This HTML5 document contains 237 embedded RDF statements represented using HTML+Microdata notation.

The embedded RDF content will be recognized by any processor of HTML5 Microdata.

PrefixNamespace IRI
n49http://books.google.com/books?id=
n63https://archive.org/search.php?query=mediatype%3A(texts)%20-contributor%3Agutenberg%20AND%20(subject%3A%22Bradley%2C%20William%20O'Connell%2C%201847-1914%22%20OR%20creator%3A%22Bradley%2C%20William%20O'Connell%2C%201847-1914%22%20OR%20creator%3AWilliam%20O'Connell%20Bradley)
n26http://www.kyenc.org/entry/b/BRADL01.
n6http://ja.dbpedia.org/resource/ファイル:Governor_Simon_B_Buckner.
n16http://ja.dbpedia.org/resource/ファイル:Joseph_Clay_Stiles_Blackburn_-_Brady-Handy.
n35http://ja.dbpedia.org/resource/レキシントン_(ケンタッキー州)
wiki-jahttp://ja.wikipedia.org/wiki/
n59http://bioguide.congress.gov/scripts/biodisplay.pl?index=
n33http://commons.wikimedia.org/wiki/Special:FilePath/William-O.-Bradley.jpg?width=
category-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Category:
n61http://ja.dbpedia.org/resource/人民党_(アメリカ)
n50http://www.lrc.ky.gov/legresou/constitu/153.
n29http://ja.dbpedia.org/resource/ゲアリド郡_(ケンタッキー州)
dctermshttp://purl.org/dc/terms/
rdfshttp://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
n32http://ja.dbpedia.org/resource/アシュランド_(ケンタッキー州)
n22http://ja.dbpedia.org/resource/ファイル:William_Sylvester_Taylor.
n65http://ja.dbpedia.org/resource/マシーン_(政治)
rdfhttp://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
n38http://ja.dbpedia.org/resource/パデューカ_(ケンタッキー州)
n28http://ja.dbpedia.org/resource/共和党_(アメリカ)
xsdhhttp://www.w3.org/2001/XMLSchema#
n57http://ja.dbpedia.org/resource/スプリングフィールド_(オハイオ州)
n43http://la.dbpedia.org/resource/
n46http://ja.dbpedia.org/resource/ボーリンググリーン_(ケンタッキー州)
n58http://ja.dbpedia.org/resource/ファイル:Old_Kentucky_Governor's_Mansion.
dbpedia-owlhttp://dbpedia.org/ontology/
n60http://ja.dbpedia.org/resource/デイビース郡_(ケンタッキー州)
n47http://wikidata.dbpedia.org/resource/
n44http://kdl.kyvl.org/cgi/t/text/text-idx?c=kyetexts;cc=kyetexts;sid=7c3b4143decaf4c8af264312f1bb5cd1;idno=b92-77-27211894;view=
dbpedia-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/
n42http://ja.dbpedia.org/resource/Garrard_County,
n45http://sv.dbpedia.org/resource/William_O'
n34http://ja.dbpedia.org/resource/ホプキンスビル_(ケンタッキー州)
n56http://ja.dbpedia.org/resource/ファイル:Parker-Watkins-Hardin.
n39http://dbpedia.org/resource/William_O'
n21http://ja.dbpedia.org/resource/ワシントンD.C.
dbpedia-dehttp://de.dbpedia.org/resource/
n31http://ja.wikipedia.org/wiki/ウィリアム・O・ブラッドリー?oldid=
n19http://ja.dbpedia.org/resource/ファイル:WilliamO'ConnellBradley.
n48http://ja.dbpedia.org/resource/民主党_(アメリカ)
n5http://ja.dbpedia.org/resource/ウッドフォード郡_(ケンタッキー州)
n8http://commons.dbpedia.org/resource/William_O'
n17http://ja.dbpedia.org/resource/シンプソン郡_(ケンタッキー州)
n18http://www.wikidata.org/entity/
n53http://hu.dbpedia.org/resource/William_O.
n64http://ja.dbpedia.org/resource/ケンタッキー_(BB-6)
template-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Template:
n15http://www.rootsweb.com/~kygenweb/kybiog/garrard/bradley.wo.
n14http://fr.dbpedia.org/resource/William_O'
n9http://www.nga.org/cms/home/governors/past-governors-bios/page_kentucky/col2-content/main-content-list/title_bradley_william.
