学者 dbpedia-ja:Alfred_Ayer dbpedia-ja:Analytic_philosophy dbpedia-ja:義務論 n22:_Foot dbpedia-ja:合理性 category-ja:カリフォルニア大学ロサンゼルス校の教員 dbpedia-ja:トロッコ問題 dbpedia-ja:ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン dbpedia-ja:帰結主義 dbpedia-ja:節制 dbpedia-ja:規範倫理学 n26:_Hare dbpedia-ja:ジュディス・ジャーヴィス・トムソン dbpedia-ja:西洋哲学 dbpedia-ja:歯科医師 dbpedia-ja:20世紀の哲学者 dbpedia-ja:前提 dbpedia-ja:自己欺瞞 dbpedia-ja:1960年代 dbpedia-ja:価値 dbpedia-ja:男らしさ category-ja:分析哲学者 dbpedia-ja:常識 dbpedia-ja:Plato dbpedia-ja:思考実験 dbpedia-ja:バーナード・ウィリアムス dbpedia-ja:道徳性 dbpedia-ja:サマーヴィル・カレッジ dbpedia-ja:習慣 dbpedia-ja:勇気 dbpedia-ja:Philosophy dbpedia-ja:ホワイトハウス dbpedia-ja:Oxford_University dbpedia-ja:イマニュエル・カント dbpedia-ja:レニングラード包囲戦 category-ja:女性の哲学者 dbpedia-ja:Thrasymachus dbpedia-ja:アルフレッド・エイヤー dbpedia-ja:カリフォルニア大学ロサンゼルス校 dbpedia-ja:Normative_ethics dbpedia-ja:Nietzsche dbpedia-ja:Non-cognitivism dbpedia-ja:Callicles dbpedia-ja:ロザリンド・ハーストハウス dbpedia-ja:実践理性 dbpedia-ja:メタ倫理学 dbpedia-ja:分析哲学 dbpedia-ja:トマス・ネーゲル dbpedia-ja:共同性 dbpedia-ja:哲学者 n35:_Stevenson dbpedia-ja:倫理学 dbpedia-ja:プラトン dbpedia-ja:エスター・クリーブランド dbpedia-ja:他者 n36:_Oxford dbpedia-ja:Esther_Cleveland dbpedia-ja:2010年 category-ja:イギリスの哲学者 dbpedia-ja:Oxfam n38: dbpedia-ja:マイケル・リチャード・ダニエル・フット dbpedia-ja:トマス・アクィナス dbpedia-ja:良心の呵責 dbpedia-ja:Deontology dbpedia-ja:Aristotelianism dbpedia-ja:10月3日 dbpedia-ja:正義 dbpedia-ja:仮言命法 dbpedia-ja:リチャード・マーヴィン・ヘア dbpedia-ja:Rationality dbpedia-ja:徴兵制度 dbpedia-ja:徳倫理学 dbpedia-ja:Common_Serjeant_of_London dbpedia-ja:Consequentialism dbpedia-ja:エリザベス・アンスコム dbpedia-ja:United_Kingdom dbpedia-ja:骨格 dbpedia-ja:アリストテレス dbpedia-ja:White_House
dcterms:subject
category-ja:カリフォルニア大学ロサンゼルス校の教員 category-ja:1920年生 category-ja:20世紀の哲学者 category-ja:21世紀の哲学者 category-ja:2010年没 category-ja:女性の哲学者 category-ja:分析哲学者 category-ja:倫理学者 category-ja:イギリスの哲学者 category-ja:アメリカ系イギリス人
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
template-ja:Infobox_哲学者 template-ja:Citation_needed template-ja:Col-begin template-ja:Col-break template-ja:Col-end template-ja:翻訳中途 template-ja:死亡年月日と没年齢 template-ja:Reflist
prop-ja:color
#B0C4DE
prop-ja:date
April 2011
prop-ja:reason
Please give a source for this quote.
prop-ja:名前
フィリッパ・フット
prop-ja:地域
dbpedia-ja:西洋哲学
prop-ja:学派
dbpedia-ja:分析哲学
prop-ja:影響を与えた人物
dbpedia-ja:ロザリンド・ハーストハウス dbpedia-ja:バーナード・ウィリアムス dbpedia-ja:ジョン・マクドウェル dbpedia-ja:キャンディス・フォーグラー dbpedia-ja:マイケル・スロート dbpedia-ja:ジュディス・ジャーヴィス・トムソン
prop-ja:影響を受けた人物
dbpedia-ja:トマス・ネーゲル dbpedia-ja:アリストテレス dbpedia-ja:トマス・アクィナス dbpedia-ja:エリザベス・アンスコム dbpedia-ja:ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン
prop-ja:時代
20
prop-ja:没年月日
2010-10-03
prop-ja:特記すべき概念
dbpedia-ja:トロッコ問題 dbpedia-ja:徳倫理学
prop-ja:生年月日
--10-03
prop-ja:研究分野
dbpedia-ja:倫理学 dbpedia-ja:心の哲学
Subject Item
dbpedia-ja:ジョン・マクダウェル
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-ja:フィリッパ・フット
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:フィリッパ・フット