This HTML5 document contains 56 embedded RDF statements represented using HTML+Microdata notation.

The embedded RDF content will be recognized by any processor of HTML5 Microdata.

PrefixNamespace IRI
dbpedia-dehttp://de.dbpedia.org/resource/
dctermshttp://purl.org/dc/terms/
n19http://ja.wikipedia.org/wiki/エウダモス?oldid=
template-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Template:
n4http://ja.dbpedia.org/resource/エウダモス_(医者)
dbpedia-owlhttp://dbpedia.org/ontology/
foafhttp://xmlns.com/foaf/0.1/
n23http://quod.lib.umich.edu/cgi/t/text/pageviewer-idx?c=moa;cc=moa;idno=acl3129.0002.001;q1=Euda;size=l;frm=frameset;seq=
n21http://wikidata.dbpedia.org/resource/
n15http://it.dbpedia.org/resource/Eudemo_(disambigua)
dbpedia-ruhttp://ru.dbpedia.org/resource/
rdfshttp://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
rdfhttp://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
category-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Category:
owlhttp://www.w3.org/2002/07/owl#
wiki-jahttp://ja.wikipedia.org/wiki/
n5http://ja.dbpedia.org/resource/エウリュメドン川の戦い_(紀元前190年)
provhttp://www.w3.org/ns/prov#
xsdhhttp://www.w3.org/2001/XMLSchema#
dbpedia-nlhttp://nl.dbpedia.org/resource/
n22http://www.wikidata.org/entity/
dbpediahttp://dbpedia.org/resource/
n16http://ja.dbpedia.org/resource/エウダモス_(太守)
dbpedia-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/
prop-jahttp://ja.dbpedia.org/property/
Subject Item
n5:
dbpedia-owl:opponents
dbpedia-ja:エウダモス
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:エウダモス
prop-ja:commander
dbpedia-ja:エウダモス
Subject Item
dbpedia-ja:エウダモス
rdfs:label
エウダモス
rdfs:comment
エウダモス(エウデモスとも、希:Εὔδαμος / Eύδημoς, ラテン文字転記:Eudamos / Eudemos)は、ギリシア人に見られる男性名である。エウダモス (太守) - アレクサンドロス3世(大王)に仕えた将軍で、その死後のインド太守。ディアドコイの一人ペイトンの弟で、兄によってパルティア太守に据えられた。ペロポネソス戦争の前頃のナクソスないしパロス生まれの歴史家。アイリアノスによって引用された博物学者。アレクサンドリアのクレメンス、ディオゲネス・ラエルティオス、プロクロスによって言及された天文学史家・地理学者。4世紀の修辞学者でパリ、ウィーン、その他に写本が現存する辞書peri Lhexeon Retorikhonの著者。アリストテレスが彼の失われた対話篇『エウデモス、あるいは魂について』を捧げた人物。ロドスのエウデモス - 古代ギリシアの哲学者。エウダモス (医者) - 古代ギリシアの医者。
owl:sameAs
dbpedia:Eudemus dbpedia-ru:Евдем dbpedia-de:Eudemos n15: dbpedia-nl:Eudemus n21:Q357290 n22:Q357290
foaf:isPrimaryTopicOf
wiki-ja:エウダモス
prov:wasDerivedFrom
n19:47303728
dbpedia-owl:abstract
エウダモス(エウデモスとも、希:Εὔδαμος / Eύδημoς, ラテン文字転記:Eudamos / Eudemos)は、ギリシア人に見られる男性名である。エウダモス (太守) - アレクサンドロス3世(大王)に仕えた将軍で、その死後のインド太守。ディアドコイの一人ペイトンの弟で、兄によってパルティア太守に据えられた。ペロポネソス戦争の前頃のナクソスないしパロス生まれの歴史家。アイリアノスによって引用された博物学者。アレクサンドリアのクレメンス、ディオゲネス・ラエルティオス、プロクロスによって言及された天文学史家・地理学者。4世紀の修辞学者でパリ、ウィーン、その他に写本が現存する辞書peri Lhexeon Retorikhonの著者。アリストテレスが彼の失われた対話篇『エウデモス、あるいは魂について』を捧げた人物。ロドスのエウデモス - 古代ギリシアの哲学者。エウダモス (医者) - 古代ギリシアの医者。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
n23:86
dbpedia-owl:wikiPageID
1724662
dbpedia-owl:wikiPageLength
838
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
33
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
47303728
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:パリ dbpedia-ja:インド n4: dbpedia-ja:辞書 dbpedia-ja:歴史家 dbpedia-ja:ペロポネソス戦争 dbpedia-ja:プロクロス category-ja:ギリシャ語の男性名 dbpedia-ja:アレクサンドロス3世 dbpedia-ja:ディオゲネス・ラエルティオス dbpedia-ja:天文学史 dbpedia-ja:ウィーン dbpedia-ja:ディアドコイ dbpedia-ja:医者 dbpedia-ja:哲学者 dbpedia-ja:博物学 dbpedia-ja:パロス dbpedia-ja:パルティア dbpedia-ja:修辞学 dbpedia-ja:古代ギリシア n16: dbpedia-ja:ペイトン dbpedia-ja:対話篇 dbpedia-ja:地理学 dbpedia-ja:サトラップ dbpedia-ja:アリストテレス dbpedia-ja:ナクソス dbpedia-ja:ロドスのエウデモス dbpedia-ja:4世紀 dbpedia-ja:ギリシア語 dbpedia-ja:アレクサンドリアのクレメンス dbpedia-ja:アイリアノス dbpedia-ja:ギリシア人
dcterms:subject
category-ja:ギリシャ語の男性名
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
template-ja:人名の曖昧さ回避
Subject Item
wiki-ja:エウダモス
foaf:primaryTopic
dbpedia-ja:エウダモス