prop-jahttp://ja.dbpedia.org/property/
n20http://www.kyenc.org/entry/g/GOEBE03.
provhttp://www.w3.org/ns/prov#
n40http://fa.dbpedia.org/resource/ویلیام_او.
foafhttp://xmlns.com/foaf/0.1/
n55http://ja.dbpedia.org/resource/フランクフォート_(ケンタッキー州)
n25http://www.kyenc.org/entry/g/GOEBE02.
n37http://zh.dbpedia.org/resource/
n62http://ja.dbpedia.org/property/jr/
n36http://ja.dbpedia.org/resource/コビントン_(ケンタッキー州)
n66http://ja.dbpedia.org/resource/ホプキンス郡_(ケンタッキー州)
n52http://kdl.kyvl.org/cgi/t/text/text-idx?c=kyetexts;cc=kyetexts;sid=f828de85cd8570405440a2fc63788677;idno=b92-152-29699145;view=
n10http://books.google.com/?id=
n41http://pt.dbpedia.org/resource/William_O'
n54http://commons.wikimedia.org/wiki/Special:FilePath/William-O.-Bradley.
owlhttp://www.w3.org/2002/07/owl#
Subject Item
n64:
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:ウィリアム・O・ブラッドリー
Subject Item
dbpedia-ja:1888年アメリカ合衆国大統領選挙
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:ウィリアム・O・ブラッドリー
Subject Item
dbpedia-ja:ケンタッキー州選出のアメリカ合衆国上院議員
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:ウィリアム・O・ブラッドリー
Subject Item
dbpedia-ja:ケンタッキー州知事の一覧
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:ウィリアム・O・ブラッドリー
Subject Item
dbpedia-ja:1899年ケンタッキー州知事選挙
prop-ja:beforeElection
dbpedia-ja:ウィリアム・O・ブラッドリー
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:ウィリアム・O・ブラッドリー
Subject Item
dbpedia-ja:J・C・W・ベッカム
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:ウィリアム・O・ブラッドリー
Subject Item
dbpedia-ja:ウィリアム・O・ブラッドリー
rdf:type
owl:Thing
rdfs:label
ウィリアム・O・ブラッドリー
rdfs:comment
ウィリアム・オコーネル・ブラッドリー(英: William O'Connell Bradley、1847年3月18日 - 1914年5月23日)は、19世紀後半のアメリカ合衆国の政治家、弁護士であり、1895年から1899年まで第32代ケンタッキー州知事を務めた。その後ケンタッキー州議会からアメリカ合衆国上院議員に選ばれた。ケンタッキー州では初めて共和党からの知事であり、ケンタッキー州共和党の父と呼ばれるようになった。民主党の強いケンタッキー州にあって、共和党員としてのその政歴初期ではあまり功績を挙げられなかった。アメリカ合衆国下院議員と上院議員の選挙に2度ずつ出馬して悉く落選した。1880年共和党全国大会でユリシーズ・グラントを大統領候補に推す演説で全国的に注目された後、1887年の州知事選挙で共和党公認候補になった。このときは民主党のサイモン・B・バックナーに敗れたが、それまでの民主党圧倒的有利の形勢を一変させた。1895年に再度州知事候補となった。民主党が自由銀の問題で分裂したことに乗じ、民主党候補のパーカー・ワトキンス・ハーディンを破って当選した。その任期は政治的闘争と暴力沙汰で彩られた。州内で黒人の地位向上を訴え、かなりの前進を果たしたが、州議会で民主党が多数派だったために、その改革の多くを法制化するには至らなかった。論議の多かった次の1899年州知事選挙で、ブラッドリーの後継者ウィリアム・S・テイラーが当選した。民主党候補だったウィリアム・ゴーベルとその副知事候補J・C・W・ベッカムが選挙の結果に異議申し立てを行い、ブラッドリーは共和党のために弁護師団の一部を結成した。その裁判はアメリカ合衆国最高裁判所まで持ち込まれ、最後は民主党有利の判決になった。1907年、ブラッドリーは議会で少数党の共和党員ではあったが、アメリカ合衆国上院議員に選ばれた。このときも民主党内の分裂が奏功した。ブラッドリーは禁酒法に反対しており、そのことは民主党候補のベッカムよりも民主党に対する受けが良かった。ベッカムは妥協の候補者に折れることを拒み、上院議員選びの投票が2か月続けられた後、4人の民主党議員が党派を超えてブラッドリーに投票し、上院議員に選んだ。ブラッドリーの上院議員任期はあまり傑出した働きが見られなかった。次の上院議員選挙で再選を求めないと宣言したその日に、路面電車の事故に巻き込まれた。ブラッドリーは現職のままの1914年5月23日、事故の傷がもとで死んだ。
