This HTML5 document contains 45 embedded RDF statements represented using HTML+Microdata notation.

The embedded RDF content will be recognized by any processor of HTML5 Microdata.

PrefixNamespace IRI
dbpedia-dehttp://de.dbpedia.org/resource/
dctermshttp://purl.org/dc/terms/
n23http://plato.stanford.edu/entries/feminism-ethics/#
n12http://ja.wikipedia.org/wiki/ケアの倫理?oldid=
template-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Template:
dbpedia-owlhttp://dbpedia.org/ontology/
foafhttp://xmlns.com/foaf/0.1/
n26http://wikidata.dbpedia.org/resource/
n24http://fr.dbpedia.org/resource/Care_(sciences_sociales)
rdfshttp://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
n30http://www.stolaf.edu/people/huff/classes/handbook/Gilligan.
n25http://sv.dbpedia.org/resource/
n18http://www.oxfordscholarship.com/oso/public/content/philosophy/9780195180992/toc.
dbpedia-plhttp://pl.dbpedia.org/resource/
rdfhttp://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
category-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Category:
owlhttp://www.w3.org/2002/07/owl#
wiki-jahttp://ja.wikipedia.org/wiki/
n29http://zh.dbpedia.org/resource/
n6http://dx.doi.org/10.1080/17496535.2012.
provhttp://www.w3.org/ns/prov#
n13http://caae.phil.cmu.edu/Cavalier/80130/part2/II_7.
xsdhhttp://www.w3.org/2001/XMLSchema#
dbpediahttp://dbpedia.org/resource/
n22http://www.wikidata.org/entity/
dbpedia-nlhttp://nl.dbpedia.org/resource/
n19http://ja.dbpedia.org/resource/Taylor_&
n27http://ro.dbpedia.org/resource/
dbpedia-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/
n17http://www.infed.org/thinkers/noddings.
prop-jahttp://ja.dbpedia.org/property/
Subject Item
wiki-ja:ケアの倫理
foaf:primaryTopic
dbpedia-ja:ケアの倫理
Subject Item
dbpedia-ja:規範倫理学
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:ケアの倫理
Subject Item
dbpedia-ja:ケアの倫理学
dbpedia-owl:wikiPageRedirects
dbpedia-ja:ケアの倫理
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:ケアの倫理
Subject Item
dbpedia-ja:ケアの倫理
rdfs:label
ケアの倫理
rdfs:comment
ケアの倫理は、規範倫理学の学説の一つ。20世紀後半にかけてフェミニストたちの手により発展した。帰結主義や義務論が普遍的な基準や不偏性を重視するのに対し、ケアの倫理は責任の重要性を強調する。ケアの倫理がもたらした新しい道徳的観点は、独特な問いの立て方において明らかである。すなわち、他の理論が「何が正しいか?」と問う一方で、ケアの倫理は「どのように応じるか?」という問いを立てるという違いがある。ケアの倫理は普遍的な基準を適用することに批判的である。なぜなら、そうすることは「道徳的な盲目性・無関心を助長するという問題がある」からだ。ケアの倫理における基本的な信念として次のようなものがある。程度の差はあれ、人は誰しも、誰か他の人に対して依存しており、相互依存関係のうちに置かれているということ。義務論や帰結主義が有しているような、人はそれぞれ独立した利害関心をもっており、その間でやりとりが生じる、という人間観とは対照的である。自らの選択とその結果を被りやすい、傷つきやすい(vulnerable)人たちは、その人が選択によりどれほど影響を受けるかに応じて、特別に考慮されるべきであること。実際に関係する人たちの利害関心を無視せず考慮するために、細かな状況とその文脈に注意を払うことが必要であること。↑ ↑
owl:sameAs
dbpedia-nl:Zorgethiek dbpedia:Ethics_of_care dbpedia-pl:Etyka_troski n22:Q1035845 n24: n25:Omsorgsetik n26:Q1035845 n27:Etica_grijii dbpedia-de:Care-Ethik n29:关怀伦理学
foaf:isPrimaryTopicOf
wiki-ja:ケアの倫理
prov:wasDerivedFrom
n12:58063301
dbpedia-owl:abstract
ケアの倫理は、規範倫理学の学説の一つ。20世紀後半にかけてフェミニストたちの手により発展した。帰結主義や義務論が普遍的な基準や不偏性を重視するのに対し、ケアの倫理は責任の重要性を強調する。ケアの倫理がもたらした新しい道徳的観点は、独特な問いの立て方において明らかである。すなわち、他の理論が「何が正しいか?」と問う一方で、ケアの倫理は「どのように応じるか?」という問いを立てるという違いがある。ケアの倫理は普遍的な基準を適用することに批判的である。なぜなら、そうすることは「道徳的な盲目性・無関心を助長するという問題がある」からだ。ケアの倫理における基本的な信念として次のようなものがある。程度の差はあれ、人は誰しも、誰か他の人に対して依存しており、相互依存関係のうちに置かれているということ。義務論や帰結主義が有しているような、人はそれぞれ独立した利害関心をもっており、その間でやりとりが生じる、という人間観とは対照的である。自らの選択とその結果を被りやすい、傷つきやすい(vulnerable)人たちは、その人が選択によりどれほど影響を受けるかに応じて、特別に考慮されるべきであること。実際に関係する人たちの利害関心を無視せず考慮するために、細かな状況とその文脈に注意を払うことが必要であること。↑ ↑
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
n6:704058 n13:html n17:htm n18:html n23:2 n30:html
dbpedia-owl:wikiPageID
3254824
dbpedia-owl:wikiPageLength
9670
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
7
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
58063301
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
category-ja:フェミニズム category-ja:応用倫理学 category-ja:倫理学の概念 dbpedia-ja:In_a_Different_Voice n19:_Francis dbpedia-ja:キャロル・ギリガン dbpedia-ja:倫理学
dcterms:subject
category-ja:倫理学の概念 category-ja:フェミニズム category-ja:応用倫理学
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
template-ja:IEP template-ja:Citation template-ja:Cite_journal template-ja:Cite_book template-ja:仮リンク template-ja:Columns-list