This HTML5 document contains 97 embedded RDF statements represented using HTML+Microdata notation.

The embedded RDF content will be recognized by any processor of HTML5 Microdata.

PrefixNamespace IRI
n23http://da.dbpedia.org/resource/
n39http://fr.dbpedia.org/resource/Créon_(Thèbes)
dbpedia-elhttp://el.dbpedia.org/resource/
n17http://fa.dbpedia.org/resource/کرئون_(پادشاه_تب)
n40http://sv.dbpedia.org/resource/
dbpediahttp://dbpedia.org/resource/
n42http://eo.dbpedia.org/resource/Kreono_(Tebo)
n48http://sh.dbpedia.org/resource/
n4http://hr.dbpedia.org/resource/
wiki-jahttp://ja.wikipedia.org/wiki/
n41http://ja.dbpedia.org/resource/アンティゴネ_(ソポクレス)
n20http://et.dbpedia.org/resource/
category-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Category:
dctermshttp://purl.org/dc/terms/
rdfshttp://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
dbpedia-cshttp://cs.dbpedia.org/resource/
n27http://pl.dbpedia.org/resource/Kreon_(syn_Menojkeusa)
rdfhttp://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
n46http://ja.dbpedia.org/resource/ヘラクレス_(エウリピデス)
n5http://sk.dbpedia.org/resource/Kreón_(Téby)
n24http://nl.dbpedia.org/resource/Creon_(van_Thebe)
xsdhhttp://www.w3.org/2001/XMLSchema#
n26http://uk.dbpedia.org/resource/
n32http://id.dbpedia.org/resource/
n33http://la.dbpedia.org/resource/
dbpedia-owlhttp://dbpedia.org/ontology/
n22http://ja.dbpedia.org/resource/ヘラクレス_(1997年の映画)
n6http://ca.dbpedia.org/resource/Creont_(fill_de_Meneci)
dbpedia-pthttp://pt.dbpedia.org/resource/
n34http://wikidata.dbpedia.org/resource/
n37http://sq.dbpedia.org/resource/
dbpedia-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/
n28http://de.dbpedia.org/resource/Kreon_(König_von_Theben)
n30http://ro.dbpedia.org/resource/
n44http://bg.dbpedia.org/resource/Креон_(цар_на_Тива)
n25http://www.wikidata.org/entity/
template-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Template:
dbpedia-ithttp://it.dbpedia.org/resource/
prop-jahttp://ja.dbpedia.org/property/
n29http://ru.dbpedia.org/resource/Креонт_(царь_Фив)
provhttp://www.w3.org/ns/prov#
foafhttp://xmlns.com/foaf/0.1/
n35http://zh.dbpedia.org/resource/
n13http://ja.wikipedia.org/wiki/クレオーン?oldid=
n43http://be.dbpedia.org/resource/Крэонт,
n16http://sr.dbpedia.org/resource/Креонт_(Менекејев_син)
dbpedia-eshttp://es.dbpedia.org/resource/
owlhttp://www.w3.org/2002/07/owl#
n8http://ka.dbpedia.org/resource/
Subject Item
wiki-ja:クレオーン
foaf:primaryTopic
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:メーデイア
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:アルクマイオーン
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:アドラーストス
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:テーバイ攻めの七将
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:ポリュネイケース
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:アースライト_ルナ・ストライク
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:ペリメーデー
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:クレオン
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:クレウーサ
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:ラーオダマース
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:イオラーオス
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:イーピクレース
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:ラーイオス
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:ヘレイオス
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:リュコス
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:アムピトリュオーン
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:リキュムニオス
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:ペレース
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
n41:
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:ギリシャ神話の英雄の系図