owl:sameAs
n8:Connell_Bradley n14:Connell_Bradley n18:Q880992 n37:威廉·奥康奈尔·布拉德利 n39:Connell_Bradley n40:_بردلی n41:Connell_Bradley n43:Gulielmus_Bradley n45:Connell_Bradley n47:Q880992 dbpedia-de:William_O’Connell_Bradley n53:_Bradley
foaf:isPrimaryTopicOf
wiki-ja:ウィリアム・O・ブラッドリー
n62:sr
アメリカ合衆国上院議員
prov:wasDerivedFrom
n31:53239419
dbpedia-owl:abstract
ウィリアム・オコーネル・ブラッドリー(英: William O'Connell Bradley、1847年3月18日 - 1914年5月23日)は、19世紀後半のアメリカ合衆国の政治家、弁護士であり、1895年から1899年まで第32代ケンタッキー州知事を務めた。その後ケンタッキー州議会からアメリカ合衆国上院議員に選ばれた。ケンタッキー州では初めて共和党からの知事であり、ケンタッキー州共和党の父と呼ばれるようになった。民主党の強いケンタッキー州にあって、共和党員としてのその政歴初期ではあまり功績を挙げられなかった。アメリカ合衆国下院議員と上院議員の選挙に2度ずつ出馬して悉く落選した。1880年共和党全国大会でユリシーズ・グラントを大統領候補に推す演説で全国的に注目された後、1887年の州知事選挙で共和党公認候補になった。このときは民主党のサイモン・B・バックナーに敗れたが、それまでの民主党圧倒的有利の形勢を一変させた。1895年に再度州知事候補となった。民主党が自由銀の問題で分裂したことに乗じ、民主党候補のパーカー・ワトキンス・ハーディンを破って当選した。その任期は政治的闘争と暴力沙汰で彩られた。州内で黒人の地位向上を訴え、かなりの前進を果たしたが、州議会で民主党が多数派だったために、その改革の多くを法制化するには至らなかった。論議の多かった次の1899年州知事選挙で、ブラッドリーの後継者ウィリアム・S・テイラーが当選した。民主党候補だったウィリアム・ゴーベルとその副知事候補J・C・W・ベッカムが選挙の結果に異議申し立てを行い、ブラッドリーは共和党のために弁護師団の一部を結成した。その裁判はアメリカ合衆国最高裁判所まで持ち込まれ、最後は民主党有利の判決になった。1907年、ブラッドリーは議会で少数党の共和党員ではあったが、アメリカ合衆国上院議員に選ばれた。このときも民主党内の分裂が奏功した。ブラッドリーは禁酒法に反対しており、そのことは民主党候補のベッカムよりも民主党に対する受けが良かった。ベッカムは妥協の候補者に折れることを拒み、上院議員選びの投票が2か月続けられた後、4人の民主党議員が党派を超えてブラッドリーに投票し、上院議員に選んだ。ブラッドリーの上院議員任期はあまり傑出した働きが見られなかった。次の上院議員選挙で再選を求めないと宣言したその日に、路面電車の事故に巻き込まれた。ブラッドリーは現職のままの1914年5月23日、事故の傷がもとで死んだ。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-ja:ジョン・Y・ブラウン dbpedia-ja:ジェイムズ・マクリアリー
dbpedia-owl:successor
dbpedia-ja:ウィリアム・S・テイラー dbpedia-ja:ジョンソン・N・カムデン・ジュニア
dbpedia-owl:thumbnail
n33:300
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
n9:html n10:sOObecifof8C n15:txt n20:html n25:html n26:html n10:-6fJntaC3EwC n44:toc n49:hS4zAAAAIAAJ n50:htm n52:toc n10:FXQUAAAAYAAJ n10:Kuh-_GWbVYMC n59:B000749 n63: n10:IOQDAAAAYAAJ n10:n7JIP_B_vQMC n10:o58mJavC4msC
dbpedia-owl:wikiPageID
2992929
dbpedia-owl:wikiPageLength
34515
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
124
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
53239419
