This HTML5 document contains 47 embedded RDF statements represented using HTML+Microdata notation.

The embedded RDF content will be recognized by any processor of HTML5 Microdata.

PrefixNamespace IRI
dctermshttp://purl.org/dc/terms/
template-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Template:
dbpedia-owlhttp://dbpedia.org/ontology/
foafhttp://xmlns.com/foaf/0.1/
n15http://wikidata.dbpedia.org/resource/
rdfshttp://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
rdfhttp://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
owlhttp://www.w3.org/2002/07/owl#
category-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Category:
n12http://ja.dbpedia.org/resource/Category:がん_(悪性腫瘍)
wiki-jahttp://ja.wikipedia.org/wiki/
n8http://ja.wikipedia.org/wiki/アスベスト関連肺がん?oldid=
provhttp://www.w3.org/ns/prov#
xsdhhttp://www.w3.org/2001/XMLSchema#
n16http://www.wikidata.org/entity/
dbpedia-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/
prop-jahttp://ja.dbpedia.org/property/
Subject Item
dbpedia-ja:アスベスト肺がん
dbpedia-owl:wikiPageRedirects
dbpedia-ja:アスベスト関連肺がん
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:アスベスト関連肺がん
Subject Item
dbpedia-ja:アスベスト肺ガン
dbpedia-owl:wikiPageRedirects
dbpedia-ja:アスベスト関連肺がん
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:アスベスト関連肺がん
Subject Item
dbpedia-ja:アスベスト肺癌
dbpedia-owl:wikiPageRedirects
dbpedia-ja:アスベスト関連肺がん
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:アスベスト関連肺がん
Subject Item
dbpedia-ja:アスベスト関連肺がん
rdfs:label
アスベスト関連肺がん
rdfs:comment
アスベスト関連肺がん(石綿関連肺がん)は、アスベストを吸入したことを原因として発生した肺がんである。日本では医学者の研究にもとづいて1970年に初めて発生していることが報道された。石綿を産出しない国の研究者たちによって、アスベスト関連疾患の診断基準やさまざまな疾病とアスベストのリスクに関して開催された1997年のヘルシンキ国際会議では中皮腫1人に対して、2人にアスベストが原因の肺がんが発生しているとした。同会議は2014年にも開催されたが、この点については変更がなされなかった。日本では、アスベスト関連肺がんの被害者の多くが労働者災害補償保険法や石綿による健康被害の救済に関する法律で救済されていない。多くの被害者が泣き寝入りを強いられている状況である。「肺がんに関しては検査を尽くさずに労基署の安易な不支給決定がまかり通っているのが現状だ。これまで不支給とされた事例の見直しとやり直しが必要だ」、「申請すればすぐに認定される典型的な被害がまだまだ放置されている」との声もある。また遺族からは、「補償や救済の制度はあるが、証拠をそろえる力がない被害者をすくい上げる仕組みになっていない。泣き寝入りする人が多いのではないか」との指摘もある。2014年現在でも被災者支援団体によって「肺がん・アスベスト(石綿)ホットライン」が開催されるなど、石綿が原因とされる被災者の救済状況の改善が課題となっている。現在のJATI協会(旧・日本石綿協会)は1971年に「石綿発ガン説が正しいならば、一八〇〇年代に英国に始まり、わが国においては僅かに遅れて明治中期に興った石綿工業は地球上から滅亡していることになる道理である」との主張をしていたが、あまりにもナンセンスなものであった。
owl:sameAs
n15:Q17191341 n16:Q17191341
foaf:isPrimaryTopicOf
wiki-ja:アスベスト関連肺がん
prov:wasDerivedFrom
n8:53285996
dbpedia-owl:abstract
アスベスト関連肺がん(石綿関連肺がん)は、アスベストを吸入したことを原因として発生した肺がんである。日本では医学者の研究にもとづいて1970年に初めて発生していることが報道された。石綿を産出しない国の研究者たちによって、アスベスト関連疾患の診断基準やさまざまな疾病とアスベストのリスクに関して開催された1997年のヘルシンキ国際会議では中皮腫1人に対して、2人にアスベストが原因の肺がんが発生しているとした。同会議は2014年にも開催されたが、この点については変更がなされなかった。日本では、アスベスト関連肺がんの被害者の多くが労働者災害補償保険法や石綿による健康被害の救済に関する法律で救済されていない。多くの被害者が泣き寝入りを強いられている状況である。「肺がんに関しては検査を尽くさずに労基署の安易な不支給決定がまかり通っているのが現状だ。これまで不支給とされた事例の見直しとやり直しが必要だ」、「申請すればすぐに認定される典型的な被害がまだまだ放置されている」との声もある。また遺族からは、「補償や救済の制度はあるが、証拠をそろえる力がない被害者をすくい上げる仕組みになっていない。泣き寝入りする人が多いのではないか」との指摘もある。2014年現在でも被災者支援団体によって「肺がん・アスベスト(石綿)ホットライン」が開催されるなど、石綿が原因とされる被災者の救済状況の改善が課題となっている。現在のJATI協会(旧・日本石綿協会)は1971年に「石綿発ガン説が正しいならば、一八〇〇年代に英国に始まり、わが国においては僅かに遅れて明治中期に興った石綿工業は地球上から滅亡していることになる道理である」との主張をしていたが、あまりにもナンセンスなものであった。
dbpedia-owl:wikiPageID
2954530
dbpedia-owl:wikiPageLength
9412
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
21
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
53285996
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
category-ja:石綿 dbpedia-ja:しばぞの診療所 category-ja:労働災害 dbpedia-ja:石綿ばく露作業による労災認定等事業場一覧表 dbpedia-ja:石綿健康被害救済対策室 dbpedia-ja:海老原勇 n12: dbpedia-ja:名取雄司 dbpedia-ja:労働者災害補償保険法 dbpedia-ja:石綿による健康被害の救済に関する法律 dbpedia-ja:中皮腫・じん肺・アスベストセンター dbpedia-ja:中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会 dbpedia-ja:川田龍平 dbpedia-ja:胸膜プラーク dbpedia-ja:泉陽子 dbpedia-ja:ひらの亀戸ひまわり診療所 dbpedia-ja:JATI協会
dcterms:subject
n12: category-ja:労働災害 category-ja:石綿
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
template-ja:複数の問題 template-ja:Reflist template-ja:脚注ヘルプ
prop-ja:大言壮語
2014-04-09
prop-ja:正確性
2014-04-07
prop-ja:独自研究
2014-04-07
prop-ja:精度
2014-04-09
prop-ja:観点
2014-04-07
Subject Item
dbpedia-ja:中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:アスベスト関連肺がん
Subject Item
wiki-ja:アスベスト関連肺がん
foaf:primaryTopic
dbpedia-ja:アスベスト関連肺がん