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
n46:
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:メガラー
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:オイディプース
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:クレオーン
rdfs:label
クレオーン
rdfs:comment
クレオーン(ギリシア語:Κρέων、ラテン文字表記:Kreon)は、ギリシア神話における人物である。長母音を省略してクレオンとも表記される。メノイケウスの息子で、テーバイ王妃イオカステーの実弟であり、後のテーバイ王。カドモスの娘アガウエーとスパルトイのエキーオーンの間に生まれたペンテウス王の家系に属する。妻エウリュディケーとの間にハイモーンとメノイケウス(父と同名)の2子をもうけた。ヘーラクレースの妻の一人であるメガラーも彼らの娘とされる場合がある。当初、クレオーンは、姉イオカステーの嫁いだテーバイ王ラーイオスに仕えるが、ラーイオスは何者かに殺害されてしまう(犯人はオイディプース)。ラーイオスには後継者がいなかった為、王妃イオカステーが国主となり、クレオーンはその摂政として国政を担当した。その後、オイディプースがイオカステーを母とは知らずに結婚し、テーバイ王として即位すると、そのまま宰相としてオイディプースの治世を支えた。テーバイにおける災厄の原因追求を巡って、オイディプース王はクレオーンの野心を疑うようになり、両者は次第に対立を深めていく。そして、オイディプースによる前王ラーイオス殺害と母イオカステーとの婚姻問題が露見すると、クレオーンは反オイディプース勢力としての旗幟を鮮明にし、オイディプースを追放、王位に付いた。後にオイディプースとイオカステーの子ポリュネイケースとエテオクレースの兄弟に王権を譲るが、この兄弟間の争いでは、エテオクレース側として暗躍した。しかしその結果、クレオーンにより投獄されたアンティゴネー(オイディプースの娘、クレオーンの姪)が自殺、それを悲しんだ息子ハイモーン(アンティゴネーの婚約者だった)も後を追い、さらに我が子の死に絶望した妻までも自害して、権力の維持と引き換えに孤独な晩年を送った。ギリシア神話にはクレオーンという名前の人物が上記の他にも数人登場する。これは元々クレオーンの名が単に「君主」を意味し、系図の間を埋めるために後から挿入された人物が多数存在するためである。
owl:sameAs
n4:Kreont n5: n6: n8:კრეონტი dbpedia-it:Creonte n16: n17: n20:Kreon dbpedia-el:Κρέοντας n23:Kreon n24: n25:Q732066 n26:Креонт n27: n28: n29: n30:Creon dbpedia:Creon n32:Kreon n33:Creon n34:Q732066 n35:克瑞翁 dbpedia-cs:Kreón n37:Kreonti dbpedia-es:Creonte n39: n40:Kreon n42: n43:_цар_Фіваў n44: dbpedia-pt:Creonte n48:Kreont
foaf:isPrimaryTopicOf
wiki-ja:クレオーン
prov:wasDerivedFrom
n13:50650289
dbpedia-owl:abstract
クレオーン(ギリシア語:Κρέων、ラテン文字表記:Kreon)は、ギリシア神話における人物である。長母音を省略してクレオンとも表記される。メノイケウスの息子で、テーバイ王妃イオカステーの実弟であり、後のテーバイ王。カドモスの娘アガウエーとスパルトイのエキーオーンの間に生まれたペンテウス王の家系に属する。妻エウリュディケーとの間にハイモーンとメノイケウス(父と同名)の2子をもうけた。ヘーラクレースの妻の一人であるメガラーも彼らの娘とされる場合がある。当初、クレオーンは、姉イオカステーの嫁いだテーバイ王ラーイオスに仕えるが、ラーイオスは何者かに殺害されてしまう(犯人はオイディプース)。ラーイオスには後継者がいなかった為、王妃イオカステーが国主となり、クレオーンはその摂政として国政を担当した。その後、オイディプースがイオカステーを母とは知らずに結婚し、テーバイ王として即位すると、そのまま宰相としてオイディプースの治世を支えた。テーバイにおける災厄の原因追求を巡って、オイディプース王はクレオーンの野心を疑うようになり、両者は次第に対立を深めていく。そして、オイディプースによる前王ラーイオス殺害と母イオカステーとの婚姻問題が露見すると、クレオーンは反オイディプース勢力としての旗幟を鮮明にし、オイディプースを追放、王位に付いた。後にオイディプースとイオカステーの子ポリュネイケースとエテオクレースの兄弟に王権を譲るが、この兄弟間の争いでは、エテオクレース側として暗躍した。しかしその結果、クレオーンにより投獄されたアンティゴネー(オイディプースの娘、クレオーンの姪)が自殺、それを悲しんだ息子ハイモーン(アンティゴネーの婚約者だった)も後を追い、さらに我が子の死に絶望した妻までも自害して、権力の維持と引き換えに孤独な晩年を送った。ギリシア神話にはクレオーンという名前の人物が上記の他にも数人登場する。これは元々クレオーンの名が単に「君主」を意味し、系図の間を埋めるために後から挿入された人物が多数存在するためである。
dbpedia-owl:wikiPageID
22507
dbpedia-owl:wikiPageLength
1016
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
23
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
50650289
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:ヘーラクレース dbpedia-ja:イオカステー dbpedia-ja:ハイモーン dbpedia-ja:ギリシア神話 dbpedia-ja:摂政 dbpedia-ja:テーバイ dbpedia-ja:ペンテウス dbpedia-ja:ギリシア語 category-ja:ギリシア神話の人物 dbpedia-ja:ラーイオス dbpedia-ja:カドモス dbpedia-ja:スパルトイ dbpedia-ja:ポリュネイケース dbpedia-ja:エキーオーン dbpedia-ja:アガウエー dbpedia-ja:宰相 dbpedia-ja:ラテン文字 dbpedia-ja:エテオクレース dbpedia-ja:メノイケウス dbpedia-ja:長母音 dbpedia-ja:アンティゴネー dbpedia-ja:オイディプース dbpedia-ja:メガラー
dcterms:subject
category-ja:ギリシア神話の人物
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
template-ja:カドモスの系図
Subject Item
dbpedia-ja:ヘーラクレース
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:オイディプス王
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:イアーソーン
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:テイレシアース
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:アンティゴネー
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
n22:
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン
Subject Item
dbpedia-ja:テウメーッソスの狐
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:クレオーン