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:オーガスタス・ウィルソン dbpedia-ja:バプテスト n5: n6:jpg dbpedia-ja:ルイビル dbpedia-ja:ジョン・カーライル dbpedia-ja:南軍 dbpedia-ja:ケンタッキー州知事 dbpedia-ja:アメリカ合衆国 dbpedia-ja:United_States_Senate dbpedia-ja:プロクター・ノット dbpedia-ja:帰化 n16:jpg dbpedia-ja:イリノイ州 n17: dbpedia-ja:ケンタッキー大学 dbpedia-ja:ジョン・Y・ブラウン dbpedia-ja:正当防衛 dbpedia-ja:戒厳令 n19:jpg dbpedia-ja:弁護士 dbpedia-ja:ジョンソン・N・カムデン・ジュニア n21: n22:jpg n28: dbpedia-ja:過失致死傷罪 dbpedia-ja:インディアナ州 n29: dbpedia-ja:ケンタッキー州 dbpedia-ja:ケンタッキー州選出アメリカ合衆国上院議員 dbpedia-ja:アメリカ合衆国下院 n32: dbpedia-ja:アメリカ合衆国上院 dbpedia-ja:ジェイムズ・マクリアリー category-ja:アメリカ合衆国の弁護士 n34: dbpedia-ja:チェスター・A・アーサー dbpedia-ja:ユリシーズ・グラント dbpedia-ja:ベンジャミン・ハリソン dbpedia-ja:長老派教会 n35: dbpedia-ja:チャールズ・W・フェアバンクス dbpedia-ja:サイモン・B・バックナー n36: dbpedia-ja:ウィリアム・ゴーベル dbpedia-ja:米西戦争 n38: dbpedia-ja:共和党全国委員会 dbpedia-ja:1880年共和党全国大会 dbpedia-ja:1893年恐慌 dbpedia-ja:ウィリアム・S・テイラー dbpedia-ja:尿毒症 dbpedia-ja:ウィリアム・マッキンリー dbpedia-ja:ウィリアム・ジェニングス・ブライアン dbpedia-ja:シカゴ dbpedia-ja:恩赦 dbpedia-ja:アメリカ陸軍 dbpedia-ja:イギリス dbpedia-ja:ウィリアム・タフト dbpedia-ja:Governor_of_Kentucky dbpedia-ja:1908年アメリカ合衆国大統領選挙 dbpedia-ja:1896年アメリカ合衆国大統領選挙 dbpedia-ja:セオドア・ルーズベルト dbpedia-ja:アメリカ合衆国財務長官 n46: dbpedia-ja:南北戦争 dbpedia-ja:アメリカ合衆国司法長官 dbpedia-ja:J・C・W・ベッカム n48: dbpedia-ja:オハイオ州 n42:_Kentucky dbpedia-ja:1899年ケンタッキー州知事選挙 dbpedia-ja:グロバー・クリーブランド dbpedia-ja:ケンタッキー州知事の一覧 dbpedia-ja:懲役 dbpedia-ja:アメリカ合衆国における禁酒法 dbpedia-ja:エドウィン・P・モロー dbpedia-ja:アメリカ合衆国憲法修正第14条 dbpedia-ja:銃剣 dbpedia-ja:不正選挙 n55: dbpedia-ja:Kentucky category-ja:ケンタッキー州知事 n56:jpg category-ja:1914年没 n57: dbpedia-ja:重罪 dbpedia-ja:アメリカ合衆国最高裁判所 n58:jpg category-ja:1847年生 dbpedia-ja:北軍 dbpedia-ja:金本位制 n60: dbpedia-ja:リーヴァイ・モートン n61: category-ja:ケンタッキー州選出のアメリカ合衆国上院議員 dbpedia-ja:デュー・プロセス・オブ・ロー dbpedia-ja:政治家 dbpedia-ja:ペンシルベニア州 n65: dbpedia-ja:ウィリアム・ウォージントン n66:
dcterms:subject
category-ja:アメリカ合衆国の弁護士 category-ja:ケンタッキー州選出のアメリカ合衆国上院議員 category-ja:ケンタッキー州知事 category-ja:1847年生 category-ja:1914年没
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
template-ja:S-off template-ja:S-par template-ja:Reflist template-ja:Commons_category template-ja:Persondata template-ja:OCLC template-ja:Succession_box template-ja:S-start template-ja:Lang-en-short template-ja:ケンタッキー州 template-ja:Death_date_and_age template-ja:Infobox_Officeholder template-ja:Cite_web template-ja:Cite_journal template-ja:Cite_news template-ja:S-end template-ja:Cite_book
prop-ja:after
dbpedia-ja:ジョンソン・N・カムデン・ジュニア dbpedia-ja:ウィリアム・S・テイラー
prop-ja:alt
