This HTML5 document contains 55 embedded RDF statements represented using HTML+Microdata notation.

The embedded RDF content will be recognized by any processor of HTML5 Microdata.

PrefixNamespace IRI
n7http://ja.wikipedia.org/wiki/ディミトリス・ドラガタキス?oldid=
n18http://da.dbpedia.org/resource/
dctermshttp://purl.org/dc/terms/
template-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Template:
dbpedia-owlhttp://dbpedia.org/ontology/
n11http://ja.dbpedia.org/resource/クラシック音楽の作曲家一覧_(五十音順)
foafhttp://xmlns.com/foaf/0.1/
n15http://wikidata.dbpedia.org/resource/
rdfshttp://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
dbpedia-elhttp://el.dbpedia.org/resource/
rdfhttp://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
owlhttp://www.w3.org/2002/07/owl#
category-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Category:
wiki-jahttp://ja.wikipedia.org/wiki/
provhttp://www.w3.org/ns/prov#
xsdhhttp://www.w3.org/2001/XMLSchema#
n17http://www.wikidata.org/entity/
dbpediahttp://dbpedia.org/resource/
dbpedia-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/
prop-jahttp://ja.dbpedia.org/property/
Subject Item
dbpedia-ja:ディミトリス・ドラガタキス
rdfs:label
ディミトリス・ドラガタキス
rdfs:comment
ディミトリス・ドラガタキス(ギリシア文字:Δημήτρης Δραγατάκης, ラテン文字:Dimitris Dragatakis、1914年1月22日 - 2001年12月18日)はギリシャの作曲家。イピロス出身。アテネのギリシャ国立音楽院でヴァイオリンを学ぶ。彼は成熟して簡潔なイディオムによって、ギリシャの重要な作曲家の1人だと考えられている。ギリシャの伝統音楽と古代ギリシアの演劇の影響を受けるとともに、新しい技術も反映させ、自由な無調を進展させた。多くの賞を受賞し、ギリシャ国立音楽院で20年にわたって和声を教え、1997年には副院長となった。ヴィオラ奏者としてもギリシャ国立歌劇場管弦楽団などで活躍した。またギリシャ作曲家連盟の副会長、名誉会長を歴任した。2000年に書かれた小品の「サクソフォーンと弦楽のためのバラード」はもとはヴァイオリンとピアノのための作品であったが、サクソフォーン奏者のセオドア・ケルケゾスとアテネ国立管弦楽団によって初演された。アテネで死去。
owl:sameAs
n15:Q3560848 dbpedia:Dimitris_Dragatakis n17:Q3560848 n18:Dimitris_Dragatakis dbpedia-el:Δημήτρης_Δραγατάκης
foaf:isPrimaryTopicOf
wiki-ja:ディミトリス・ドラガタキス
prov:wasDerivedFrom
n7:46876717
dbpedia-owl:abstract
ディミトリス・ドラガタキス(ギリシア文字:Δημήτρης Δραγατάκης, ラテン文字:Dimitris Dragatakis、1914年1月22日 - 2001年12月18日)はギリシャの作曲家。イピロス出身。アテネのギリシャ国立音楽院でヴァイオリンを学ぶ。彼は成熟して簡潔なイディオムによって、ギリシャの重要な作曲家の1人だと考えられている。ギリシャの伝統音楽と古代ギリシアの演劇の影響を受けるとともに、新しい技術も反映させ、自由な無調を進展させた。多くの賞を受賞し、ギリシャ国立音楽院で20年にわたって和声を教え、1997年には副院長となった。ヴィオラ奏者としてもギリシャ国立歌劇場管弦楽団などで活躍した。またギリシャ作曲家連盟の副会長、名誉会長を歴任した。2000年に書かれた小品の「サクソフォーンと弦楽のためのバラード」はもとはヴァイオリンとピアノのための作品であったが、サクソフォーン奏者のセオドア・ケルケゾスとアテネ国立管弦楽団によって初演された。アテネで死去。
dbpedia-owl:wikiPageID
755893
dbpedia-owl:wikiPageLength
738
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
27
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
46876717
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:2000年 category-ja:2001年没 dbpedia-ja:ヴィオラ dbpedia-ja:ギリシャ dbpedia-ja:アテネ国立管弦楽団 dbpedia-ja:ギリシャ国立歌劇場管弦楽団 dbpedia-ja:ギリシャ国立音楽院 dbpedia-ja:アテネ dbpedia-ja:セオドア・ケルケゾス dbpedia-ja:ラテン文字 dbpedia-ja:無調 dbpedia-ja:1月22日 category-ja:ギリシャの作曲家 dbpedia-ja:サクソフォーン dbpedia-ja:古代ギリシア dbpedia-ja:和声 dbpedia-ja:1997年 dbpedia-ja:1914年 category-ja:近現代の作曲家 dbpedia-ja:イピロス dbpedia-ja:ピアノ dbpedia-ja:ギリシア文字 dbpedia-ja:作曲家 dbpedia-ja:12月18日 dbpedia-ja:2001年 dbpedia-ja:ヴァイオリン category-ja:1914年生
dcterms:subject
category-ja:ギリシャの作曲家 category-ja:1914年生 category-ja:近現代の作曲家 category-ja:2001年没
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
template-ja:Classic-stub template-ja:Music-bio-stub template-ja:Portal_クラシック音楽
Subject Item
dbpedia-ja:ヨアニナ県
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:ディミトリス・ドラガタキス
Subject Item
dbpedia-ja:ディミトリス
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:ディミトリス・ドラガタキス
Subject Item
dbpedia-ja:ドラガタキス
dbpedia-owl:wikiPageRedirects
dbpedia-ja:ディミトリス・ドラガタキス
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:ディミトリス・ドラガタキス
Subject Item
n11:
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:ディミトリス・ドラガタキス
Subject Item
dbpedia-ja:近現代音楽の作曲家一覧
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:ディミトリス・ドラガタキス
Subject Item
wiki-ja:ディミトリス・ドラガタキス
foaf:primaryTopic
dbpedia-ja:ディミトリス・ドラガタキス