A heavy-set, balding man in his fifties wearing a black coat and tie and a white shirt, facing left
prop-ja:before
dbpedia-ja:ジョン・Y・ブラウン dbpedia-ja:ジェイムズ・マクリアリー
prop-ja:birthDate
--03-18
prop-ja:birthPlace
ケンタッキー州ゲアリド郡
prop-ja:dateOfBirth
March 18, 1847
prop-ja:dateOfDeath
May 23, 1914
prop-ja:deathDate
1914-05-23
prop-ja:deathPlace
n21:
prop-ja:name
William O'Connell Bradley ウィリアム・オコーネル・ブラッドリー Bradley, William O'Connell
prop-ja:office
ケンタッキー州知事
prop-ja:party
n28:
prop-ja:placeOfBirth
n42:_Kentucky
prop-ja:placeOfDeath
Washington, D. C.
prop-ja:predecessor
dbpedia-ja:ジョン・Y・ブラウン dbpedia-ja:ジェイムズ・マクリアリー
prop-ja:relations
トマス・Z・モローの義兄弟 dbpedia-ja:エドウィン・P・モロー
prop-ja:religion
dbpedia-ja:長老派教会 dbpedia-ja:バプテスト
prop-ja:shortDescription
Governor of Kentucky, Senator from Kentucky
prop-ja:signature
William O. Bradley Signature.svg
prop-ja:spouse
マーガレット・ロビンソン・ダンカン
prop-ja:state
dbpedia-ja:ケンタッキー州
prop-ja:successor
dbpedia-ja:ジョンソン・N・カムデン・ジュニア dbpedia-ja:ウィリアム・S・テイラー
prop-ja:title
dbpedia-ja:ケンタッキー州選出アメリカ合衆国上院議員 dbpedia-ja:ケンタッキー州知事
prop-ja:years
1895 1909
foaf:depiction
n54:jpg
prop-ja:lieutenant
dbpedia-ja:ウィリアム・ウォージントン
prop-ja:battles
dbpedia-ja:南北戦争
prop-ja:branch
dbpedia-ja:北軍
prop-ja:order
第32代
prop-ja:profession
弁護士
prop-ja:signatureAlt
W. O. Bradley
prop-ja:termEnd
--05-23 --12-12
prop-ja:termStart
--12-10 --03-04
Subject Item
dbpedia-ja:ウィリアム・S・テイラー
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-ja:ウィリアム・O・ブラッドリー
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:ウィリアム・O・ブラッドリー
prop-ja:before
dbpedia-ja:ウィリアム・O・ブラッドリー
prop-ja:predecessor
dbpedia-ja:ウィリアム・O・ブラッドリー
Subject Item
dbpedia-ja:ウィリアム・ゴーベル
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:ウィリアム・O・ブラッドリー
Subject Item
dbpedia-ja:エドウィン・P・モロー
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:ウィリアム・O・ブラッドリー
prop-ja:relations
dbpedia-ja:ウィリアム・O・ブラッドリー
Subject Item
dbpedia-ja:オーガスタス・ウィルソン
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:ウィリアム・O・ブラッドリー
Subject Item
dbpedia-ja:ジェイムズ・マクリアリー
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:ウィリアム・O・ブラッドリー
prop-ja:successor
dbpedia-ja:ウィリアム・O・ブラッドリー
Subject Item
dbpedia-ja:ジョン・Y・ブラウン
dbpedia-owl:successor
dbpedia-ja:ウィリアム・O・ブラッドリー
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:ウィリアム・O・ブラッドリー
prop-ja:after
dbpedia-ja:ウィリアム・O・ブラッドリー
prop-ja:successor
dbpedia-ja:ウィリアム・O・ブラッドリー
Subject Item
wiki-ja:ウィリアム・O・ブラッドリー
foaf:primaryTopic
dbpedia-ja:ウィリアム・O・ブラッドリー